■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2017 日本ダービー回顧:レイデオロ
レイデオロの優勝で幕を閉じた84回東京優駿。

まずは私の予想だがスワーヴリチャード本命で3着アドミラブルは単穴評価。
勝利したレイデオロは3複ヒモ候補。

結果として3複はかろうじて当てたが2,3,1人気ではどうしようもない。

下馬評は混戦、特に皐月賞上位馬に印が集まる展開ではなかった。
荒れる可能性も示唆して堅めの軸から1人気も抑えて流したがガチガチの結果。

それ以上に痛かったのがレイデオロの勝利。

この馬の評価は中山巧者で東京ではどうか?というもの。

実際血統や評論家的にもダービーでの評価は上がらなかったはず。
特に岡田総帥は「5着以内もない」と言ってしまうほど。

しかしふたを開けてみれば2人気での勝利。
専門家よりよっぽど優れている。

だが疑問に思うのは

「レイデオロがなぜ人気になったのか」

というところ。

予想としてレイデオロの買いの要素はもちろんある。

・皐月賞最速上りは買い
・2歳時はもっとも評価の高い馬だった
・ルメールだけで買える
・実績的には最上位

などなど。

だが、この要素だけでこの人気はあり得るのか。
特に気にかかるのは上でもいった「専門家の評価の低さ」

血統や脚質、適性など不安視できるものは沢山あった。

それが競馬新聞やテレビなどの媒体で世に出回っているのは間違いない。

それでも2人気に推し勝利した。
世の競馬人の予想力には感服せざる得ない。

これをたまたまといえばそれまでだが。

だが、これが一過性のものではないことは以前からも気づいている。

ブログ休止のお知らせと競馬予想TV逆張り

で2015年の時点で既に明かしている。

では専門的な知識がいらないのか?といえばそうではないが。
G1や重賞に限るとあまり重要視することはなく意外とファンの予想(特に専門家との相違があれば尚)
に乗っかるのも手ではある。

理由は正直分からない。
今回のレイデオロも結果的には
・能力上位
・マクリが嵌った
・さすがルメール
などはある。

しかしレイデオロの能力上位やマクリを想像するのは難しく、それを予知できた人間のみで2人気はあり得ない。

やはり人気に乗るか素直に評価するがレイデオロを買える一番の要因になったかと思われる。

なかなか難しいがそこら辺を考慮して本命も選んでいきたい。



あとがき

この題材に関してあるまとめサイトでも議論になっていた。
参考になるかもしれないので下にリンクを貼っておくのでよかったらどうぞ。

競馬ろまん亭「【競馬】レイデオロとスワーヴが人気してそのまま勝つとか世間は何故分かるのか

スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

反省会 | 00:52:33 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 目黒記念予想:斤量
131回を数える伝統の目黒記念。

2006年からダービー後に施行されるようになったので10年を数える。
ようやく定着してきた。

目黒記念のイメージとして「予想が難しい」
ハンデ戦の2500、それだけでも厳しいのだが過去を振り返ると勝ち馬の人気はバラバラ。
1人気は2勝で2人気は0勝、他は3人気から11人気まで。
しかし馬券内で考えると1人気は複率70%と意外と高い。
ハンデ戦の1人気を無理に嫌う必要はなさそうだ。
ちなみに大穴は来づらいので大振りは要らなさげ。

人気はヴォルシェーブ、モンドインテロ、ウムブルフ、カフジプリンス。

ハンデ戦なので斤量に注目。
傾向として軽いより重いほうが安定している。
更に増えているほうが買いやすい。
これを要約すると力のある馬が来る。

本命はヴォルシェーブ。
金鯱賞以外は崩れておらず力、適性問題ない。
枠も内目が走るので良い。
冒頭通り頭では買わないが連軸なら最適だ。

相手はモンドインテロ、ヒットザターゲット、アルダー、クリプトグラム。

モンドインテロはG2なら力上位。
ヒットザターゲットもここの適性は上位。
クリプトグラムは1年振りも仕上がっていれば。
アルダーは55キロを見込まれた、力があるとのハンデキャッパーの判断に乗りたい。

馬券は本命から馬連流し。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:24:42 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 日本ダービー予想:全頭考察
競馬の祭典、第84回東京優駿。

今年は混戦。
1人気が4倍台で一桁も5頭。
その1人気4倍以上というのはデータのある1986年以降で2回のみ。
1988年サッカーボーイ5.8倍15着
1989年ロングシンホニー6.0倍5着
3倍台は意外とあってオルフェーヴルやメイショウサムソン、ウイニングチケット、去年のディーマジェスティも3.5倍だった。
この3倍台は好走率も高く[5-2-1-1]と複外は1986年ラグビーボールの4着のみ。
オッズだけでみれば現在1人気アドミラブルがどこまで票を伸ばせるかで取捨選択を迫られそうだ。

では簡単ではあるが全頭の考察を行いたい。

1番ダンビュライト

最速の上がりが不良だった新馬戦のみ。
切れ味不足は否めないが先行できる脚があり更に1枠をゲット。
武豊の調子も考慮すれば買い、連下。

2番アメリカズカップ

きさらぎ賞の勝ちがフロック視されて皐月賞も人気が無かった、結果18着、力不足。

3番マイスタイル

逃げてなんぼの馬だが脚質的に厳しい。
更にノリの逃げは力がないとはまらない。

4番スワーヴリチャード

東京の共同通信杯で強い勝ち方。
中山の皐月賞では外回って6着。
いかにもダービーで、というような馬。
力的にも足りるしダービージョッキー四位も心強い。
本命級。

5番クリンチャー

初の一線級と走った皐月賞でも4着と好走。
力的には足りそう。
面白いのが血統でサンデー系×ロベルト系がそれなりに走る。
近年だと14年12人気3着マイネルフロストがブラックタイド×グラスワンダー。
同馬と同じく内枠に入った、うまく立ち回れば。
抑えは必要、連下。

6番サトノアーサー

未完の大器。
この呼び名でダービーを好走した馬はほとんどいないと思われる。
例年ならいらないが皐月賞組に絶対的な馬がいないことから買わざるえない。
実績以外はすべてそろってはいるので連下。

7番アルアイン

皐月賞馬。
実績、厩舎、生産、血統とすべてそろっているが人気が出ない。
騎手か距離か。
それでもこの人気なら十分買える。
対抗。

8番トラスト

岡田総帥のダービー馬候補だったが、出走まではこぎつけた。
だが力的に足りない、消し。

9番マイネルスフェーン

前走は負けすぎで好走したのも中山で内をスルスル。
小回りでなければ通用しない、消し。

10番ベストアプローチ

13年8人気3着だったアポロソニックと同じ匂いはしなくもない。
負けたレースもそれなりの脚は使っていた。
3複候補で抑え。

11番ペルシアンナイト

皐月賞での上り3F上位馬を買うのはダービーでは鉄則だがこの馬は内目を通ってきた。
数字的には問題ないがコース取りが気になる。
乗り替りや距離延長もプラスにはならなさそうなので3複抑え。

12番レイデオロ

この馬も皐月は内目から追い込んだ。
最速の上がりは評価するが。
更にこの馬、中山巧者ではないかと。
レース内容からそう判断した。
ルメールや藤沢、いろいろと怖い部分はあるが今回はこの馬に逆らう、3複抑え。

13番カデナ

弥生賞勝ち、そして皐月ではそれなりの脚を使った。
さぁダービーで、という感じもしなくはないが力的に足りるのか。
14年1着ワンアンドオンリーと重ねなくはないが、それより走る感じはしない、消し。

14番ジョーストリクトリ

混戦とはいえマイル路線でも通用しなかった馬がここでこれるとは思えない、消し。

15番ダイワギャグニー

好走例がほぼないプリンシバルS組だが、今年は時計が速い。
1583は近年最速で1600万レベル。
混戦の今年なら通用してもよい、連下。

16番キョウヘイ

マイル路線で惨敗、力足りない、消し。

17番ウインブライト

中山の実績でまくれる脚も小回りっぽい、ダービーでパフォーマンスを上げてくる感じはない、消し。

18番アドミラブル

青葉賞組で1人気。
前走は快勝も力関係は未知。
皐月賞組が頼りないので本命もあり得たが大外が気にかかる。
単穴で。

以上。

印をまとめると

◎スワーヴリチャード
○アルアイン
▲アドミラブル
△ダンビュライト、クリンチャー、サトノアーサー、ダイワキャグニー
×ベストアプローチ、ペルシアンナイト、レイデオロ

買い目は◎から△まで馬連、◎から○、▲を絡めて×まで3複。

これで今年のダービーは楽しみたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:14:22 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 オークス予想:安定の関東馬
樫の女王決定戦。

今年はハイレベルと言われた牝馬路線。
桜花賞での人気馬凡走はあったがNHKマイルカップでは牝馬のワンツーで牡馬を退けた。
やはりレベルは牝馬>牡馬のよう。

オークスは桜花賞の波乱はあったが人気は桜と同じ並びで
ソウルスターリング、アドマイヤミヤビ、リスグラシュー
ファンの評価としては桜花賞の結果は軽視という見立て。
3強で決まるか、はたまた桜花賞同様伏兵の食い込みがあるか。

では予想。

近年のオークスは人気の関東馬が健闘している。
16年チェッキーノ2人2着
15年ルージュバッグ1人2着
14年ヌーヴォレコルト2人1着、バウンスシャッセ3人3着
13年エバーブロッサム5人2着、アユサン3人4着
牝馬路線ではメインのコースが阪神1600なので関東馬は遠征が必要となり負担がかかる。
それに比べオークスは東京が舞台。
関東馬は関西馬に比べ逆にアドバンテージを得られる。
関西馬は実績を残しやすいので人気にもなるがこける馬も多い。
狙いは関東馬。

今年は1人気ソウルスターリングが関東馬。
前走は伸び切れなかったが能力は最上位。
地の利を得られる今回も走ってくるはず。
本命とする。
しかし、藤沢きゅう舎がオークスを勝利できてない背景を考慮して3複の軸とする。

相手はフローレスマジック、ディアドラ、ブラックスピーチ、レーヌミノル、リスグラシュー、アドマイヤミヤビの6頭。

馬券は3複1頭流し。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:54:07 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 ヴィクトリアマイル予想:先行と内枠
牝馬のマイル女王決定戦。

年齢の勢力図としてミッキークイーンを筆頭に5歳勢が人気。
レベルの高かった現4歳勢はすべてリタイアと寂しい状況。
順当に5歳勢で決まるか、はたまた他が番狂わせを起こすか。

人気はミッキークイーンが抜け、レッツゴードンキ、ルージュバッグ、クイーンズリングが続く。

今回は脚質から。
穴をあけるなら前。
大荒れとなった15年ではすべて先行勢。
14年も逃げたヴィルシーナが1着。
12年も先行勢のワンツー。
本当に力のあるブエナビスタやアパパネ、ウオッカ、そのレベルでなければ差しから入るのは難しい。
今回でいえばミッキークイーン、この馬くらいか。

あとは内枠。
前走まで先行していなくても枠なりに前に行けるなど出来、回収値が良い。

以上から買う馬は

アットザシーサイド
スマートレイアー
ジューヌポレール
ソルヴェイグ
ルージュバッグ
クイーンズリング
ミッキークイーン
レッツゴードンキ

の8頭。

この中で本命はスマートレイアー。
この舞台で結果は出ていないが脚質転換した去年は展開が合わなかった。
今年は逃げ馬すらいないこの状況で前に行ければ十分勝ち負けだ。

馬券は馬連流し。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:11:29 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad