FC2ブログ
 
■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2018 弥生賞予想:完成度
皐月賞トライアル弥生賞。

今年はハイレベル。
4強を形成しており
ダノンプレミアム:朝日杯FS1着
ワグネリアン:東京スポーツ杯2歳S1着
オブセッション:シクラメンS1着
この3頭は近年で一番強いレースをして勝ってきた。
まともにいけば本番でも主役をはれるレベルが前哨戦で激突する。

では予想。

このレース能力はあっても走れない馬がたまにいる。
15年シャイニングレイ:1人7着
12年アダムスピーク:1人8着
ほかにもダイワキャグニー、エピファネイア、キズナ、フェノーメノなど。
これらの馬を特徴を挙げると

・キャリアが浅い
・器用さが足りない

これらに当てはまる。
キャリアの浅さに関してはデータ的にも500万条件を勝ったばかりの馬はほぼ来ない。

これを今回の4強に当てはめるとオブセッションがまず怪しい。
キャリア2戦でレースぶりも大味。
能力はありそうだがここは向かない。
4強の中では一番下の4番手評価とする。

ワグネリアンも今のところ大外差しの競馬のみで器用さがどうか。
3番手とする。

ジャンダルムも差しの競馬にはなっているがデイリー杯では内をつく器用な競馬をした。
ホープフルSではスタートも改善。
能力的にはディープ3頭に劣るかもしれないがここなら割って入れるとみる。
2番手。

ダノンプレミアムは能力、器用さ、キャリアともに問題ない。
本命。

以上。

順番を整理すると

ダノンプレミアム、ジャンダルム、ワグネリアン、オブセッションの順。

他の馬は足りないので4強で勝負。

馬券はダノン、ジャンダルムの馬連と2軸3複流しが本線。
3単もこの2頭をメインにして上積みを狙いたい。
スポンサーサイト


テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:48:08 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad