■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2017 天皇賞春予想:2強の選択
伝統の長距離G1天皇賞春。

今年は2000mの大阪杯がG1に昇格。
春の古馬中長距離路線としては第2戦目となる。
近年は長距離G1は軽く見られがちで更に大阪杯の昇格。
そのレースから間隔も狭いことから更に天春はメンツが揃わないのではと思っていた。
しかし蓋を開ければ現役最強レベルのキタサンブラック、サトノダイヤモンド。
伏兵も去年の3着シュヴァルグラン、上り馬のシャケトラなどが出走。
面白い一戦となりそうだ。
ちなみに昇格した大阪杯からの出走馬はキタサンブラックの1頭のみ。
中距離と長距離の棲み分けがしっかりされた結果か。

では予想。

今年は冒頭の通りキタサンブラックvsサトノダイヤモンドの2強対決。
有馬ではサトノに軍配が上がった。
2頭とも菊花賞馬で長距離適性は問題無し。
実力も十分なことから2頭での決着はあり得る。
しかし優劣をつけなければ配当には結びつけにくい。
ではどちらが上かといえば今回はキタサンをとる。

理由としては有馬記念。
まずはその斤量差。
サトノ55に対しキタサンは57だった。
次にローテーション。
サトノは菊→有馬は中8週あったがキタサンはJC→有馬で中3週と間隔詰まっていた。
更にJCと菊どちらがタフなレースだったかと問われればJCだろう。
次に適性。
4,5着はヤマカツエース、ミッキークイーンだったがこれらの適性は2000M以下。
この馬が上位に来れる展開だったとすれば逆に負けている馬のほうが長距離での巻き返しに期待できる。
最後に展開。
有馬では同厩のサポートがあった。

以上。

これらの理由で有馬記念ではサトノの勝利があったとみる。

今回は同斤量でサポート無し、ローテーションはサトノがいい気はするが距離適性は長めを有する。
ついでに枠がキタサン内でサトノが外。
有利なのはキタサンブラックだ。
この馬を本命とする。

対抗はサトノダイヤモンド。

3番手にはアルバートを挙げたい。
去年の天春は6着。
有馬でも7着と力の差を感じざる得ない。
しかし、去年の6着は前哨戦の日経賞で4着、その前の有馬でも11着と成績下降気味だった。
今年はダイヤモンドSを勝利してのローテー。
有馬の7着は先ほど触れたように中距離適性が強いレースだった。
長距離適性で語ればこの馬が1番。
好走を期待したい。

逆に下げたいのはシャケトラ。
上り馬で鞍上も好調の田辺。
しかし、田辺はどちらかと言えばマイル戦が上手で長距離に実績はない。
管理する角居厩舎も菊花賞はデルタブルースで勝利しているが天春には無縁。
馬も勢いは認めるが実績は乏しい。
予想としては実績を取りたいので軽視したい。

あとはシュヴァルグラン、レインボーラインを抑える。

馬券はキタサン頭の馬単とサトノとの3連2軸。
スポンサーサイト


テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:49:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad