■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2018 フェアリーS予想:ここっぽい馬
中山で行われる3歳牝馬マイル戦。

波乱傾向が強く二桁人気馬の勝利も4回ある。

その理由としてノーザンファームの不振。
ここ9年で勝利0、連対1と全く走っていない。
理由は単純で目指しているクラシックの舞台とは真逆の適性を求められる。
桜花賞が行われる阪神1600やオークスの東京2400は末脚重視。
今回の中山1600は器用さ。
ここがかみ合わずノーザンファームは走れていない。

人気になっているプリモシーン、レッドベルローズはディープ産でキレで勝利してきた馬。
能力は高いと思われるがここに適性はない。
1人気のテトラドラクマは先行できる脚質。
大外だが抑えは必要。
ノーザンファーム産でも器用さがあればここでも買いたい。

他の要素としてあるのは今年はアルテミスS組が走ること。
ラッキーライラックが阪神JFを制した。
3着ラテュロス、6着トーセンブレスも掲示板付近まで走った。
レースレベルが高いと判断、4,5着だったトロワゼトワル、スカーレットカラーは買いたい。

あとは血統。
キングマンボ系の好走が多く父系なら
16年3着ダイワダッチェス(ワークフォース)
15年1着ノットフォーマル(ヴァ―ミリアン)
12年2着マイネエポナ(キングカメハメハ)
母父では
17年1着ライジングリーズン(キングカメハメハ)
15年3着テンダリーヴォイス(キングカメハメハ)
14年1着オメガハートロック(エルコンドルパサー)
と穴でも人気でも馬券に絡む。
今回キングマンボ系が入っている馬は
トロワゼトワル(父ロードカナロア)
グランドピルエット(父ロードカナロア)
テトラドラクマ(父ルーラーシップ)
この3頭は買いたい。

以上から本命はトロワゼトワル。
キンマンの血、レースレベル高いアルテミスS好走馬。
脚質も前につけられる。
そして前走より上澄みが見込める。
前走は4か月ぶりで道中折り合いを欠いていた。
それで4着なら3走目の今回ならスムーズさは上昇する。

対抗はテトラドラクマ。
キンマンの血と好位につけられる脚質、そして能力に期待。

単穴はライレローズ。
こちらも先行できる。

あとはアルテミスS2着サヤカチャン、同5着スカーレットカラー、キンマン系グランドエルピットを抑える。

馬券は本命から馬連流し。
スポンサーサイト


テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:35:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad