■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2017 天皇賞春予想:2強の選択
伝統の長距離G1天皇賞春。

今年は2000mの大阪杯がG1に昇格。
春の古馬中長距離路線としては第2戦目となる。
近年は長距離G1は軽く見られがちで更に大阪杯の昇格。
そのレースから間隔も狭いことから更に天春はメンツが揃わないのではと思っていた。
しかし蓋を開ければ現役最強レベルのキタサンブラック、サトノダイヤモンド。
伏兵も去年の3着シュヴァルグラン、上り馬のシャケトラなどが出走。
面白い一戦となりそうだ。
ちなみに昇格した大阪杯からの出走馬はキタサンブラックの1頭のみ。
中距離と長距離の棲み分けがしっかりされた結果か。

では予想。

今年は冒頭の通りキタサンブラックvsサトノダイヤモンドの2強対決。
有馬ではサトノに軍配が上がった。
2頭とも菊花賞馬で長距離適性は問題無し。
実力も十分なことから2頭での決着はあり得る。
しかし優劣をつけなければ配当には結びつけにくい。
ではどちらが上かといえば今回はキタサンをとる。

理由としては有馬記念。
まずはその斤量差。
サトノ55に対しキタサンは57だった。
次にローテーション。
サトノは菊→有馬は中8週あったがキタサンはJC→有馬で中3週と間隔詰まっていた。
更にJCと菊どちらがタフなレースだったかと問われればJCだろう。
次に適性。
4,5着はヤマカツエース、ミッキークイーンだったがこれらの適性は2000M以下。
この馬が上位に来れる展開だったとすれば逆に負けている馬のほうが長距離での巻き返しに期待できる。
最後に展開。
有馬では同厩のサポートがあった。

以上。

これらの理由で有馬記念ではサトノの勝利があったとみる。

今回は同斤量でサポート無し、ローテーションはサトノがいい気はするが距離適性は長めを有する。
ついでに枠がキタサン内でサトノが外。
有利なのはキタサンブラックだ。
この馬を本命とする。

対抗はサトノダイヤモンド。

3番手にはアルバートを挙げたい。
去年の天春は6着。
有馬でも7着と力の差を感じざる得ない。
しかし、去年の6着は前哨戦の日経賞で4着、その前の有馬でも11着と成績下降気味だった。
今年はダイヤモンドSを勝利してのローテー。
有馬の7着は先ほど触れたように中距離適性が強いレースだった。
長距離適性で語ればこの馬が1番。
好走を期待したい。

逆に下げたいのはシャケトラ。
上り馬で鞍上も好調の田辺。
しかし、田辺はどちらかと言えばマイル戦が上手で長距離に実績はない。
管理する角居厩舎も菊花賞はデルタブルースで勝利しているが天春には無縁。
馬も勢いは認めるが実績は乏しい。
予想としては実績を取りたいので軽視したい。

あとはシュヴァルグラン、レインボーラインを抑える。

馬券はキタサン頭の馬単とサトノとの3連2軸。


スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:49:38 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 青葉賞予想:出世レース勝ち
ダービートライアル青葉賞。

皐月賞は荒れた結果となり本命馬不在。
ここで有力候補となりえる馬がでるか。

しかしここも頭数が12頭と揃わず、実績がある馬もいない。
今年の低調な世代を表している。

世代の話をしたがもしかするとサラブレットの生産頭数減や2歳戦の充実などの影響があるかもしれない。
来年もこの状況だと世代云々ではないかもしれない。

では予想。

人気はアドミラブル抜けそれにトリコロールブルー、ポポカテペドルが続く。

アドミラブルは近親フサイチコンコルドにアンライバルドなどクラシックホースがいる良血。
未勝利で好時計で勝利し前走は距離を克服した。
ここのメンバーなら普通に勝ち負け。

相手はひねってアドマイヤウイナー。
前走で2勝目をあげた。
出世レースの大寒桜賞。
ホープフルSでの負けはハイペースでの前。
若駒Sはスローでの切れ負け。
馬柱が汚れているので人気はないが狙ってみたい。

あとはトリコロールブルー、ポポカテペドルを抑える。

馬券は馬連とアドミラブル、アドマイヤウイナー2軸3複流し。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 15:26:43 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 フローラS予想:内枠
オークストライアル。

桜花賞では断然人気のソウルスターリングが負け、対抗のアドマイヤミヤビも惨敗した。
勝利したレーヌミノルは距離不安から絶対視はない。
ここの勝ち方次第から本命候補に浮上する可能性がある。

人気はホウオウパフューム、フローレスマジックの2強。

基本どちらかを取捨するがフローレスマジックを下げたい。
理由としては家系が晩成傾向にあるため。
ラキシス、サトノアラジン、サトノケンシロウと3歳春は思ったように活躍できなかった。
本馬にも同じ傾向が今の所見える。

よって本命はホウオウパフューム。

相手は内枠に絞ってタガノアスワド、レッドミラベル、ザクイーン。

馬券は馬連流し。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:23:14 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 マイラーズカップ予想:リピーター探し
晩春から初夏にかけての京都開催開幕を告げる重賞マイラーズカップ。

主役不在のマイル路線で候補となりえる馬が現れるか。

人気はエアスピネル、イスラボニータ、ブラックスピネル。

このレースは12年より3回京都2日目に定着した。
それからダノンシャークが3回馬券内に絡んだ。
そして今回出走するフィエロも2回。
共にディープ産駒で血統を含め適性がある。
そんな馬を探したい。
一番良さげがディープ産駒プロディガルサン。
イメージ的には良血のおぼっちゃんで底力がちょっと足りない。
しかしいい切れ味の脚を使う。
坂のない京都にうってつけだ。
賞金的にもここを勝ち負けしないと安田記念への出走は厳しいことから勝負度合いもある。
この馬を本命とする。

相手は安定株エアスピネル。
単穴に能力値は高いダッシングブレイズ。
抑えでブラックスピネル。
イスラボニータは春毎回なぜか走らない。
過去2年は中山でのものではあったが今回も春のくくりで軽視したい。

馬券はプロディガルサンから馬連とエアスピネルとの2軸3複流し。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:48:14 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 福島牝馬S予想:距離短縮の先行馬
古馬牝馬の中距離重賞。

ここからヴィクトリアマイルへというのは少々厳しい面子ではあるが勝ち方次第では。

今年はレジェンド武豊が福島へ半年ぶりに参戦!!

「!!」を二つつけて強調したが、もしかするとピンと来てない方々がいるかもしれないので説明を。
まず、武豊を強調する必要は?というところ。
首都圏及び関西では常に騎乗しているので見慣れているとは思うが福島への参戦は非常に少ない。
過去7回しか参戦していない。
ものすごいレアなのだ。
それでも半年前に来てるじゃん、となるがその前は2012年の春で震災復興競馬の時なので更に4年前になる。
そこから前だと2006年の七夕賞メイショウカイドウの勝利まで遡らなければならない。
やはりレアなのだ。
で、福島はローカル中のローカル競馬なので一流騎手、とくに武豊の参戦となれば単純に嬉しい。
今回でいえば武豊と戸崎のレースは非常に楽しみである。

ちなみに武豊の福島での成績は非常によく複率は50%、1人気なら80%を記録する。
これは過去の武豊人気があってのものなので今ならお買い得になっているはず。
素直に買って応援したい。

では福島牝馬Sの予想。

このレースは荒れに荒れ人気順に決まらない。
その中で距離短縮で先行という条件だと近5年で[1-1-2-0]と驚異的な数字。
しかもすべて大穴。
13年10人3着ピュアブリーゼ
14年16人3着フィロパトール
15年9人2着リラヴァティ
16年15人1着マコトブリジャール
今年はギモーヴが該当、10人気前後か。
これに期待したい。
あとは一応適距離が長めの馬を選出。
ハピネスダンサー、クインズミラーグロ、ロッカフラベイビー。
この辺をうまく絡めて買いたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 08:18:16 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad