■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2017 マーチS予想:外枠
毎年予想が難しいマーチS。
今年も混戦。
特に下位の人気が離れておらず最低人気がシルクドリーマーの60倍。
どこからでも買えるレースとなっている。

それでも今年は1人気コスモガナディアンから入りたい。
未勝利、500万は勝ち上がりに数戦要したがそこからはトントン拍子。
G1でも3着に入る力をつけた。
調子は維持し斤量も56キロ。
安定して走れそうだ。

相手は外枠に固めた。
ロンドンタウン、ディアデルレイの人気馬。
穴でストロングサウザー、シルクドリーマーでロベルトの血を重視した。

馬連流しで穴はワイドも抑えたい。


スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:32:51 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 高松宮記念予想:阪神カップレベル高い
春のG1シリーズ幕開けを告げる電撃の6F戦高松宮記念。

ビッグアーサー、ミッキーアイルが引退し群雄割拠。
去年のG1を制したレッドファルクスこそ6歳だが他の人気馬はまだ4,5歳。
時代を引っ張っていける馬は現れるか。

人気はレッドファルクス、レッツゴードンキ、メラグラーナ。
他もセイウンコウセイ、シュウジ、ソルヴェイグが単勝10倍を切る混戦。

本命はシュウジ。
近走短距離戦で出走レベルが高かったと思われるのが阪神カップ。
ミッキーアイルやダンスディレクター、イスラボニータと実績のある馬が多く出走していた。
ここを出遅れながら勝利した同馬は能力的には最上位。
脚質も前、後ろこだわらないので買いやすい。

対抗はレッツゴードンキ。
力があるG1馬が前走で復活した。
路線レベルが低いスプリントで一気に頂点へ。

単穴はレッドファルクス。
力は上位で状態さえあれば。

あとは勢いあるメラグラーナ、阪神カップ3着フィエロ、穴でトーキングドラム。

馬券はシュウジから馬連流し。
馬単もうまく組み合わせたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:44:17 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 毎日杯予想:乗り替わり
皐月賞への最終便。
今年の牡馬クラシックはレベルが低いとされており出走馬がほぼ確定した段階でもその評価は変わらない。
そんな中フラワーカップを快勝したファンディーナが皐月賞へ参戦。
1人気もあり得る状況でますます予想は難しくなった。
今回出走するサトノアーサーも本命となりえた馬だったが前走は案外の競馬。
これを覆し再び評価を得ることができるか。

予想は陣営の勝負度合いを読み解く。
それに使用するのが騎手。
今週はドバイも重なり騎手が手薄。
土曜は日経賞も阪神に残ったのは1.5流の騎手。
毎日杯に出走する馬も8頭中5頭が乗り替わり。
しかも鞍上強化といわれるものがない。
となればしっかりお手馬の確保をしてきた騎手&陣営を勝負気配があると判断。
乗り替わりじゃなかったのが

サトノアーサー:川田
テイエムヒッタマゲ:田中建
ガンサリュート:北村友一

テイエムはダート馬なのでのぞく。
残りの2頭をサトノアーサーを本命、ガンサリュートを対抗とする。
他は四位クリアザトラック、池添プラチナムバレット。

馬券はサトノ軸の3複、3単を買いたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:59:23 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 日経賞予想:多頭数レースは堅くない
天皇賞春へのステップレース。
今年から大阪杯がG1となったのでメンバーがどうなるか心配だったが、そこは問題なかった。
連覇を狙うゴールドアクター、G1好走歴があるレインボーライン、皐月賞馬ディーマジェスティ、上がり馬シャケトラ。
ここを勝てば本番でもという馬が出走してきた。

頭数も数合わせ的な馬もいなくはないがフルゲートの16頭揃い伏兵も多い。

人気としてはゴールドアクター1強に他人気3頭が続く。

ゴールドアクターに関してはこの中山2500の舞台では現役トップクラスの力を誇る。
オッズが示すように逆らう必要はなさげ。

問題は相手。
例年の傾向をみると出走頭数が多いほど堅くない。
今回は冒頭の通りフルゲート。
後ろから行くレインボーライン、ディーマジェスティは歓迎ではない。
シャケトラは適性面などまだ信頼を置くには至らない。

ということで若干穴目を狙いたい。
ジュンヴァルカン、ミライヘノツバサ、この2頭。
2頭とも4歳で上がり目は十分。
先行力があり、距離もこなせる。
食い込みの余地はある。

馬券は本命のゴールドアクター、穴目2頭、人気3頭の3複フォーメーション。
これが買い目として面白い。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:48:57 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 フラワーカップ予想:勝ち方注目
桜花賞への最終ステップレース。

牡馬とは違い牝馬はソウルスターリング、アドマイヤミヤビの2強。
その下にも有力馬多数でレベルの高い世代となっている。

その面子に食い込もうかというのが今回出走するファンディーナ。
2連勝中で内容が圧巻。
ここもその走りができれば通過点。
力関係的にも阪神JF4着ディーパワンサがいるのでこれを物差しにすれば2強に割って入ることも可能。
勝ち方に注目したい。

相手も上記に出たディーパワンサで良さげ。
阪神JF組は次走しっかり結果を出している。
他の有力デアレガーロは環境はルメール、ノーザン、大竹&マンカフェのルージュバッグっぽいと揃っているがレース的にはそれほど評価しなくてよさげ。
ハナレイムーンは堀&シュタルケが全く走らない。
馬も中山っぽくない。

穴は後ろを重視。
前はファンディーナが一掃する可能性があるので後ろから。
ブライトムーン、モリトシラユリ、シーズララバイ、トーホウアイレス。

馬券はファンディーナ、ディーパワンサの馬連。
上記2頭から穴への3複流し。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 11:45:17 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad