■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2018 日経賞予想:人気馬の脚質
天皇賞春へのステップレース。

人気はデムルメが乗るトーセンバジルとキセキが抜けると思いきや意外と混戦。
3倍前後に2頭がおり7倍前後でロードヴァンドール、ゼーヴィント、ガンコの3頭が続く。
頭数も15頭と揃って予想が難しい一戦となった。

予想としては前回の記事で公開した

「1600万条件からの馬はほぼ買えない」

に則り、ガンコとノーブルマーズは軽視。
チェスナットコートは内枠で蛯名なのでちょっと抑える。

あとは上位人気の2頭、キセキとトーセンバジルの扱い。
気になるのは脚質。
キセキは不器用な追込み馬。
トーセンバジルはここ2走はスタート出ているがその前はキセキと同じく不器用な追込み馬。
中山2500で多頭数、マクリがハマる場合もあるが安定感は低い。
人気を考慮すると本命にはしづらい。

ということで本命はロードヴァンドール。
逃げ先行の脚質で騎手はノリ。
G1以外で大崩れはなく力は足りる。
好枠もゲット。
買いの要素が並んだ。

馬券は逃げということもあり単勝が買いやすい。
オッズ的にも7倍とちょうどいい感じだ。
相手を加えるならキセキ、トーセンバジルにサクラアンプルール、チェスナットコート。
スポンサーサイト


テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:31:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad