■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2015 天皇賞秋予想:中穴の東京適性
面白いメンツが揃った今年の天皇賞秋。

個人的にはエイシンヒカリの逃げ切りを見てみたいが馬券は別。


このレースは藤原竜也がCMで言っているように5人気が強い。
ここ10年で4勝
14年スピルバーグ
13年ジャスタウェイ
12年エイシンフラッシュ
09年カンパニー
が制している。

では5人気を狙えば当たる、といっても根拠がなにもない。
んでもって中穴に限れば7人気も[1-3-0-6]と4回馬券に絡んでおり5人気と遜色がない。
どちらにしても「中穴」の狙いがこのレースでのポイントとなる。

そのキーとなるのが東京実績。

14年でいえば5人気1着スピルバーグは東京5勝の実績があった。
ちなみに6人気だったデニムアンドルビーは東京より阪神、7人気だったマーティンボロは東京初だった。

13年5人気1着ジャスタウェイはエプソムカップ2着、毎日王冠2着で東京適性が一番あった。
そして6人気ダノンバラードと7人気ヴェルデグリーンは右回りの適性が高かった。

12年1着は5人気エイシンフラッシュ。
言わずと知れたダービー馬で東京適性は十分。
6人気だったナカヤマナイトは中山巧者。
7人気のトーセンジョーダンは天秋馬だったが近走は右回りでの好走が高かった。

他、過去には
11年6人3着ペルーサ(10年天秋2着、10年青葉賞1着)
09年7人2着スクリーンヒーロー(08年JC1着)
07年7人2着アグネスアーク(東京2戦中1勝2着1回)

というように中穴付近で東京実績がある馬が好走出来ている。
正直細かいところをみれば矛盾点があり無理が生じているのは否めない。
だがイメージとしては東京巧者が来ているのは間違いない。

今回当てはまるのは
・サトノクラウン(ダービー3着)
・イスラボニータ(ダービー2着、天秋3着)
・スピルバーグ(天秋1着)

更に大穴で
・クラレント(東京重賞3勝)
・ヴァンセンヌ(東京新聞杯1着、安田記念2着)
・ステファノス(富士S1着)
・ワンアンドオンリー(ダービー1着)

とりあえずこれらの馬を単勝で抑える。

そして馬券の本線だがラブリーデイから上記の馬への流しが本命。
エイシンヒカリからの流しが抑え。

ディサイファ、アンビシャスは内枠は評価するも適性が合わず力も抜けて強いわけではないので軽視。

変則及び多点買いになっているのは辛いところだがこの馬券で勝負する。

もし余裕があればヴァンセンヌ、ステファノス絡みの馬券を付足したい。

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 23:18:19 | Trackback(0) | Comments(0)
2015 スワンS予想:前走距離別成績
マイルチャンピオンSのステップ。
だがレベル的にはもうひとつのステップ富士Sに劣る。
ここである程度の勝ち方をしなければ本番では厳しい。

今回は前走距離別成績。

前走1200m組の成績は
[3-6-4-50-85-92]

その中でG1スプリンターズSは[2-0-2-36]と率が悪く狙いづらい。
ではどこの成績が良いかというと

「夏場の1200を使って少し間を明けた馬」

間隔が5~22週(半年)の馬の成績は[1-4-2-7-281-235]と率も良く大穴まで狙える。

バクシンテイオー、べルルミエール、ローヴティサージュ、オメガヴェンデッタが該当。

この中ではオメガヴェンデッタに期待したい。

次に1600の短縮組。

ここも同じく休み明けが[2-2-2-10-35-121]と好調。
更にイメージとしては1600でちょっと成績が上がらない馬が短縮で一変、的な感じの馬がくる。

該当馬は複数いるがその中でも狙いはダイワマッジョーレ。

人気のフィエロと内枠で前にいけるサンライズメジャーも抑える。

現在2人気のアルビアーノは力的に足りないと見て軽視した。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 12:47:39 | Trackback(0) | Comments(0)
2015 菊花賞予想:安定感
形上はリアファル、リアルスティール、サトノラーゼンの3強。
だが伏兵のつけ入る隙が十分にある3強だ。

まずはステップレースの成績を見る。

神戸新聞杯[9-7-5-47-135-95]
セントライト記念[0-2-2-42-0-28]

圧倒的に神戸新聞杯有利。
13年までは出走レベルに差はあったが去年はセントライト記念のほうが上だった。
それにもかかわらず1,2着は神戸新聞杯組。
今年もセントライト記念のほうが面子は揃っていたが安定なら神戸新聞杯でよい。

ではリアファルかリアルスティールかといえばリアルスティールで。

リアファルはここ2戦は逃げ切っているが道中は13秒のラップが続くスローペース。
そして終いは11秒台と後ろが間に合わないレースで共に勝利。
さすがに今回はそこまで楽なレースにはならない。
更には逃げれるかも怪しい。
これが1人気なら本命は避けるべき。
抑えに回す。

対してリアルスティールは春の実績はトップで秋も骨折明けを2着にまとめた。
懸念されているのは折り合い、鞍上、血統あたりか。
折り合いは分からないが血統はディープが長距離勝てないという考えは捨てていい。
絶対いつかは勝つのだから。
それが今回でもおかしくはない。

そして人気的にもリアルが狙いやすいので軸はこちら。

相手は別路線組が面白い。

1000万勝利組のスティーグリッツ、ワンダーアツレッタ、マサハヤドリーム。

特に全く人気のないマサハヤドリーム。
春負けた青葉賞は輸送減り。
他のレースは切れ味不足と理由は付く。
前崩れになった際のばてない差し脚に期待したい。

あとは勝っても人気の出ないキタサンブラックと内枠怖いサトノラーゼン。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:58:18 | Trackback(0) | Comments(0)
2015 富士S予想:中距離路線から
面白いメンツが揃った。

だが、予想は簡潔に。

毎度お馴染みの路線によるレベル差は

中距離>マイル

ということで中距離馬を徹底して狙う。

・サトノアラジン
・ロゴタイプ
・ヤマカツエース

この3頭を買いたい。

重賞予想 | 14:46:35 | Trackback(0) | Comments(0)
2015 府中牝馬S予想:前走重賞勝ちの低評価
1人気が4倍後半で10倍以下が5頭の大混戦。

その中で前走重賞勝ちのシャトーブランシュが6,7人気の低評価。
人気薄の後方一気が嵌ったとの見解なのだろう。
しかし、勝ちは勝ち。
力はあるところは示した。

シャトーブランシュのようにたまに見られる前走重賞勝ちの低評価馬。
「前走は嵌った」と思われがちだが実際は好成績で馬券的には買って損はない。

次のデータは2012年以降G2、G3の前走重賞勝ち馬成績。
※データは[1着-2着-3着-着外-単回-複回]

[38-38-25-152-62-85]

率にすると約40%が今回も馬券になっている。
単回は若干低めも複回はまぁまぁ。
ここから更に年齢で絞る。

2歳[2-1-1-9-48-66]
3歳[10-8-4-34-48-65]
4歳[13-5-6-21-98-91]
5歳[11-15-10-42-78-105]
6歳[0-5-3-28-0-49]
7歳以上[2-4-1-18-80-125]

4,5歳が率、回収値共に好成績。
2,3歳だと成績に傷がなく重賞を勝利すると過剰人気にされる。
それに対し古馬になると今回のシャトーブランシュのようにフロック視され人気になりづらい。
さすがに6歳を超えると力の衰えには勝てないが。

以上から4,5歳の前走重賞勝ちは前走の内容云々関係なく買い。

今回出走のシャトーブランシュは5歳馬でもちろん買い。

相手はレッドリヴェール、スマートレイアー、スイートサルサに穴でトーセンソレイユ、カレンケカリーナ。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:15:12 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad