■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2013 ラジオNIKKEI賞予想:対キズナとの着差
人気はNHKマイルカップで好走したガイヤーズヴェルト、フラムドグロワールが人気になっている。

ガイヤーズは毎日杯でキズナの2着、フラムドグロワールはダービーで10着。

共に着差は0.5秒。

これより僅差の決着がある16番シンネンだが人気がない。
(京都新聞杯で0.4秒差の4着)

ガイヤーズ、フラムド2頭は対キズナとの評価のみで上位人気に評価されているわけではない。

それでも人気に差が開きすぎている。

そしてシンネンが4着だった京都新聞杯組は、1着キズナはダービー馬はいいとして実は2着ペプチドアマゾンもダービー4着と好走。

皐月賞組より着順がよくレベルは高い。

適性云々は抜きとしても過小評価すぎる。

以上から16番シンネンを狙ってみたい。

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 10:03:25 | Trackback(0) | Comments(0)
2013 CBC賞予想:G1人気薄好走後の成績
今回G1高松宮記念で人気薄ながら3着に逃げ粘ったハクサンムーンが出走する。

G1,3着ならここでは上位、更に安田記念の結果が後押しする。

しかしホントに信頼できるのか?


今回は1200mG1で人気薄ながら好走した馬の次走を調べてみた。
(データは過去20年の1200mG17人気以下で3着以内に走った馬)

・12年スプリンターズS9人気3着ドリームバレンチノ、次走:シルクロードS1着
・07年高松宮記念13人気2着ペールギュント、次走:谷川岳S2着
・00年スプリンターズS16人気1着ダイタクヤマト、次走スワンS1着
・99年高松宮記念8人気1着マサラッキ、次走:CBC賞2着
・98年高松宮記念7人気2着ワシントンカラー、次走:東京盃2着

全21頭中上記5回次走馬券に絡んでいる。

確率としては約25%絡んでおりそれほど悪くはない。

しかし詳細を見ると、1、2着だった馬が4頭。
1400m及びダートへの出走(条件変わり)だった馬が3頭。

今回のハクサンムーンと同条件の馬はドリームバレンチノのみとなっている。

結果、G1:3着と格上のイメージはあるがほとんどの馬はその後結果を出せていない。

G1:3着は「レースが嵌まった」というパターンが多いと思われる。


馬券はサドンストームから。

血統からか(香港で活躍したラッキーナインと兄弟)人気になるも結果は出せてなかった。

それは使い詰めの影響があったと思われ、短期休養を経て前走勝ちの勢いでここも期待する。

相手はマジンプロスパー。

実績は上位で58キロも問題ない。

穴で面白いのはエーシンダックマン。

前走のダートはハンデを軽くする為の出走と見る。

その結果56キロと去年のアイビスSDと同じ斤量(同レースは2着)

そして調教が栗東坂路で一番時計。

いかにもここを狙ってきた感があり買ってみたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 00:40:33 | Trackback(0) | Comments(0)
2013 宝塚記念予想:状態
3強の宝塚記念。

現時点(土曜日14:00)では単勝オッズは横並びもその他の馬券ではしっかり差がついている。

ジェンティルドンナ、フェノーメノ、ゴールドシップの順だ。

ここら辺の差をしっかり把握し馬券を組み立てたい。


予想の軸は馬の状態。

「叩き2走目で状態上向き」

「使い詰めで上がり目は期待できない」

などレース数により状態が変わるが、これを今回は読み解く。


まずはジェンティルドンナ。

ドバイ後ここへ調整され今後は凱旋門へ。

今回は間隔が空いてるので不利だが疲れもなくリフレッシュ状態、ある程度力は出せる。


次にフェノーメノ。

この馬の調教師は某OSブログによれば天皇賞制覇に力を入れていたらしい。

3歳時に天秋に出走したのもそれ。

目標だった前走も馬の状態は100%に近いものだっただろう。

それで結果を出せたのだから素晴らしい。

今走はその状態を維持できているか。

予想としては出来ないと見る。

去年はセントライト→天秋→ジャパンCと走り、目標後のJCは着順を落とした。

今回もそれと同じ道をたどるのではないか。

まとめると、前走ほどのパフォーマンスは期待できない。


最後にゴールドシップ。

こちらは海外にはいかず国内のみで走る予定。

となると今後は放牧し秋に備える。

ここへ全力投球できる。

前走の負けもここがメイチの勝負で状態が出来上がってなかったのではないかとみる。

馬の状態をパーセントで表せるなら

・初戦の阪神大賞典は相手的に70%くらいで勝てる。

・天春もフェノーメノが出走してきたがそれ以外は大したことないので85%くらいで。

・宝塚はオルフェーヴル、ジェンティルドンナと3強対決になるので100%仕上げる。

こんな感じのプランだったのではないかと。

天春では想定外の結果だったが、調整方法としては去年秋の結果をみればしょうがない。

今回は状態的に勝負になる。




という感じで、順番はゴールドシップ、ジェンティルドンナ、フェノーメノ。


馬券は3頭以外買わない。

が、3連単以外に馬単もうまく絡めて3着部分をフォローしたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 15:33:39 | Trackback(0) | Comments(0)
2013 函館SS回顧と宝塚記念の狙い目
先週の重賞は時間がなく記事が疎かになってしまいました。

結果は函館SSは的中、ユニコーンSは外れもかすらなかった訳でない。

しかし、ブログ的には(というか私的かな)いくら的中しようが記事が面白くなければ読む意味がないのではないかと思う。


よく巷のブログランキング等に存在する

「G15連続的中!回収率も200%超え」

的な宣伝で誘惑しブログを見ると、印しか載ってない、またはメルマガ購入の勧誘など、はっきりいって読むに値しないものと同類になってしまうからだ(言い過ぎかな)

ということで、理想は

「しっかりした記事を書き的中を目指す!」

だが、難しいので

「読んで面白いと感じてもらう」

を目標に頑張っていきたい。




前置きが長くなってしまったが、本題の函館SSの回顧というか予想の何故を書きたい。

まぁ結果が出てからなので内容は多少盛ってるところはあると思いますがそこはご勘弁を。


予想の軸としたのは勝負度合いによるローテーション。

この函館SSを狙ってきてるかを見た。

1着パドトロアは叩き2走目、前走の負けは1400で明らかに叩き台でここへ向けての調整だった。
3着のフォーエバーマークも去年連勝した得意の舞台、叩き3走目で前走2着と状態が上向きは見えていた。

2人気だったテイエムオオタカも同じ叩き3走目ではないか、とのツッコミを入れたくなるがちょっと事情が異なる。
それは前走京王杯への勝負度合いの高さ。
叩き2走目での出走で騎手を戸崎へと強化、調教も坂路でしっかり時計を出していた。
勝負を裏付けるのが去年のスワンSの好走。
1400をこなしてしまった為に京王杯を叩き台としてではなく勝負しにいってしまった。
その結果、今回への反動(調整不足)をだしてしまったのではないかと思われる。


そして取捨として重要だった1人気ドリームバレンチノ。

これは去年のキーンランドCの惨敗が引っかかった。

ただそれだけといえばそれだけだが、この結果をみて同馬は人気では軽視し人気薄で買う、そういう馬だと思う。


回顧は以上。

当たったのでここまで書いたが、これをレース前に書けてればよかったと反省します。




あとは現段階での宝塚記念の狙い。


3強に順位をつけるなら

・ゴールドシップ
・ジェンティルドンナ
・フェノーメノ

これは今回の函館SSでも出た勝負度合い。

詳しくは週末の記事にて。

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 18:48:13 | Trackback(0) | Comments(0)
2013 函館スプリントC予想:荒れる
時間がなくなってしまったので簡潔に。

ユニコーンSをガチガチの予想にしてしまったのでこちらは壮大に振り回してみたい。

狙いは

フォーエバーマーク
シュプリームギフト
ビウイッチアス
パドトロア
エーシンホワイティ

理由は当ったら後付で書きます(笑)



テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 15:19:18 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad