■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2016 マーチS予想:ロベルト系
ハンデ戦。
荒れているイメージはあるが近年は平穏で二桁人気が絡んだのは12年16人2着メイショウタメトモのみ。
成績上では混戦だが人気馬の取捨を見極めたい。

今回は血統から。
このレース、ロベルト系の成績が良い。

ブライアンズタイム産
13年6人2着バーディバーディ
12年7人3着バーディバーディ
10年4人1着マコトスパルビエロ
08年6人2着マコトスパルビエロ
07年8人2着トーセンブライト

シンボリクリスエス産
14年3人1着ソロル
12年6人1着サイレントメロディ

母父に入っても好走出来る。

母父ブライアンズタイム
13年2人1着グランドシチー
09年1人1着エスポワールシチー

母父セレスティアルストーム
08年7人1着ナナヨーヒマワリ

今回の該当馬は

・バスタータイプ(母父ブライアンズタイム)
・ソロル(父シンボリクリスエス)

軸はバスタータイプ。
ソロルはピークを過ぎた感じで抑え。

相手は総武S上位馬を評価。
イッシンドウタイ、サンマルデューク、モスライジン。

あとはドコフクカゼと大外の実績馬トウショウフリークを抑える。

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 10:45:10 | Trackback(0) | Comments(0)
2016 日経賞予想:実績馬
グランプリホース、ゴールドアクターが参戦。
他にも有馬2、4、11着のサウンズオブアース、マリアライト、アルバートが参戦。
日本を代表するドゥラメンテなどがドバイに出走する一方、グランプリ組はここ。
面白いレースになりそうだ。

その有馬組だが実績が少ない。
ゴールドアクター、マリアライト、アルバートは去年の春はまだ条件馬だった。
サウンズオブアースも菊で2着はあったがまだ2勝しかしていない。
すべての馬が本格化したとも言えるが実績を重ねているわけでもないのでポカもあり得る。

それに比べて別路線のディサイファ。
重賞4勝は最多でG1以外では崩れていない。
唯一距離だが前走の立ち回りの巧さがあればごまかせる。
こちらを本命にする。

相手は有馬組4頭へ。
馬券は3複を軸に買いたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:52:11 | Trackback(0) | Comments(0)
2016 毎日杯予想:前走上がり最速馬
阪神芝1800で行われる毎日杯。

ここからダービーを制したディープスカイ、キズナのような馬が現れるか。
選択肢としてはダービー以外にマイル路線へ向かう馬もおり適性を見れるレースでもある。

今年は10頭と少頭数になった。
その中でも単勝5人気以内が10倍以下、それ以上だと30倍を超え二分化。
過去の傾向としても堅く収まっているので、実質5頭立てとして予想する。

その中で本命がロワアブソリュー。
前走重賞で上がり最速だった馬は[4-0-0-1]と勝率80%。
レース内容は出遅れの不利がありながら直線追込み着差はほぼ無し。
追込みが利くこのコースなら力を発揮できる。

相手は他の人気馬4頭。
その中でもディープエクシード。
ディープ産駒の成績は流石でこのレースでも好走率は高い。

馬券は馬連が本線で3複も抑えたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:51:08 | Trackback(0) | Comments(0)
2016 フラワーカップ予想:意外な血の偏り
3日間開催の最終日。

面子に実績馬はおらず「ここを勝って」という馬がほとんど。

人気的にはエンジェルフェイス、ゲッカコウ、ルフォール。
血統をみるとキンカメ、ハービンジャー、ロージズインメイ。
サンデー系の人気馬がいない。
人気があるのは7人気でディープ産のラルク(15倍)
その次がダイワメジャー産のアオイサンシャイン。
今の時代サンデー系が絡まない事はほぼないので上記の2頭から買う。
どちらかといえばアオイサンシャイン。
前走休み明けを大幅馬体重で勝利。
ダイワメジャーのほうがむくイメージもある。

相手は人気所だが他のサンデー系ペルソナリテ(ステイゴールド産)も抑えたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 15:14:04 | Trackback(0) | Comments(0)
2016 阪神大賞典予想:実績馬
伝統の長距離重賞阪神大賞典。

今年の面子は寂しいなぁ、なんて思っていたら実は通常営業のレベル。
ここ3年はゴールドシップというスターが出走していたがその他はそれほどでもない。
その前のオルフェーブルの時も同じ。

今年はスターこそいないが他はだいたい同じレベル。

そんな中で人気が上がり馬シュヴァルグランと菊花賞馬トーホウジャッカル。

騎手では乗り替わりのデムーロvs復帰した福永で明らかにデムーロ有利か。

とりあえずこの2頭は置いといて狙いたいのがカレンミロティック。

このレース中穴は決まって実績馬。

15年7人2着デニムアンドルビー
14年5人2着アドマイヤラクティ
12年5人3着ナムラクレセント
11年6人3着モンテクリスエス

G2勝ちや天春でも3着のあるカレンなら実績は十分。
去年は海外帰り初戦に対して今年はじっくり調整した。

この馬から上位人気への馬連と3連複を流す。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:03:18 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad