■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2013 スプリンターズS予想:勢力図変化なし
秋のG1シリーズの開幕を飾る電撃の6F、スプリンターズS。

ところが、予想がまとまらずこの時間。

なので簡単に。


春と勢力図がほぼ変わっていない。

ステップのセントウルSも高松宮記念と同じ馬が上位。

ロードカナロアはもちろん、ハクサンムーン、ドリームバレンチノも圏内。

こういうとき、よくやるのが新勢力を探すこと。

だが、だいたい既存の勢力で決まる(イメージがある)


なので上記3頭が狙い。

その中でもドリームバレンチノが狙いやすい。

勢いこそハクサンムーンが上だが、実績なら見劣らない。

にもかかわらず人気には開きがある。

狙うならこちらか。

馬券はロード、ドリームの2軸。

相手はバラバラ流すが期待はセントウルS組。

レベル的にはステップの中で一番だったのにもかかわらず上位2騎以外は人気が低い。

マイネルエテルネル、サドンストーム、マヤノリュウジン。

他に前走重賞勝ちのマジンプロスパーやM川氏推奨のフォーエバーマークを抑えたい。




スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:52:00 | Trackback(0) | Comments(0)
2013 シリウスS予想:芝ダート変わり
今回の注目は芝ダート変わり。

買い方は

・下級条件なら絶好の狙い目
・上級条件ではほぼ買えない

フェブラリーSでは芝からの転戦馬が人気になり何度も飛んでいる。

が、この阪神2000という舞台は別。

2007年以降のオープン、重賞での前走芝勝利数は21。

内阪神2000では4勝を挙げている(約20%)

同コースのレース施行数割合は全体の6%しかないのでいかに高いかが分かる。

今回の芝ダート変わりは4番スマートギア。

近走はパッとせず終わった感が見えるが2走前の鳴尾記念ではトウケイヘイローやダノンバラードと走り5着入賞。

ダートで変わり身を見せればまだまだいける。


相手はケイアイレオーネ。

同馬とサトノプリンシバルは3歳馬。

この2頭を破ったインカンテーションが古馬に負け、世代レベルを問われるのは確かにある。

しかし、インカンテーションが1回負けただけで3歳世代を否定するのはいかがなものか。

状態が悪かった、ペース、コースが合わなかった。

負けた原因なんていくらでも考えられる。


斤量等では有利なのは間違いないので世代レベルは無視し、3歳馬を狙う。

その中でも人気のないケイアイレオーネ。

前走の内容ならオッズほどサトノと差はない。


あとは前走の内容が悪くなかったフサイチセブンにグラッツィア。

サトノも抑えたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:08:11 | Trackback(0) | Comments(0)
2013 神戸新聞杯予想:皐月賞馬のいないこのレース
例年ならダービー馬のほとんどがここから始動する。

今年はキズナが凱旋門賞に出走の為渡欧中。

その為か18頭フルゲートでのレースとなった。


このレースはデータで簡単に絞れる。
(データは過去6年分)

まずはダービー組が強い。

更に上位だった馬はまず崩れない。

エピファネイアは問題ないだろう。

そして今回多数出走してくる条件組。

ここは3着が2回あるだけで買えるレベルではない。

だが、その2回にはある共通点がある。

08、10年共に皐月賞馬が出走していないのだ。
(08年キャプテントゥーレ故障、10年ヴィクトワールピサ海外)

理由はなぞ。

考えられるとすれば俗に言う「皐月と菊は相性が良い」

これにより菊のステップのここでも皐月賞馬の影響が大きいのではないか。



今年はロゴタイプが別路線を選んだ為、出走はない。

となると条件馬の食い込みがあることになる。


条件馬の狙い目としては上がり馬。

08年オウケンブルースリ、10年ビックウィークともに3連勝でここへ臨み3着、次走菊を制した。

今年は3連勝は残念ながらいないが、連勝及び好走を続けている馬ならいるのでそれらを狙う。

・マジェスティハーツ
・ヒルノドンカルロ
・トーセンハルカゼ
・ヤマイチパートナー


だがしかし。

ここまで書いといてなんだが条件馬はあくまで3着まで。

連の相手はやっぱりダービー組。

6着テイエムイナズマ、8着タマモベストプレイ。


馬券は

1着 エピファネイア
2着 テイエムイナズマ、タマモベストプレイ
3着 マジェスティハーツ、ヒルノドンカルロ、トーセンハルカゼ、ヤマイチパートナー

が面白いのではないか。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:18:56 | Trackback(0) | Comments(0)
2013 オールカマー予想:武豊の重賞コース実績
近年は面子が寂しかったオールカマーだが、今年は揃った。

G1馬こそマイネルキッツ1頭だけだが、近1年での重賞勝ち馬が7頭。

レース内容次第では天秋の有力候補に躍り出ることも可能だ。


人気は宝塚記念2着ダノンバラード、小倉記念1着上がり馬メイショウナルト、目黒記念勝ちムスカテール。

注目は上がり馬メイショウナルト武豊。

先週はキズナにてニエル賞を制覇、重賞勝利も多く好調。

今回も豊の騎乗によって勝利へ導く。

と言いたいところだが、武豊の中山コースの成績があまりよくない。
(データは過去10年の重賞成績、1着-2着-3着-着外/総数 勝率-連率-複率)

東京 29-16-13-99/157  19-29-37
阪神 31-23-18-98/170  18-32-42
京都 26-16-14-106/162 16-26-35
中山 12-5-9-42/68    18-25-38

他に比べ騎乗数が少ないのはしょうがない。

率も他と比べそれほど悪くはない。

ではなぜ良くないのかと言うと

「中山での勝ち鞍12勝の内単勝1倍台が9勝=ダントツ人気でしか勝てていない」

ダントツ人気を削除したデータが下になる
(単勝2倍以上の過去10年の重賞成績)

東京 23-13-11-95/142  16-25-33
阪神 22-21-17-95/155  14-28-39
京都 14-15-14-102/145 10-20-30
中山 3-4-9-41/57    5-12-28

他コースに比べ格段に数値が落ちる。

中山で負けたレースを振り返ると

06年皐月賞 アドマイヤムーン4着
07年皐月賞 アドマイヤオーラ4着
07年有馬記念メイショウサムソン8着

そして

05年有馬記念ディープインパクト2着

G1での1人気だけでもそれなりにある。


以上のことから中山での武豊はプラスにならない。

では馬の成績で買えるかというと

・斤量53→56
・中山初コース
・相手強化

と正直厳しい。

今のメイショウナルトの人気を考えると軽視するのが良いと思われる。


狙いは実績馬

・ダノンバラード
・ムスカテール
・オーシャンブルー
・アスカクリチャン

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 09:44:41 | Trackback(0) | Comments(0)
2013 セントライト記念予想:今年の3歳1000万条件の不調
月曜開催は台風により順延、火曜日に代替となった。

それとは関係なく今年のセントライト記念、メンバーが小粒。

ほとんどの馬が条件組。

1000万を勝利してきた馬もおらず例年に比べて低レベル。

それを象徴するのが下のデータ。

これは各年の1000万条件芝レースでの3歳の成績。

2013年 9- 10- 8-126/153
2012年 20- 7- 11- 67/105
2011年 8- 8- 4- 46/ 66
2010年 18- 10- 8- 47/ 83
2009年 14- 12- 6- 52/ 84
2008年 10- 10- 8- 58/ 86

今年の成績は勝数こそそこまでではないが率が酷い。

出走数が多いわけだがその分、勝数も上がってきてよいはず。

が、例年と変わらずか下回る。

要するにレベルが低い。


それでも3歳同士のレースなので世代レベルは関係ない。

確かにそうだが馬券的にはそれに乗じた狙い目がある。

古馬相手に走って底を見せてしまった馬より、まだ古馬と対戦していない馬を狙ったほうが魅力的だ。

本命はアドマイヤスピカ。

対抗はダービー組のヒラボクディープ。

後はサイモンラムセス、ユースフルキング、ナンヨーケンゴーあたり。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 01:02:11 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad