■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2018 安田記念予想:マイル路線組重視
春のマイル王決定戦安田記念。

去年まで活躍していたイスラボニータ、サトノアラジン、ロゴタイプが引退。
手薄になったマイル路線へ中距離路線からの刺客が送られてきた。
刺客といってもそんな軟な馬ではなく日本一かもしれない実力馬だが。

大阪杯を制したスワーヴリチャード、同2着ペルシアンナイト。
ドバイターフを制しているリアルスティール。
これらが中距離路線馬。

対するマイル路線組はマイラーズC勝ちサングレーザー。
ヴィクトリアマイル2着リスグラシュー。
NHKマイル勝ちアエロリット。

中距離路線のほうが圧倒的に格が高い。
名前負けしても仕方ない部分ではある。

しかし競馬には適性がありそこにつけ入るチャンスはある。

1人気のスワーヴリチャード。
能力はトップクラス。
適性は未知。
レースぶりを見てみるとスタートの出は良くない。
中距離のスローで前に行けるのが精いっぱい。
後方からのレースになるのは間違いないだろう。
そして同馬の上がり3Fはだいたい34秒前後。
マイルで速い上がりを使えるかは未知。
それで1人気なら軽視の一手だ。

ペルシアンナイトは大阪杯で2着。
皐月賞も2着。
マイルCS勝ちはあるが、あのレースも嵌った感は否めない。
適性的には中距離馬だろう。
レース内容はスワーヴリチャードとさほど変わらないと思われこちらも軽視。

リアルスティール。
こちらは2000よりは1800。
だがマイルに実績はない。
上の2頭を軽視したので思い切って中距離組は軽視したい。

本命はアエロリット。
この馬の買い要素は展開が向く。
逃げ馬がおらず先行馬も少ない。
内枠からスムーズに先手を取れる。
騎手の戸崎はダービーでの逃げでなにか殻を破れていれば嬉しい。

対抗はサングレーザー。
追込み馬だが上がりは持っており安定もしている。
中距離組よりはスムーズに流れに乗れるだろう。

本命対抗がダービー1,2着の騎手と安易な感もするがそれほど人気になっている気はしない。
先週の分をこの二人に返してもらう。

単穴はリスグラシュー。
連下にサトノアレス。
2頭ともマイル戦ならしっかりした脚を使える。

以上。

馬券は本命からの単勝、馬連、ワイド流し。
対抗からの立て目も抑えたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:10:56 | Trackback(0) | Comments(0)
2018 鳴尾記念予想:池江コース
古馬中距離重賞。

宝塚記念へのステップレースの意味合いはあるがここから勝負になるのは稀。
15年のラブリーデイくらい。
どちらかといえば秋への飛躍で賞金加算が目的か。

人気はトリオンフ、トリコロールブルー、マルターズアポジー。

このレースは今の施行条件になって6回行われているが内4回は池江厩舎が勝利している。
しかもすべて別の馬で。
今回行われる阪神2000は池江厩舎がもっとも勝利を挙げている得意コース。
最近では大阪杯で2着ペルシアンナイト、3着アルアインの複数馬券内に食い込ませた。
今回は2頭、ストロングタイタン、サトノノブレスを出走させる。
過去の傾向として高齢馬は走らないことからサトノは軽視。
本命はストロングタイタンとする。
同馬は戦績的に中山と小倉を苦手としており阪神内回り2000も適性的にはずれているかもしれない。
それでも前進はするはずだ。
池江厩舎の手腕に賭けたい。

相手は4歳トリオンフ。
能力はここでは抜けている。

馬券は本命対抗の馬連一点、俗にいうデムルメ馬券。

他に人気のトリコロールブルーは休み明け、相手強化、斤量増と条件が厳しい。
マルターズアポジーは飛ばして逃げるタイプだがこのコースには合わない。
溜め逃げだと持ち味がなくなるので条件的に厳しい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:41:37 | Trackback(0) | Comments(0)
2018 東京優駿(日本ダービー)予想:厩舎
競馬の祭典日本ダービー。

わたくし事ながら今年は現地観戦を予定しております。
どんなレースになるか今から楽しみです。
そして個人的に楽しみなのが自衛隊による「お昼の演奏会」
生演奏は迫力があり心に響きます。
皆さんもぜひ競馬場へ脚を運んでくださいな。

今年のダービーは思ったよりも混戦。
1,2人気が想定されるダノンプレミアム、ブラストワンピースは皐月賞未出走馬。
その皐月賞は中穴決着で荒れた。
素直に軸に添えづらく難しい。

人気はダノンプレミアム、ブラストワンピース、キタノコマンドール。

今回は厩舎に注目。

ダノンプレミアムを管理する中内田調教師。
1978年生まれの39歳。
勝利すれば最年少ダービートレーナーとなる。
凄いことではあるが、実績的にはまだ乏しくG1は同馬の朝日杯のみ。
皐月賞回避も調教過程でのものだとしたらプレッシャーのかかるダービーでしっかり仕上がるのは経験値的には難しい。
馬の能力と枠有利はあるが対抗の評価にしたい。

2人気ブラストワンピースを管理するのは大竹調教師。
こちらはキャリア11年目。
しかしまだG1勝ちがない。
ルージュバッグのオークス2着が最高。
ブラストワンピースは毎日杯からの直行いう変則ローテーションでダービーへ挑む。
この変則ローテーション、一度ルージュバッグがきさらぎ賞→桜花賞で出走し惨敗した。
苦い経験が活きるか否かだが、今回もうまく転がるとは思えない。
馬に絶対能力があれば分からないがそれも未知。
これで2人気なら軽視が良さげ。
最低限での抑え評価。

他の人気馬だと
キタノコマンドール:池江
ワグネリアン:友道
エポカドーロ:藤原
というようになっている。
どの調教師もダービートレーナで実績も十分で問題ない。
では馬に焦点を当てる。

まずはワグネリアン。
皐月賞1人気を裏切り7着に敗走した。
東スポ杯のインパクトは凄かったがここ2走は物足りない。
能力が足りない可能性がある。
抑え。

エポカドーロ。
皐月賞馬で能力はある。
しかし嵌った感は否めない。
皐月賞を先行し勝利した馬のダービーはほぼほぼいい結果が出ていない。
こちらも抑え。

キタノコマンドール。
皐月賞は1位タイの上がり3Fで5着。
すみれSからの参戦で王道とは異なるローテー。
プラス10キロと増えていた。
これをみるに一番上積みがあるのはこの馬。
素直に本命とする。

単穴はジェネラーレウーノ。
こちらも裏ローテーの京成杯から参戦で皐月は3着と好走した。
上積みが見込める。
レース内容もハイペースを追走する強い競馬。
展開一つで上位に食い込める。

連下はステルヴィオ。
距離実績のなさで嫌われそうな1頭。
しかし今のところの実績なら上位と遜色ない。
そしてこわいのはルメール。
東京2400のG1では現在17年オークスから4連続連対中。
乗り方ひとつで距離を克服できるなら上位も可能。

以上。

印は

◎キタノコマンドール
〇ダノンプレミアム
▲ジェネラーレウーノ
△ステルヴィオ
×ワグネリアン、エポカドーロ、ブラストワンピース

馬券は本命からの馬連と対抗との3複流し。
頭本命の3単も買いたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 23:04:18 | Trackback(0) | Comments(0)
2018 目黒記念予想:叩き2走目
伝統の中長距離重賞目黒記念。

ダービーデーの最終週に移って今年で13回目。
すっかり定着している。
ハンデ戦ということもあって馬券が難しく、ダービーからの返す刀が当たりずらい。

今年も混戦模様。

人気はチェスナットコート、パフォーマプロミス、他混戦。

過程は断然チェスナットコート。
条件戦突破後G2で2着。
前走は天春で掲示板にのった。
斤量は相手弱体化ながら58から56キロへ減る。
東京コースも問題ない。
気にかかるのは今年5戦目の押せ押せローテーと1人気のハーツクライ。
しかしそれも杞憂に終わりそうで印は落とせない。
対抗とする。

本命はゼーヴィント。
こちらは56から57.5へ斤量アップ。
そこは不利だが叩いた効果が見込める。
前走は休み明けでプラス10キロ。
レースは若干持っていかれ気味だった。
それでも0.4秒差。
十分走っている。
距離も前走位走れば問題ない。
内枠も有利。
狙いたい。

対抗はチェスナットコート。

単穴はホウオウドリーム。
能力はここにはいっても遜色ない逸材。
特に末脚は強烈なものを持っている。
乗り難しいのか成績は安定しないがハマれば一発ある。

抑えでサウンズオブアース、フェイムゲーム、ポポカテペドル。

馬券は本命からの馬連流しと本命対抗3複流し。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 22:28:47 | Trackback(0) | Comments(0)
2018 優駿牝馬(オークス)予想:データ
牝馬クラシック第2弾オークス。

桜花賞はアーモンドアイが強烈な末脚でラッキーライラックを差し切り優勝。
ステッキを使わずでの末脚に怪物級との評価もされている。
能力的には1番も懸念されるのは血統。
ロードカナロア産駒で距離が持つか否か。
血統なんて関係ない、そんな末脚が披露されれば現役№1の称号も手に届く。

人気はアーモンドアイ、ラッキーライラック、サトノワルキューレ。

今回はシンプルなデータ予想。

1人気アーモンドアイは桜花賞、上がり3F最速の脚で勝利した。
このパターンは過去10年でハープスター、ジェンティルドンナ、ブエナビスタの3頭が該当。
結果[2-1-0-0]と連対率100%。
冒頭の話のように血統の懸念はあるがデータ的には問題ない。
この馬を本命とする。

2人気ラッキーライラックは桜花賞で先行し2着だった。
桜花賞の先行馬は[1-1-0-13]と結果が出ていない。
しかし、連対した馬に絞ると[1-1-0-1]と連対率66%と走っている。
アーモンドアイほど信頼度は高くないが十分買える。
対抗とする。

3人気サトノワルキューレはフローラSを豪快に差し切った。
桜花賞組未対戦と鞍上のデムーロも人気の要因。
2400の距離経験があるのも魅力。
しかし前走だけを同馬の上がりは33.4。
上がり3F2位だったサラキアは33.7。
インパクトはあったが数字的には抜けているわけでない。
人気馬を本命としていることから同馬は最低限の抑えとしたい。

単穴はリリーノーブル。
安定した末脚が魅力。

連下はオールフォーラブ。
忘れな草賞で下したメンバーが次走結果を上げておりレベルがあった。

穴でパイオニアバイオ。
前走大外を回されながら先行し粘った。
プラス12キロで成長もうかがえる。

上記理由のほかにノーザンファーム産を重視した。

馬券はアーモンドアイ、ラッキーライラックの2軸3複流しが本線。
アーモンドアイ頭の3単も買いたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:22:12 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad