■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2017 毎日王冠予想:イメージ
秋に向けての大事なレースになるであろう毎日王冠。
今年も各路線からの出走馬で面白い面子が揃った。

その中で抜けた人気がソウルスターリング。
3歳牝馬でオークスを勝利している。
厩舎は藤沢。
ダービーも制し秋ではレイデオロが良いスタートを切った。
今年はやるぞ的な雰囲気はある。
だが毎日王冠に出走させる3歳馬だけは信用したくない。
ペルーサ、コディーノ、ロサギガンティア。
ことごとく人気で飛ばしている。
ソウルスターリングはこのレベルではないかもしれないが人気を加味して抑え評価とする。

次いで人気のマカヒキ。
春2戦は煮え切らないレースで仕切り直しの一戦。
ここで鞍上はウチパク。
以前は重賞常連も今は重賞で買える騎手ではなくなってしまった。
馬の適性はずれてなさそうだが騎手で抑えとする。

本命はアストラエンブレム。
こちらはデムーロで勝ち切れず3戦連続2着。
足りない部分を埋めるのに期待するのが戸崎。
上手く立ち回れば十分上位ある。

対抗はリアルスティール。
こちらはデムーロ。
矢作厩舎は叩いてのイメージはあるがG1馬なら初戦からでも仕上げてくる。
力と適性は最上位。

穴は3歳馬ダイワギャクニー。
コース適性が抜群で嵌れば。

馬券は本命からと対抗からの2頭の流し馬券を買いたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 01:33:19 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 サウジアラビアRC予想:内枠と血統
秋の東京開催開幕。
組まれているのは2歳マイル重賞。
過去3年行われているが頭数が12,12,9と揃っていなかった。
それが今年は18頭とフルゲート。
その中には重賞好走馬やオープン勝ちなど実績馬をおり面子は揃った。

人気はステルヴィオ、ダノンプレミアムが3倍台で2強を形成。
ダブルシャープ、テンクウが10倍以下で続く。
重賞好走馬より前走勝利した馬の勢いが買われている。

過去3年では未勝利組が3勝で重賞組は苦戦。
人気もその通りとなっている。

あとは馬場。
前半は雨が降っていた、それが午後からは止み乾いてくる。
東京の雨上がりは内側有利が鉄則。
内枠を狙いたい。

本命はシュバルツボンバー。
新馬こそ負けたが未勝利ではムチいらずで快勝、能力を見せた。
血統はイモータル、エックスマークが兄におり、父はディープブリランテ。
この父のイメージだがディープよりは仕上がりが早い感じがする。
血統の適性はピッタリ。

同じ内枠で新馬戦本命馬に快勝したダノンプレミアムは父ディープ。
この時期はまだ早い。
抑えとした。

対抗はダブルシャープ。
前走は重賞でまくって追い上げゴール直前ではもう一度伸びた。
内伸びの馬場と騎手に不安はあるが能力的には足りる。

単穴はステルヴィオ。
人気とルメールで。

穴でコスモインザハート。
新馬で1340とメンバー1のタイムで勝利。
マイルに戻れば。

馬券は本命の単勝と馬連流し。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 15:16:57 | Trackback(0) | Comments(1)
2017 凱旋門賞予想:定番の狙い目
今年はサトノダイヤモンドが出走する凱旋門賞。

同馬は前哨戦で敗れていることから本番は正直厳しい。
もし勝つようなら自分の馬券はどうでもよい。
そんな感じで馬券は他の馬から。

1人気はエネイブルが抜けている。
力は問題ない。
懸念材料は枠と過程らしい。
それでも信頼したい。

問題は相手。
クロスオブスターズ、カプリを推す。
クロスオブスターズは前哨戦2着。
その前は3連勝でG1を制した。
距離不安はあるがこなせれば十分好走ある。
それにフランス調教馬は抑えたいところ。
カプリはG1連勝中。
こちらは距離が長めの適性がある。
そしてこちらも定番の狙い目3歳馬。
理想は牝馬だがウィンターは前哨戦負けと過剰人気を嫌った。

抑えでザラック、ユリシーズ、チンギスシークレット、オーダーオブセントジョージ、ウィンター。

馬券は3複フォーメーションで
1列目エネイブル
2列目クロスオブスターズ、カプリ
3列目ザラック、ユリシーズ、チンギスシークレット、オーダーオブセントジョージ、ウィンター
これで勝負したい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 22:50:26 | Trackback(0) | Comments(1)
2017 スプリンターズS予想:展開と時計
秋のG1開幕戦スプリンターズS。

メンバーは小粒なイメージはある。
だがG1馬は4頭。
2年連続制覇を狙うレッドファルクス、春秋連覇を狙うセイウンコウセイ。
復活をかけるビッグアーサー。
その他もボチボチ。
ロードカナロアのような絶対的な馬がいないので足りない面子に思えるが、実際はそうでもない。
逆にスプリンターに3着と好走されたマイル路線のほうがレベル的には足りないかもしれない。

人気はG1馬2頭レッドファルクス、セイウンコウセイにメラグラーナが続く。

今回は展開と時計予想。
まずのっけからだが純粋な逃げ馬がいない。
展開を作れるのはフィドゥーシア、ダイアナヘイロー、シュウジくらいか。
枠的にはフィドゥーシアだがテンが速くなく前走も33.8でいってバテた。
テンの3Fと枠でみるとダイアナヘイローがハナを叩きそうだが鞍上は武豊、自爆的な逃げは打たない。
前半は33.5~34.0と速くない、G1なら若干遅めに流れる。
そうなると決着タイムも好時計にはならず1075~1080くらいか。
このタイムなら持ち時計の無い馬でも対応可能だろう。

そしてこの流れだと外から追い込むのは難しい。
せめて10番手以内、理想は内内を回る。
外から差し込んでくるメラグラーナやダンスディレクター、5枠から外を全部軽視する。

本命はセイウンコウセイ。
持ち時計のない同馬だが対応可能な決着になる。
力、展開、枠はピッタリ。
春秋連覇を期待する。

対抗はレッドファルクス。
充実しており海外以外では崩れていない。
対抗にしたのはセイウンコウセイのほうが恵まれた感があってのもの。
同馬も安定して走れる。

単穴はレッツゴードンキ。
インで抜け出せれば一発ある。

あとはフィドゥーシア、ラインミーティア、ワンスインナムーン、ダイアナヘイロー。
内枠を全部抑える。

馬券はセイウンコウセイからレッドファルクスの馬連馬単本線。
この2頭2軸の3複流し。
あとは本命から他への馬連流し。
セイウンコウセイの頭に期待したい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:52:15 | Trackback(0) | Comments(1)
2017 シリウスS予想:切れる感じの馬
ダートハンデ重賞。
上は57.5、下は53と差は大きくない。

このレースの傾向はほぼ固い決着。
今年は単勝10倍以下が6頭、それに10倍強のトップディーヴォを加えた7頭で連は決着すると見る。
その中での人気は割れているので配当はつく。

このレースの好走する馬のイメージは
・芝からの転戦
・末脚が良い
・丸外かサンデー系の血統
これらを集約すると切れる感じの馬が良い。
あとは丸外パワーで押し切るか。

去年の1,2着馬マスクゾロとピオネロは上位評価も共に6歳馬、連続ワンツーはないとみる。

本命はマインシャッツ。
毎回上りは上位の脚を使う。
血統もいい。
前走は遅いタイムの差し損ねで度外視していい。

対抗はピオネロ。
前走は時計が速すぎた。
それ以外は安定して走っている。
マスクゾロに比べ斤量が56に収まっているのも好材料だ。

単穴はモルトベーネ。
アンタレスSでは夏に急成長したロンドンタウンを2馬身離した。
力は最上位。

あとはドラゴンバローズ、マスクゾロ、ミツバを抑える。
ミツバとドラゴンバローズを下げたのは若干脚が重ためっぽい。
いい脚を長く使うタイプ。
これだと安定はするがここだと3着までか、いうことで抑えとした。

馬券は本命から馬連流し。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:45:46 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad