■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2018 桜花賞予想:ラッキーライラック問題なし
牝馬クラシック第1弾桜花賞。

今年は2歳女王ラッキーライラックが前哨戦も快勝し無敗で挑む。
相手は未対戦のアーモンドアイが筆頭、リリーノーブル、マウレアが続く。

ラッキーライラックはほとんどの相手と勝負付けが済んでいる状態。
唯一のアーモンドアイは順調さを欠いている。
絶対視されてもよいところだが単勝は2倍前後。
これは近年の桜花賞の傾向と1枠絶対不利がささやかれてのもの。
しかしこれは影響ないと思われる。
というのも人気馬が走ってない理由と今回のラッキーライラックとの関係性は低い。

まず人気馬が走っていない件。
ルージュバッグ、メジャーエンブレム、ソウルスターリングと3年連続で絶対人気が飛んでいるがすべて関東馬。
調整と輸送が難しかったものと思われる。
次に1枠。
人気になってとんだ馬はほぼおらず、そもそも馬券に絡める有力馬が1枠にいなかった。

というようにオッズに反映されている理由はほぼ影響ない。
それより騎手のほうに不安がある。
関東騎手は蛯名の2連対はあるが過去10年で[1-3-1-54]と壊滅状態。
この中の8割がたは関東馬への騎乗なので実際ここまでひどい数字ではないのだが。

ということで結論はラッキーライラック問題なし。
本命とする。

相手は無難に関西馬の関西騎手。
リリーノーブル、アンコールブリュ、フィニフティーが本線。
関東馬のアーモンドアイ、マウレアは抑え。
馬単体の評価で穴狙いがトーセンブレス、レッドレグナント。
トーセンは能力的に阪神JF上位と遜色ない。
コース的に脚質が嵌る。
レッドレグナントは馬体重が毎回増えており成長が窺える。
展開的にもしもがあれば一発ある。

馬券は3複フォーメーションで
ラッキーライラック
リリーノーブル、アンコールブリュ、フィニフティー
上記3頭+抑え。
スポンサーサイト


テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 11:26:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad