■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2017 日本ダービー回顧:レイデオロ
レイデオロの優勝で幕を閉じた84回東京優駿。

まずは私の予想だがスワーヴリチャード本命で3着アドミラブルは単穴評価。
勝利したレイデオロは3複ヒモ候補。

結果として3複はかろうじて当てたが2,3,1人気ではどうしようもない。

下馬評は混戦、特に皐月賞上位馬に印が集まる展開ではなかった。
荒れる可能性も示唆して堅めの軸から1人気も抑えて流したがガチガチの結果。

それ以上に痛かったのがレイデオロの勝利。

この馬の評価は中山巧者で東京ではどうか?というもの。

実際血統や評論家的にもダービーでの評価は上がらなかったはず。
特に岡田総帥は「5着以内もない」と言ってしまうほど。

しかしふたを開けてみれば2人気での勝利。
専門家よりよっぽど優れている。

だが疑問に思うのは

「レイデオロがなぜ人気になったのか」

というところ。

予想としてレイデオロの買いの要素はもちろんある。

・皐月賞最速上りは買い
・2歳時はもっとも評価の高い馬だった
・ルメールだけで買える
・実績的には最上位

などなど。

だが、この要素だけでこの人気はあり得るのか。
特に気にかかるのは上でもいった「専門家の評価の低さ」

血統や脚質、適性など不安視できるものは沢山あった。

それが競馬新聞やテレビなどの媒体で世に出回っているのは間違いない。

それでも2人気に推し勝利した。
世の競馬人の予想力には感服せざる得ない。

これをたまたまといえばそれまでだが。

だが、これが一過性のものではないことは以前からも気づいている。

ブログ休止のお知らせと競馬予想TV逆張り

で2015年の時点で既に明かしている。

では専門的な知識がいらないのか?といえばそうではないが。
G1や重賞に限るとあまり重要視することはなく意外とファンの予想(特に専門家との相違があれば尚)
に乗っかるのも手ではある。

理由は正直分からない。
今回のレイデオロも結果的には
・能力上位
・マクリが嵌った
・さすがルメール
などはある。

しかしレイデオロの能力上位やマクリを想像するのは難しく、それを予知できた人間のみで2人気はあり得ない。

やはり人気に乗るか素直に評価するがレイデオロを買える一番の要因になったかと思われる。

なかなか難しいがそこら辺を考慮して本命も選んでいきたい。



あとがき

この題材に関してあるまとめサイトでも議論になっていた。
参考になるかもしれないので下にリンクを貼っておくのでよかったらどうぞ。

競馬ろまん亭「【競馬】レイデオロとスワーヴが人気してそのまま勝つとか世間は何故分かるのか
スポンサーサイト


テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

反省会 | 00:52:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad