■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2016 シルクロードS予想:馬連で
高松宮記念へ向けての一戦。
今年は勝ち方次第では短距離を引っ張れる逸材が揃った。
ビックアーサー、ダンスディレクター、ネロ、サトノルパン。
面白い一戦になりそうだ。

馬券は今回は買い方。
過去傾向では上位人気の安定感がなく人気薄が食い込める。

なので3連系は狙わず2頭当てに行く馬券を買いたい。

ダンスディレクター、サトノルパン、ビッグアーサー。
人気だがこの3頭の馬連ボックス。
ワイドでサトノルパン、ダンスディレクターで穴の食い込み対策。

例年よりはレベルが高いので平穏に収まるのを期待したい。

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 15:14:30 | Trackback(0) | Comments(0)
2016 根岸S予想:スローペースの好位
フェブラリーSのステップレース。
だが本番へは直結しない。
距離が1400と微妙なところが影響している。

しかし1人気モーニンなど賞金が足りない馬はここで加算しないと本番がなくなる。
難しい局面だ。

今回の予想はペース。
このレースは追込みが良く利き好走している。
だが今年はペースがスローに流れそう。
逃げ馬がシゲルカガしかいないからだ。
追いかける馬も少なく流れは落ち着く。
であれば、予想は正攻法で好位からの馬から。

本命はタガノトネール。
実績、適性は問題ない。
ここで恰好をつけて本番へと挑みたいところ。

相手は人気のモーニン、サクラエール、タールタン。

穴は1枠2頭レッドファルクス、グレープブランデー。

レッドファルクスは芝ダート替わりのスウェプトオーヴァーボード。
上のネタは是非とも覚えていてほしい。
とにかく回収率がよく100はゆうに超える。
正直上級条件より下級条件で狙いたいが同馬自体1600万条件を芝ダート替りで制していることから問題ないとみた。

グレープブランデーはチャンピオンSで8着とまだ頑張れる。
もしレベルが中距離>短距離なら能力上位だ。


テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:15:22 | Trackback(0) | Comments(0)
2016 名手武豊とストレイトガール現役続行
重賞予想ではないが気になることについて少し。

まずは1月30日の武豊について。
京都ダート1800で逃げ切りが2鞍あった。
その逃げが絶妙で見るものを魅了する、そんなレースだった。

一つ目は7レース。
1枠1番ニシオボヌール(2人気)に騎乗した。
このレースは逃げ馬が同馬の他にセレブレイトソングがいた。
しかし外枠だったので無理していかずニシオボヌールが楽に先手を取る。
テンの3Fは37.5とスロー。
しかしそこからペースを上げほぼ12秒で直線へ。
最後こそ12.5かかったが淡々とペースを刻み逃げ切った。
ラップは
12.8 - 12.2 - 12.5 - 12.4 - 12.2 - 12.0 - 12.1 - 12.0 - 12.5
前半に脚を溜め中盤から約12秒のペースで後続に脚を使わせ完封した。

二つ目は11レース。
2枠2番キングノヨアケ(4人気)に騎乗。
このレースも同馬の他に1頭マイネルオフィールがいた。
くしくもまた外枠で鞍上が7レースと同じ和田。
残念ながらまたもや武豊好騎乗の引き立て役となってしまった。
内枠からスタートし今回はペースを緩めず。
テンの入りは35.5と速め。
中盤ペースを落としても良さげだがまたしても淡々と12秒のペースを刻む。
流れは速かったのはまちがいない、後続ではついていけない馬が後方に置かれ馬群が二分していた。
その中でも人気のブチコ、エノラブエナは4角先頭に取りつく勢い。
直線は入口で7レースと同じくスッと差を広げるがエノラブエナが猛追。
残り50で交わされたがここで謎のユタカマジック。
驚異の粘り?とは言い難い、スマートな感じで差し返してゴール、逃げ切った。
ラップは
12.2 - 11.4 - 11.9 - 11.9 - 12.0 - 12.1 - 12.2 - 12.2 - 12.6
テンの入りは違えど中盤以降はほぼ7レースと同じ。
この精密さがすばらしい。
そして狙ったかのような差し返し。
鳥肌が立つようなレースだった。

現在の騎手事情はデムルメの二人の元外国人騎手に押されっぱなしの日本人騎手。
だがまだまだ武は健在。
これからも魅せる騎乗を楽しみにしたい。


二つ目はストレイトガールの現役続行。
理由は馬主の意向により。
回りの意見は「引退させて繁殖で頑張れよ」とものが多い。
しかし、しょうがないのではないかとも思う。

繁殖にあがりいい子を産めればよいのだがストレイトガールの血統はあまり良くはない。
近親にはオースミブライト、オースミコスモの重賞勝ち馬はいるがその他はパッとしない。
そのオースミコスモは血統背景は父フジキセキで似ているが繁殖成績はさっぱり。
競走成績は抜けて高いがそれだけで能力が保障される、セールで高値が付くほど甘くはない。

それであれば能力落ちが見られなければ現役で走り、うまくいけば賞金をゲットできる。
ちなみにヴィクトリアマイルは9,000万、阪神牝馬Sは5,300万。
もしかすると1億以上の金額が入るかもしれない。

引退撤回がまずかったのはあるが致し方ないのでは、とも思う。

ストレイトガールを管理する藤原英昭厩舎は超名門。
出てこれば勝負になるはずなので今回のゴタゴタは馬券につなげないようにしたい。

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

競馬 | 22:03:31 | Trackback(0) | Comments(0)
2016 アメリカジョッキークラブC予想:コンパクトに振る
最近の古馬中距離重賞は比較的平穏に収まっている。
二桁人気が絡んだのは去年の天秋くらいか。
ここも人気が割れているので組み合わせ次第ではオッズがつく。
大振りせずコンパクトに振っていきたい。

1人気はサトノラーゼン。
ダービー2着以降はパッとしない。
能力は認めるも適性はセントライト記念で合わないのは見えている。
人気の理由はベリーだが騎手で本命にはできない。

2人気ディサイファは武豊へスイッチ。
こちらも能力はあるが適性が微妙だ。
2200も微妙に長く実際去年展開向くも5着に負けている。
こちらも抑えだ。

ディサイファとの比較でいえば去年4着のマイネルフロスト。
こちらは展開向かないも4着に食い込んだ。
先行出来る器用さも身につけた今なら勝ち負けだ。

あとはスーパームーン。
安定感が高く騎手がルメール。
前走はオープンで2着も切れ負けで悲観する内容ではない。
力的にもアルゼンチンで5着なら十分通じる。

あとは前走展開に泣いたライズトゥフェイム。

穴は買わない予定だったが気になるのはクランモンタナ。
このレースはトニービンの血が相性よくジャンポケ、アドマイヤベガ、ハーツクライの子が活躍している。
クランモンタナは母父トニービン。
前走3着で複調気配があることから抑えておきたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:44:05 | Trackback(0) | Comments(0)
2016 東海S予想:無難に
フェブラリーSへのステップレース。

今年は12頭と出走頭数は少ない。

1人気はロワダルジャン。
2走前重賞勝ち、前走はG1で4着と充実ぶりがうかがえる。
しかし、両方ハマった感があり不安はある。
本命にはしづらい。

2人気モンドクラッセは前走みやこSで逃げれず惨敗。
秋は見送りここに照準を合わせてきた。
単騎逃げも見込まれ買いたいが、いかんせん過剰人気が否めない。

となると安定で3人気インカンテーションか。
休み明け以外に不安なし。
重賞2勝、G12着という実績がありながら56kで済むのも良い。
仕上がり具合は分からないがここから入る。

相手はロワダルジャン、モンドクラッセの他にアスカノロマン。
先行出来る脚質が魅力だ。

馬券は馬連。
複だと3着に伏兵の食い込みも考えられ手が広くなりすぎる。

捻りのない予想だがコース変わりによりデータも少ない為、変化が難しい。
無難にまとめてみた。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:48:26 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad