■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2016 青葉賞予想:休み明け軽視と能力上位
ダービーへのトライアル。

今年は頭数が13とフルゲートにならず。

面子は今年のクラシックを象徴するように少キャリアの良血ところが揃った。

人気は2戦2勝で兄弟が青葉賞を2勝している良血レーヴァテイン。
セレクトセール約2億の高額馬ヴァンキッシュラン。
兄はドバイターフ勝ちの良血プロディガルサン。

3頭すべて良血でキャリアも少なめ。
この構図は皐月賞に似ている。
人気で決まるのか伏兵の台頭があるのか。

では予想。

ダービートライアルは休み明けの馬が走らない。
青葉賞でもマゼランやレッドレイブンが1人気で飛んでいる。
今回はレーヴァテインとプロディガルサンが休み明け。
能力は高いので1頭は走るかもしれないが2頭はない。

本命はヴァンキッシュラン。
キャリアもあり安定感も高い。
前走はまっすぐ走った。
人気3頭の中では1番買いやすい。

相手はロスカボス、レッドエルディスト、メートルダール。
ロスカボスは前走強引な捲りも差のない3着。
東スポ杯では1人気になる期待馬で能力は高い。
レッドエルディストは前走が強く4着だったカフジプリンスが新緑賞を快勝。
これも能力は十分通じる。
メートルダールは外騎手のボウマンに期待。

プロディガルサンとレーヴァテインは抑え。

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:46:05 | Trackback(0) | Comments(0)
2016 マイラーズC予想:巻き返し
3回京都の開幕週に行われるマイラーズC。
芝は青々としているが特別時計の出る馬場にはなっていない。
マイルの決着タイムは1325前後か。

人気は実績馬フィエロ、3連勝中ネオスターダム、能力高そうなクルーガー。

その中で本命はクルーガー。
前走は出遅れ、外回る、前残りと三重苦。
これで0.3秒なら上々。
戦歴からも2000より1600のほうが良さげだ。

相手はフィエロ。

穴はダノンシャーク、テイエムイナズマ、アルマワイノリ、ケントオー。

ダノンシャークはここ2走は苦手な1400。
1600ならまだまだやれる。
テイエムイナズマはここ2走好走もあまり人気なしで抑える。
アルマワイノリは前から狙っている穴馬。
能力はあるのでどこかで穴を出すはず。
ケントオーは連勝でオープン入り。
前走は負けたが不利な大外。
巻き返しは十分ある。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:40:00 | Trackback(0) | Comments(0)
2016 フローラS予想:3連勝
オークスへのトライアル。
大本命だったメジャーエンブレムがマイル路線へ。
桜花賞ワンツーを決めたジュエラー、シンハライトも距離適性は未知数。
ここで好走すれば本番でもチャンス。

人気は割れているがビッシュ、パールコード、チェッキーノ。

今年のトライアルのテーマは「3連勝」

きさらぎ賞:サトノダイヤモンド
チューリップ賞:シンハライト
弥生賞:マカヒキ
スプリングS:マウントロブソン
若葉S:アドマイヤダイオウ

きさらぎ賞はトライアルではないが数少ないレースでこれだけ3連勝が達成されている。
ちなみに皐月賞もディーマジェスティが3連勝で制した。

今回3連勝の権利があるのはビッシュ、チェッキーノの2頭。
本命は内枠ビッシュ、対抗に大外不利なチェッキーノとするがチェッキーノの頭も抑える。

他はパールコード。
能力的には上位で相性のいい社台ファーム。

この上位3頭のみ。
人気が割れているので馬連でもそれなりに配当はつく。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:06:21 | Trackback(0) | Comments(0)
2016 春の福島in益若つばさ、写真
4月23日福島競馬場にモデルの益若つばささんが来場しました。

トークショーとプレゼンターとして。

目的は宣伝ではなさそうで、かといって本人は競馬好きではなさげ。

女性に人気があることからその層のファン獲得のため。

実際のところ女性がいつもより多くみられた気がします。

どんどんこういうイベントやってほしいですね。

そのときの写真を撮ってきたのでアップしたいと思います。

IMG_6384.jpg
「登場」

IMG_6387.jpg
「つばさ1」

IMG_6403.jpg
「後ろ姿、リボンが可愛げ」

IMG_6418.jpg
「つばさ2」

IMG_6442.jpg
「つばさ3」

IMG_6452.jpg
「予想するつばさ」

IMG_6457.jpg
「新聞とつばさ」

IMG_6548.jpg
「北村友一騎手と握手」

以上です。

可愛かったですね。
スタイルもよくて。
また見れたらいいなと思います。

なお、つばささんいわく男性のファッションは清潔感が一番とのこと。
そしてトークショーに群がったのはちょっとファッションに疎いカメコのおっさんたち。
目の前と状況と思想から突発的に出てきたのが「清潔感」だったのかと。

年を重ねるのは仕方ないので、せめて「清潔感」の意識だけは持ち続けたいと思ったトークショーでした。

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

競馬 | 09:18:38 | Trackback(0) | Comments(0)
2016 皐月賞予想:馬場渋りでの切れ
牡馬クラシック第一弾皐月賞。

今年はレベルが高くその中でも「3強」の

・マカヒキ
・サトノダイヤモンド
・リオンディーズ

が抜けていると思われている。

その要因として負け知らずやキャリアが浅く

「底が見えていない」

という期待度の高さ。

そして兄姉の活躍、セレクトセール高額取引馬、という走る前からのブランド力。

ここら辺が影響して今の人気を作っている。

もちろん実績もあるが。


3強のイメージは

マカヒキ=切れ者
サトノダイヤモンド=優等生
リオンディーズ=爆発力

これを踏まえて明日の馬場適性を考える。
雨の予報で渋る可能性が大。
血統的にはリオンディーズが有利で切れ者マカヒキは一歩後退か。
オッズを見てもリオン、サトノは3倍前後に対し、マカヒキは4倍前後。
騎手もあるが馬場適性も関係しているだろう。

だが私の見解は逆。
道悪のほうが切れ者が台頭する。

近年で渋ったのは12年ゴールドシップの年。
同馬は札幌や暮れの阪神で上りのかかる馬場で負け、共同通信杯で上り33.3で快勝。
2着ワールドエースもきさらぎ賞を33.0の極上の上がりで制していた。
逆に道悪適性を示していたグランデッツァは5着に負けた。

その前は10年ヴィクトワールピサの年。
同馬は未勝利、京都2歳、ラジニケを上り34秒前半ですべて差し切っていた。
2着ヒルノダムールは若駒Sを33.1の切れで制している。

サンプルは少ないが結果として切れ者のほうが渋った場合は強い。

そして渋った場合に起こるもう一つの逆転現象。
それは弥生賞組の台頭。

クラシック登竜門と呼ばれていた弥生賞だが近年はなかなか本番へ繋がらない。
レース展開等適性の差だろう。
これが馬場が渋ると解消される傾向にある。

10年ヴィクトワールピサは弥生皐月と連勝。
12年コスモオオゾラも馬券に絡めなかったがゴールドシップ、ワールドエースなど猛者相手に4着と健闘した。

以上から3強ではマカヒキをトップ。
次点でサトノとリオン、という評価にした。

3強以外ではロードクエスト。
こちらも切れ者で新潟2歳では32.8の上がりを出している。

馬券はこの4頭で妙味はマカヒキの頭。
これをうまく買いたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 21:21:28 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad