FC2ブログ
 
■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2017 チャレンジカップ予想:ルメールと藤沢
3歳以上の中距離重賞。

メンバーは揃わず12頭立て。
重賞勝ち馬が3頭プレスジャーニー、デニムアンドルビー、マイネルミラノ。
内2頭は7歳馬と上がり目はない。

となると人気が示す通り3歳のサトノクロニクル、プレスジャーニーに期待が集まる。

そんな中ルメールを背に出走してきたのがモンドインテロ。
長距離を得意とし更に関東馬。
同日にステイヤーズSが行われそちらのほうが賞金を稼ぎやすい。
ではなぜ不利な状況にあえて挑んできたのか。

最大の要因はルメールと思われる
では、ルメールが関東に行けば問題ないが行けない理由があった。

それは藤沢&ルメールの関係。
ルメールはメインこそ手塚厩舎に乗っているが8,9,10Rと立て続けに藤沢厩舎の有力馬に乗っている。
んで今年のルメールが稼いだレース賞金額35億中藤沢厩舎の割合は

「28.1%の9億9000万」

約10億近い賞金額を藤沢厩舎とのタッグで得ている。
これではいくらルメールと言えど藤沢を蹴ってメインを他場で乗ることは無理だろう。

結果、モンドインテロ陣営はルメール確保の為、距離が合わないチャレンジカップへ遠征してまで出走する。

馬の能力が抜けていれば問題ないが実績的にはそこまでではない。
距離と遠征の不利がある同馬でこの人気なら軽視がよい。

馬券は3歳馬プレスジャーニーを本命。
ここからサトノクロニクル、ジョルジュサンク、マイネルミラノへ流す。
特にマイネルミラノは56キロで出走できG3だと勝利した函館記念以来。
期待できる。

馬券は馬連流し。
スポンサーサイト


テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:46:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad