■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2015 東海S予想:乗り替わりの成績
3強の争い。

コパノリッキー、ナムラビクター、インカンテーション。

1人気コパノリッキーは田辺から武豊へスイッチしどのような競馬をするのかが焦点となる。

この乗り替わりがどのような結果を招くかは結果を見てからになるが、過去はどのような成績を残していたかを調べた。

データは2010年以降のダート重賞。

同騎手[49-43-44-364-85-79]
乗り替[27-33-33-571-98-64]

単回は乗り替りだが複回は同騎手。

だが率にすると

同騎手[10-18-27]
乗り替[4-9-14]

と同騎手のダブルスコアとなっている。

人気別だと

・1人気では同騎手が複70%に対し乗り替りは50%
・1~3人気でも同じく同騎手が優勢
・4人気以下でも単回こそ逆転するが複は同騎手が良い

と基本的に同騎手が買いだ。

そして重賞では当たり前に来る

「中央騎手→外国人騎手」

の乗り替りだが

[3-5-1-40-28-45]

と散々たる結果。

特に6人気以下では

[0-1-0-26-0-19]

と全切りでいいレベル。

今走もソロルがバルジュへ乗り替りとなっているが騎手だけを見れば買えない。


人気のコパノリッキーやニホンピロアワーズの乗り替りはあまり歓迎できる要素ではないようだ。


予想はインカンテーションから。

前走チャンピオンSからの条件は上向いておりナムラビクターを逆転できる。

相手はそのナムラビクターとコパノリッキー、上り馬のマイネルクロップへ流す。

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:07:55 | Trackback(0) | Comments(0)
2015 アメリカジョッキークラブカップ予想:閃き
古馬の総大将ゴールドシップが早くも2015年のスタートを切る。

人気は単勝1倍台前半。

圧倒的人気なのでこの馬は置いておき他の馬を検討する。
(ダントツ人気なのでシップから買うorシップを消す、どちらにしても他に軸となる馬が必要)

次点ではフェイムゲームかエアソミュールか。

私としては

フェイムゲーム>エアソミュール

としたい。

この順序付けの方法としては

「イメージ」

エアソミュールの近走のハイライトは毎日王冠で馬群をスルスルと抜けてきた。

前走負けた金鯱賞も内から抜け出してきた。

いうと器用なタイプなので中山は合うかもしれないが、どうもこの中山2200を走れる感じはない。

能力は上位なので好走はあるかもしれんが勝ち負けはどうかという感じだ。

対してフェイムゲーム。

こちらも重賞勝ちは東京でのもので、アルゼンチン共和国杯は道中内、最後は外に出しと長い直線を存分に生かした。

見た目はエアのほうが中山向きな気はする。

それでもこのレースに限ってはフェイムゲームを上位と取りたい。

上記では「イメージ」と書いたが実際は「勘」に近い。

結果が逆であれば今後は今まで通り「数字」に頼るとしよう。

他はミトラとマイネルフロスト。

ミトラはダート短距離や芝でもマイルなど短いところを走っており、そのイメージが強いのか人気が低い。

舐められれば楽逃げも可能だ。

マイネルフロストはショウナンラグーンとの比較から上位とした。

ショウナンとはクラシックにてほとんど差のない競馬をしてきておりレース過程も違いはない。

にもかかわらずオッズは倍変わる。

内枠でスムーズに流れに乗れば好走できるのはマイネルのほうだ。


今回の予想は数字に頼らないで行った。

決してネタがなかったわけではない。

毎回だと「また勘かよ」と思われるのでほどほどにするが、たまにの「閃き」で馬券を買ってみたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

未分類 | 12:31:08 | Trackback(0) | Comments(0)
2015 京都牝馬S予想:前走距離別上がり
京都競馬場で行われる牝馬限定の芝1600m。

このレースも今年から18頭立てが可能となり早速フルゲートで行われる。

人気は前年覇者ウリウリ、掲示板を外さない堅実馬キャトルフィーユの古馬勢にダンスアミーガペルルミエール、フォーエバーモアの4歳勢が続く。

このレース基本固い。

過去10年で単回36複回55と低い。

オッズでいえば20倍以上で馬券に絡んだのは3頭のみ。

その3頭は

13年ベストクルーズ10人3着(阪神JF3着)
11年サングレアズール9人3着(昇級しかも芝キャリア5戦)
06年メイショウオスカル9人2着(重賞2勝馬)

と穴ながらも買える要素が高かった馬たちだ。

今年は人気薄ならシャイニーガールがオープン2勝の実績がありくさいところではあるが長期休み明けで買いづらい。

例年の傾向にのり穴は捨て人気ところで馬券を組み立てる。
※ここから下のデータは単勝オッズ1~20倍に限定してのものとする

このレースは上りが速い馬の好走が目立ち今レース上り1位の馬は[8-1-1-3]と強烈な数字。

これは血統にも表れサンデーサイレンスやタキオン、ディープなど切れるサンデー系が結果を残している。

前走上りももちろん速い馬が良く3位以内なら複回はすべて100以上を記録。

しかしちょっとひっかけがある。

前走距離別の上り3Fに注目すると

前走同距離&上り1~3位[2-2-1-7]
前走延長&上り1~3位[0-1-2-4]
前走短縮&上り1~3位[4-2-0-4]

と短縮組が優秀で同距離&延長組は頭もなくちょっと弱い。

以上のことから狙いは上りが速い距離短縮馬。

本命はアロマティコ。

前走はG1エリザベス女王杯で上り最速を記録。

25戦中上り3位以内が23戦と末脚には全幅の信頼が置ける。

パワースポットにも注目したい。

同馬も同じく末脚は安定しており32戦中28戦は上り3位以内。

ちょっと穴目にはなるが狙ってみたい。

これらを軸にキャトルフィーユ、ウリウリ、ダンスアミーガの人気所と末が嵌れば強烈なレーヴデトワールへ流す。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:07:53 | Trackback(0) | Comments(0)
2015 京成杯予想:ホープフルSの扱い
中山芝2000mの条件で行われる。

去年までと違う点は朝日杯FSなどのレース形態が変更されたこと。

特に今回と同コースで好走したホープフルSに焦点が当たる。

阪神で行われていたラジオニッケイ杯が前身で、そのレースからの出走は

[1-3-0-11]

と近年は冴えない。

オープン特別だった同コースのホープフルS組の成績は

[3-0-3-17]

と07年サンツェッペリン08年マイネルチャールズ11年フェイトフルウォーと3頭勝ち馬を輩出している。


それで去年G2に格上げされたホープフルSはどう扱えばよいか。

私としては

「最上位の評価」

を与える。

理由はシンプルに賞金が高いから。

G2とはいえ朝日杯とほぼ変わらない賞金が与えられ、のちにG1へ昇格という話もある。

その準G1で3着のブラッグバゴ、4着ソールインパクト。

それらの馬が現在混戦の中の有力一頭という評価。

G1好走馬がその評価は正直低い。

少なくとも朝日杯で掲示板に乗っていた馬たちはもっと高い評価を得ていた。

これが同コースに替わり関連性が一段と高くなった。

にもかかわらず評価が低い。

これは狙って美味しい。

来年からは通用しないかもしれないので今年しっかり買っておきたい。

他もディアコンチェルト、マイネルシュバリエ、フォワードカフェの負けた組の巻き返しも期待する。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:27:50 | Trackback(0) | Comments(0)
2015 日経新春杯予想:過去の必勝パターン
今年からフルゲートが16頭から18頭へ拡大して行われる日経新春杯。

冬場のハンデG2は面子どころか頭数も集まらないイメージでいたが近年はそうでもない。

去年一昨年はフルゲートの16頭出走し、拡大した今年も18頭のフルで行われる。

G1級の出走はないにしても多彩な面子が揃い面白い一戦となりそうだ。

人気は去年の勝ち馬サトノノブレス、京都大賞典連対タマモベストプレイ、上がり馬トウシンモンステラ。


今回の予想はちょっと過去の思い出に浸かりながら行いたい。


日経新春杯、私としては

「02年~04年四位騎手3連覇」

が思い出される。

特に04年のシルクフェイマスで6馬身ぶっちぎったのが衝撃的だった。

その時の2着はマーブルチーフ。

8人気で2着と穴での激走だった。

マーブルチーフは翌年も7人気2着。

06年も馬券には絡めなかったが6人気4着と好走した。

この馬は京都で良く走った馬で京都新聞杯10人気1着や新馬戦も京都2000mを14人気1着と穴を出しまくった。

いうと「京都専用機」的なところがあり京都では毎回期待していたものだった。

同馬の父はチーフベアハートでマイネルキッツが代表産駒となり基本は穴血統だ。

今回日経新春杯出走する馬の中に1頭だけいる。

ビービートレイターだ。

同馬はまだ準オープンの身だがキャリアが浅く上澄みは十分ある。

そして騎手が3連覇を成し遂げた四位騎手。

10年くらい前に日経新春杯で走った

・四位騎手
・チーフベアハート産

が今年タッグを組み出走してくる。

ここで買わずいつ買うのか!!

今でしょ!!
(ちょっと古い)

とばかりに気持ちがかきたてられる。

確かに10年前とは走る血統背景や四位騎手の置かれた状況など変わっており厳しいかもしれない。

それでもビービートレイターには期待する。

過去の良き思い出を再現してくれることを祈って。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 12:21:26 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad