■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2017 キーランドC予想:前走成績
短距離重賞。

もう1か月後にはスプリンターズSが行われる。
今のところ新勢力はCBC賞勝ちのシャイニングレイが筆頭。
函館SSを勝利したジューヌエコールも良さげだが斤量差があったのでどんなものか。
北九州短距離S勝ちのダイアナヘイローは伸び盛りの4歳牝馬で上がり目は見込めるが相手が弱かったので次が試金石。

今回のキーンランドCは新勢力の台頭というよりは実績馬の復活がメイン。
去年の1,2着馬ブランボヌール、シュウジ。
スプリンターズS3着馬ソルヴェイグ。
朝日杯2着馬モンドキャンノ。
ここら辺が良いステップを踏めるか。

人気はモンドキャンノ、ソルヴェイグ、シュウジ、メイソンジュニアが10倍を切る。
そのあとも8頭が20倍を切る大混戦で予想的にはどこからでも入れる。

今回は前走成績から。

まず前走レースだが、このUHB杯組がまず走らない。
今年も特別レベルが高かったわけではないので軽視。

あとは前走G3組だが大敗からの巻き返しは狙いづらい。
唯一今年の函館SSは超ハイペースで前が残れない展開だったのでそこで負けたブランボヌール、シュウジは抑える。

狙えるのは前走G1組。
ここだと負けていようが人気がなかろうが問題ない。
今年はナックビーナス、モンドキャンノ、ソルヴェイグの3頭。
本命はソルヴェイグ。
近3走は好走できていないが大幅馬体増やG1と言いわけがつく。
まともならそれなりに走れる。
斤量も3歳馬モンドキャンノと比べ1キロしか変わらない。
対抗はモンドキャンノ。
夏のスプリント重賞は3歳、これは格言レベルで素直に抑える。
単穴はナックビーナス。

馬券はソルヴェイグからの馬連流し。
スポンサーサイト


テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:59:27 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad