■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2018 きさらぎ賞予想:勝利条件持ち
パソコンの故障でまともに競馬予想ができませんでしたが、先日無事修理し復活しました。

しかし、一度落ちた競馬のテンションを上げるまでなかなか時間がかかり予想も精度がありません。

少しずつ状態を上げていければと思います。

まずは今週の重賞きさらぎ賞の予想を。

実績馬が少なく収得賞金持ちはカツジのみ。
昇級戦の馬も過半数の5頭。
前走新馬組もデータ的にはむかない。

そこら辺を考慮し本命はグローリーヴェイズ。
ディープ、デムーロ、シルクと重賞勝ちの条件は揃っている。

ダノンマジェスティは対抗。

単穴にラセット。
好位からいける器用さを買った。

抑えでサトノフェイバー。

実績あるカツジは軽視。
ディープ産駒だが走りと血統から延長は向かないと判断した。

馬券は馬連と3複。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:50:44 | Trackback(0) | Comments(0)
2018 日経新春杯予想:遅咲き
古馬中距離ハンデ重賞。

なかなか頭数が揃わない。
特に明け4歳馬が1頭の出走もない。
去年の3歳以上重賞勝利数は多いが少数精鋭的な感じで全体的なレベルはないのかもしれない。

人気はモンドインテロ、パフォーマプロミス、ミッキーロケット。
やはりデムルメが人気になっている。
ルメールは今日から復帰も8R時点でまだ勝利がない。
どうなるか。

上位人気、全体的な実績でいえばもちろん上位なのだが近走成績は物足りない。
モンドインテロはG3でも連対できなかった。
ミッキーロケットは去年55キロ、今年は57.5キロ。
パフォーマプロミスはステゴ産らしいコースでの好走が目立ち京都2400はどうか。

で、一発狙いたいのがサンタフェチーフ。
6歳牝馬だがまだ10戦しか消化していない。
休み休みでしか使えず前走も8ヶ月ぶりのレースだった。
そこもハナ差の2着と好走。
能力的には重賞でも十分通用する。
コース、頭数的にもベストっぽい。
この馬を本命とする。

相手は上位人気3頭。

馬券は馬連流し。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:32:24 | Trackback(0) | Comments(0)
2018 京成杯予想:新興馬主
3歳牡馬重賞。

舞台は中山芝2000とホープフルS、そして皐月賞と同じ舞台。
ホープフルSが年末に行われ、それから中2週(実際には17日と中1週に近い)と間隔が詰まっている。
流石にG1からの転戦はなくメンバー自体もそちらへ流れた為、ここは若干手薄なメンバーとなった。

人気はジェネラーレウーノ、デルタバローズ、コズミックフォース。

新馬、重賞と連勝を狙うデルタバローズ。
年明け重賞4連勝を狙う戸崎騎乗のコズミックフォース。
話題性としてはこの2頭が高い。

しかし気になるのはジェネラーレウーノ。

馬主が聞いたことがない「Gリビエール・レーシング」
ここ2,3年で馬を持つようになった。
持ち馬は同馬の他にファド、リリーグランツの2勝馬。
3歳ではエタリオウが未勝利を好時計勝ち、500万でも好走した。
そのエタリオウはセレクトセールで8700万の値段をつけた馬。
他にもそれなりにセールで落札している。
もうひとつ踏み込むとGリビエール・レーシングの代表は森岡幸人氏。
この方もここ数年で馬を持ち始めた。

で、重要なのがこのジェネラーレウーノ、新生ファームの出身で馬主がGリビエール・レーシングなのに育成はノーザンファームで行われたこと。
その経緯ははっきり分からないが森岡氏とノーザンの吉田勝巳氏がなにかで繋がっているとのこと。

で馬に話題を戻すとジェネラーレウーノは

「表向きは謎の新興馬主に小規模牧場出身だが本当はノーザンファーム系」

的な感じになっている。
それなら重賞でもしっかり活躍できる基盤があると判断して良い。

馬自体はこの中で実績上位で十分通用する。
ジェネラーレウーノ、この馬を本命としたい。

※ちなみに馬主絡みの情報はいろんなサイトのをかき集めたもので信憑性は謎です。

相手は人気所を中心に流す。

馬券は本命の頭に妙味を求めたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:03:18 | Trackback(0) | Comments(0)
2018 愛知杯予想:ノッテル騎手
牝馬ハンデ重賞。

今日は仕事により簡略化でお送りします。

年初めの競馬は戸崎騎手が3連勝。
明日は4連勝をかける。

愛知杯でも同じく調子の良い騎手を狙う。

本日3勝している藤岡佑介騎乗のマキシマムドパリ、これを本命。

他、調子のいい

・松若:メイスオブオナー
・松山:ブラックオニキス
・北村:シャルール

これらへワイドで流す。


テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:47:57 | Trackback(0) | Comments(0)
2018 シンザン記念予想:切れ脚
3歳マイル重賞。

今年の競馬は3日目で重賞は3戦を消化。
そのうち2つを戸崎騎手が勝利。
去年は4勝だったのでもう半分を勝ったことになる。
流石に去年以上の成績は残してくると思われ、どこまで信用しようか悩むところ。
「やっぱり戸崎か」
「今年の戸崎は重賞でも!?」
とりあえずもう少し様子を見たい。

では予想。

人気はデムーロ騎乗ファストアプローチ、新馬圧勝アーモンドアイ、500万勝ちカフジバンガード。

今回と同じ条件で行われた京都金杯。
こちらは頭数が揃わなかった為かスローでも決め手比べになった。
同じくシンザン記念も頭数は少ない。
決め手のある馬を上位にとる。

本命はプリュス。
前走は道中内で直線は前が開くと一気に加速した。
距離は伸びても問題なさげ。
人気所にサンデー系以外の馬が揃い、血統面でも差別化できている。
東が戸崎なら西は豊に連勝を期待。

対抗はアーモンドアイ。
前走は圧巻。
能力は最上位で上手く乗れるかと仕上がりのみ。
対抗以下には落としづらい。

単穴ファストアプローチ。
地力は上位で大崩れはなさげ。

あとはカシアスを抑える。

3人気カフジバンガードは軽視。
東スポ杯上位のルーカス、シャルルマーニュが次走案外だったので評価を落とした。

馬券は本命の単勝と馬連流し。
頭数を絞ったので3複も流す。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:42:55 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad