■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2017 神戸新聞杯予想:ダービー後方組
ダービー馬レイデオロがここから秋始動。

菊へは行かずJCへ向かうとの事。
同じパターンでは02年シンボリクリスエスや08年ディープスカイがここを使って古馬へと挑んでいる。
2頭とも秋初戦はしっかり走った。

今年のダービーはドスロー上がり3Fの競馬でレベルに疑問符がつく。
年明けからも今年の牡馬はレベルが低いと言われておりそれを証明してしまったレースではないかと思われる。

では今回の神戸新聞杯は上り馬からかというとレイデオロ本命で。
頭数が揃わず上り馬もキセキ以外戦績がぱっとしない。
データ的にもダービー連対馬の好走率が高い。
同世代とのレースならまず好走できる。

対抗は同じくダービー出走組のベストアプローチ。
ダービーは上記の通りドスローで前有利。
後ろから行って展開の不利を受けたサトノアーサー、カデナ、ベストアプローチが良さげ。
その3頭の内サトノとカデナは後方からで自分の競馬をして10着11着。
ベストアプローチは包まれて動けないなどありながらの9着と上2頭に先着。
この3頭ならベストアプローチだ。

ダービーで前に行った組は展開の利、そして今回の阪神2400は後ろ有利ということで軽視。

あとは上り馬のキセキを抑える。

馬券はレイデオロ、キセキ、ベストアプローチの3複1点が本線。
3単はベストが2着に食い込んだ場合の馬券を買いたい。
スポンサーサイト


テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 15:01:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad