FC2ブログ
 
■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2018 皐月賞予想:主役不在も対抗ハイレベル
牡馬クラシック第1弾皐月賞。

今年は絶対視されていたダノンプレミアムが回避。
混戦となった。

人気はワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドール。

オッズは単勝でワグネリアンとステルヴィオが4倍前後で並びキタノが6倍台で続く。
これを見れば混戦だが、私の見解としては人気馬順当。

ダノンが抜けたが人気のワグネリアン、ステルヴィオも相当な器。
ワグネリアンは東スポ杯で時計、内容ともにハイレベル。
ステルヴィオは前走スプリングSの内容が良い。
共に近年で上位に入るレベル。
適性もいうほど悪くなさげなので問題ない。

他の馬はどうか。
まずはオウケンムーン。
共同通信杯が近年のトレンドとなっている。
しかし今年は足りないとみる。
まずはレースレベル。
時計こそ例年通りだがメンバーは揃っていなかった。
上がりも4位と足りない。
そして一番推したくないのが血統。
今まで通用していたディーマジェスティーやゴールドシップ、イスラボニータなどはクラシックで通用した種牡馬の産駒だった。
しかし同馬はオウケンブルースリで実績がない。
騎手も蛯名やウチパク、デムーロは実績があった、しかし北村宏ではちょっと足りない。
抑えいう評価にしたい。

次にキタノコマンドール。
前走すみれSは好時計を強い勝ち方。
通用してもいい逸材。
しかし出走経緯があまり好きではない。
本来ならすみれSから京都新聞杯or青葉賞からのダービーが青写真の馬。
皐月賞への出走は馬主の意向だろう。
気持ち的に重視したくない。

あとはタイムフライヤー。
力と適性は既に証明済。
あとは状態だがそれが戻せているのか。
気になるのは厩舎の状態。
名伯楽松国厩舎だが今年はたった2勝にとどまっている。
前走も厩舎の状態が反映されいるのであれば上がり目は見込めない。
こちらは軽視。

他で抑えたいのはジャンダルム、エポカドーロ、ジェネラーレウーノ。
本命級に迫った2頭にそこを見せていないところが良い。

印的には

◎ ワグネリアン
○ ステルヴィオ
▲ ジャンダルム
△ エポカドーロ、キタノコマンドール
× オウケンムーン、ジェネラーレウーノ

馬券はワグネリアン、ステルヴィオの馬連が本線。
2頭軸3複流しで上積みを狙う。
スポンサーサイト


テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:07:25 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad