■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2013 阪急杯予想:シンプルデータ
このレースは傾向が偏っておりシンプルなデータで狙いを絞れる。

・人気馬が走り荒れない
阪神競馬場改修後の2007年以降は8番人気以降が馬券に絡んでいない。
(1~7人気までの回収値は100を超える)
※次項からの内容はすべて1~7人気でのデータ

・若いほうが有利
複勝率 4歳:54%、5歳:48% 6歳:28% 7歳以上:20%
と若いほうが有利。
単勝は5歳がトップで5勝なので単は5歳から。

・内枠が有利
複勝率 1枠:62% 2枠:78%
と強烈な数字。

・サンデー系は勝てない
スズカフェニックス(父サンデーサイレンス)やガルボ(父マンハッタンカフェ)が好走はしているが人気以上に来たことはない。

結果、ロードカナロアはド鉄板。
相手は1枠のサンカルロにマジンプロスパー、ミトラ。
抑えにクィーズバーン、エピセアローム、レオアクティブ。

正直面白みのない予想ではあるが、ここまではっきりとしたデータが出ることは少ないので素直に買いたい。

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 01:48:21 | Trackback(0) | Comments(0)
2013 中山記念予想:トーセンレーヴのキャラ
今年の中山記念は混戦。

現在の1人気は14番タッチミーノットで単勝4倍台。

その後も割れに割れ8人気シルポートまでが単勝一ケタ台。

予想はいつも通りデータで攻略しようかと思ったが、オッズと同じでこれといったものがなく決定打に欠ける。
(傾向としては逃げ馬、内枠が好成績)

なので今回は馬の適性から。

取り上げる馬はトーセンレーヴ。

同馬は女傑ブエナビスタの半弟になるが、成績はパッとせずG3を1勝のみ。

その原因としてはディープインパクト×ビワハイジというキレキレの末脚を持ち合わせていないから。

上がり3Fでいえば最速だったのが14レース中たった2レースのみ(しかも格下相手)

結果、取りこぼしが多く勝ちきれていない。


そんな同馬だが今回のレースの舞台中山1800で能力をフルに発揮できるのではないかとみる。

今回の舞台は切れをあまり必要とせず、先行できる器用さが求められる。

トーセンレーヴはディープ×ビワハイジという上の条件には合わないキャラのように思えるが実は成績上ピッタリである。

唯一の重賞勝ちであるエプソムカップがいい例で好位から早めに仕掛け35.2の上がりで押し切っている。

内枠もよく按上のビュイックも心強い。

この馬が本命。

しかし単はあまり買いたくない。

理由としては中山に勝ち鞍がない為。

(過去10年の勝ち馬の内9頭は中山で勝ち鞍あり、なかったのは03年サクラプレジデントのみだが同馬は皐月賞2着の実績があった)
※今回の出走馬の中で中山勝ちがない馬はトーセンの他にアンコイルド、リアルインパクト

馬券はトーセン軸の3連複で人気どころを買いたい。


テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 21:32:13 | Trackback(0) | Comments(0)
2013 アーリントンカップ予想:距離延長
このレースは距離延長組が穴をあける。

11年1着ノーザンリバー(4人気)
11年2着キョウエイバサラ(11人気)
10年1着コスモセンサー(5人気)
09年1着ダブルウェッジ(6人気)
08年1着ダンツキッスイ(5人気)

ほかにも短距離で実績を挙げていた馬も穴で来る。

10年3着レト(8人気)
08年2着エーシンフォワード(9人気)

去年こそ例年調子の悪い距離短縮組が2頭絡んだがペースが1000m1分をこえるスローペースだった。
この年以外はすべてペースは流れていた。

今年はコパノリチャードが速く、これにカシノランナウェイが絡めばHペースになる。

なので狙いは通常通り距離延長組。

と言いたいところだが今年はタガノエンブレムとケイアイヴァーゲ、カシノランナウェイと3頭のみ。

カシノランナウェイは能力的に厳しくタガノもケイアイも若干足りな感じで本命には推しづらい。

なのでこれらは相手に留め本命はカオスモス。

1200mのすずらん賞や1400m京王杯で好走していること、血統が父マイネルラブで短い距離のほうが合うということ。

これらを考慮してカオスモスが本命。

相手は延長組の2頭に前走差し損ねたレッドアリオン。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 19:28:52 | Trackback(0) | Comments(0)
2013 小倉大賞典予想:社台系以外
混戦の小倉大賞典。

過去9年で社台系生産馬が勝てていない。

出走していない訳ではなく11年リルダヴァルや08年ディアビラノビア、07年マルカシェンクなどが人気で負けている。

適性が合わないのだろう。

今回は1番パッションダンス、11番エクスペディションが社台系で軽視。

エクスペディションは小倉記念勝っているだろ、というツッコミがあるかもしれないが距離が2000mで違う。

2000mなら同馬も含め多数勝っているので競馬場ではなく距離が合わない。

狙いはマルカボルトとシャイニーホーク。

マルカは距離短縮と前にいける脚質、ホークは小回りなら1800でもこなせるとみた。


テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 12:23:48 | Trackback(0) | Comments(0)
2013 フェブラリーS予想:王道の狙い
フェブラリーSは毎年来てる王道の狙いがある。

それは東京大賞典、川崎記念など長距離で惜敗している馬。

・前走川崎記念
10年テスタマッタ5人気2着
09年サクセスブロッケン6人気1着
05年シーキンザダイヤ5人気2着

・前走東京大賞典
10年バーディバーディ4人気3着
08年ブルーコンコルド7人気2着
06年ユートピア11人気3着

前走惜敗組を抜粋したが勝ち馬からでもフリオーソやカネヒキリなどが好走している。

去年の7人気1着テスタマッタは長距離惜敗→距離短縮惨敗→フェブラリーS好走とカモフラージュしていたがこれも長距離惜敗組。


今年はワンダーアキュートが当てはまるが人気になるだろうから美味しくないなと思っていたらふたを開けてみてビックリ、7人気という低評価。
実績ならこれだけ低評価になる馬ではないので「状態が悪いのか?」と不安になってしまうが、オッズとしては美味しい。
軽視されている要因としては年齢。
確かに7歳馬以上からは勝ち馬は出ていない。
しかし好走だけならカネヒキリやフリオーソ、ブルーコンコルドなどおり、競争馬年齢が上がってきた今なら問題ない。
馬券は複がメインだが頭も狙う。

相手はグレープブランデー。
この馬はJCDで掲示板、東海Sで勝利を挙げたが、東海S2着だったナムラタイタンがきも。
同馬もJCDを7着に好走していたがその後東京大賞典に出走し4着と掲示板に乗っていた。
このことからグレープブランデーも東京大賞典ないし川崎記念に出走していたら好走(惜敗)していたと思われる。
この馬も長距離惜敗組と仮定して狙う。

この2頭を中心に他の人気どころへ流したい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 11:52:12 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad