■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2012上半期「じゃじゃ馬」ブログ記事ランキング
今年の中央競馬も24日で終了。

次は来年の5日からの開催。

それまで期間があいてしまうので埋め合わせ的な感じで、今年ブログに書いた記事を筆者お気に入りランキングとして発表したいと思います。

5位 4月11日投稿 2012 4月7日福島競馬復興記念観戦記

2011年3月11日東日本大震災の被害により開催できなかった福島競馬場が4月7日に再開した様子をレポートした記事。

帰ってきた福島、やはりいいものです。

4位 2月28日投稿 アドマイヤの障害出走

アドマイヤでお馴染みの近藤利一氏の経済状況悪化に伴い障害出生が増えたという内容を書いた。

ふとした疑問からデータを収集、その結果疑問が確証へ変わるという上手くハマった記事だった。

3位 6月1日投稿 武豊の距離適性

騎手の距離別出走回数を集計し折り合いがつけられるのか否かをデータにて公開した。

今の武豊は長距離に騎乗することが他の騎手より少なくなっており、長距離では依頼しづらいが短距離ならまだまだいける、と予想し安田記念ではローズキングダムに本命をうつも惨敗。

しかし約半年後同じ1600mのマイルチャンピオンシップを制することになるとは…。

2位 2月10日投稿 ダービーはどうせスロー

こちらもふと思った疑問をデータにて証明した記事。

社台系の飽和、トレンド血統による脚質の偏り、外国人騎手の活躍、などをあげて現在のスロー慢性を証明した。

今年は2011年有馬記念ほど酷いスローはなかったので良かったと思ってはいるが。

1位 3月20日投稿 今回のオルフェーヴルについて

阪神大賞典で2着に負けたオルフェーヴルについていろいろ書いた記事。

時系列単勝売り上げ数や、暴走についてのこと。

そしてペースメーカーについても書いた。

その時はありえないと書いたが実現するとは思ってもみなかった。


総評として疑問を解決すべく調べた内容なんかは後で読んでも「良いこと書いてんな俺!」なんて自分で勝ってに思ってました。


下半期も時間をみて書きたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

競馬 | 12:12:19 | Trackback(0) | Comments(0)
2012 有馬記念予想:単勝を狙え
有馬記念の予想は正攻法かつスパイスを。

まずは年齢。

過去10年で5歳以上で勝利した馬は09年ドリームジャーニーのみ。

更にこのデータへスパイスを加える。

5歳以上だと3歳4歳と有馬記念へ出走している場合3回目の出走になるが、その3回目の出走の着順が過去の着順を上回った馬はいない(過去複勝圏内に食い込んだ馬のみ)

要するに最初に出走した時の着順より悪くなっていってるということ。

これに当てはまる馬は多く

11年ブエナビスタ(2人気7着)
10年ドリームジャーニー(4人気13着)
09年マツリダゴッホ(3人気7着)
05年ゼンノロブロイ(2人気8着)

と有馬記念を制した馬ですら3回目は着順を下げている。
10年前以上ではあのテイエムオペラオーも3回目で1人気5着と敗れている。

あとイレギュラーでタップダンスシチーが1年飛ばしで2着→8着→2着と横ばい、リンカーンが2着→無→3着と馬券内に入っている。

2回目の出走ですら5歳以上では着順を上げるのは難しく、上がったのは09年ドリームジャーニーのみ(08年4着→09年1着)
ちなみに上がってはいないが横ばいの馬はダイワメジャー(06年3着→07年3着)とエアシェイディ(08年3着→09年3着)がいる。

これはどういうことかというと、3歳から1線級で活躍していた馬は3回目の出走の時は既に力が衰えているということ。

5歳以上では過去の実績より良くて横ばい。

唯一タップダンスシチーだけは3回目でも2回目の着順を上回り2着と好走しているが、同馬の有馬への初出走が5歳の時。
晩成タイプだからこそなしえた訳で、3歳から活躍している馬には厳しい。

今回これに当てはまるのは人気になっているルーラーシップ(3歳6着、4歳4着)とエイシンフラッシュ(3歳7着、4歳2着)トュザグローリー(3歳3着、4歳3着)
エイシンフラッシュは去年2着なので今年はそれと同じかそれより下なので単はない。
ルーラーシップは過去馬券に絡んでおらずもしかしたらタップダンスシチーのパターンもありえなくはないが、データ上は4着以下なので本命はまずない。
トュザグローリーは買うなら3着の馬だがこのデータ上でも3着以上では買いづらい。

他の5歳以上ではダークシャドウやビートブラックがいるが共に晩成ではなさそうなのでこれも単はなさそうだ。



次は生産牧場。

[1-6-3-23]

いきなり問題だがこの数字はなにを表しているだろう。

答えは過去10年のノーザンファーム出身馬の有馬記念での成績。

たった1勝(05年ディープインパクト)しかしてないのだ。

対して社台ファームは

[3-2-5-18]

と3勝している。

他のG1ではノーザンファーム>社台ファームだが有馬での立場は逆のようだ。

当てはまる人気馬はルーラーシップ。

ここでもルーラーシップは頭では狙いづらい。


以上のデータで単勝を狙える条件をまとめると

・4歳以下
・ノーザンファーム以外(ルーラーの単を消すだけのデータか??)

で残った馬が

・スカイディグニティ
・オーシャンブルー
・ゴールドシップ
・ナカヤマナイト
・ルルーシュ

この中ではゴールドシップはやはり注目で穴ではルルーシュ(藤沢厩舎)が狙い。

馬券はゴールドシップ頭で穴目に流す3連単。
ルルーシュは単勝と馬単。

他の4歳以下の馬も単勝を抑える。

今年の有馬記念は「単勝」にこだわって買いたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 02:45:03 | Trackback(0) | Comments(0)
2012有馬記念:3日間開催時の売り上げ
今年もやってまいりました有馬記念。

終わりよければすべてよし、と言いたいところだが今年は有馬記念の翌日にも競馬が組まれており3日間開催になっている。

これはJRAが売り上げアップを見込んでのものだと思われ、新しい試みはどんどんやって構わない。

だが、実際のところ売り上げはどのように変化するのか?

予想としては、最終日に向けて資金を確保しておかなければならない為、有馬記念の売り上げは下がる、しかし3日間全体を考えれば売り上げは上がる。

これを検証する為、調べてみた。 

調査の対象となるのは毎日王冠が行われる10月の1週目の競馬。

この週は3日間開催が行われており、これら各年の開催日別(東京のみ)及びメインレース毎日王冠の売り上げを表にまとめた。

 1日目2日目3日目合計毎日王冠
20127,448,136,00014,345,645,8008,846,946,80030,640,728,600 7,388,657,200
20117,395,072,20013,245,748,00016,608,262,80037,249,083,000 6,320,220,900
20107,734,056,70012,288,232,200 20,022,288,900 5,079,290,800
20098,270,754,90014,618,372,500 22,889,127,400 7,140,381,100
20088,844,056,20015,727,923,600 24,571,979,800 7,695,414,600
20078,853,232,50015,461,735,50010,268,787,10034,583,755,100 6,892,820,700
20068,935,757,40015,513,055,100 24,448,812,500 7,212,683,300


結果、合計は3日間開催のほうが1日多い分売り上げも増えている。

予想していた3日間開催時の2日目メインの売り上げが落ちると思ったがそうでもない。

メインはメンバーさえ揃えば2日間だろうが3日間だろうが売り上げは伸びる。


今回のJRAの戦略はここら辺の結果に基づいてのものではないだろうか。

私自身としても有馬記念はあまり得意ではないので巻き返せるチャンスが増えたと喜ばしい事とは思っているが。



有馬記念の予想は今はまだ固まってはいないので後日公開しようと思ってはいるが、気になっているのはルルーシュ。

理由は、アニメ「コードギアス」をDVDにて観ているから(分からない人はすいません)

まぁこんな買い方でも当たるのが有馬記念。

枠が決まったのでもう少し予想を煮詰めたい。

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

データ | 23:55:28 | Trackback(0) | Comments(0)
2012 朝日杯FS予想:血統とステップ
今年の競馬も早いものであと2週。

最終週の有馬に向けて先週の流れを妨げないようつなげたい。


今回は血統とステップレースからのアプローチ。

まずは血統。

今のG1はサンデーの血で埋め尽くされているが、このレースでは扱いに注意。

父側に入った場合はどうも振るわない傾向にある。

過去10年の優勝は06年ステイゴールド産駒のドリームジャーニーのみ。

人気では10年サダムパテック(1人気4着)や11年クラレント(2人気7着)、06年オースミダイドウや04年ペールギュントも1人気で3着に負けるなど相性が悪い。

今年はフラムドグロワールやテイエムイナズマ、ネオウィズダムしかいないがこれらは軽視したい。

母側に入ると逆に相性が良くなり、11年アルフレード、10年グランプリボス、09年ローズキングダム、08年セイウンワンダー、05年フサイチリシャールと勝ちまくっている。

今年はコディーノ、ゴットフリート、ロゴタイプと有力馬が揃っておりこれらを軸に馬券を組み立てる。


次にステップレース。

東スポ杯は今回人気になってる馬を買っておけばだいたい来る(来なかった馬はサンデー系)

問題は京王杯組。

例年であれば好走組を素直に評価し、負けた組は消しで良かった。

しかし今年は狙いを変える。

理由としては京王杯のレース上りが1~7着までほぼ差がなかったからだ。

過去の京王杯上位組はしっかりとした脚を使い、力の違いを示せていた。

しかし、今年はそれがない。

レースの上がりが速かったので差がつかなかっただけの可能性はもちろんあるが。

上がりだけを見れば上位と下位の力差はオッズほどないとよむ。

こうなると本来は下位の馬を狙うのだが、それらの馬は外枠かサンデー系か10着以下の惨敗かでちょっと買いづらい。

したがって今回は京王杯組はすべて軽視する。

残ったティーハーフとワキノブレイブは距離が長いとみて軽視。


結果、印は

◎コディーノ
〇ゴッドフリート
▲ロゴタイプ
△クラウンレガーロ

これで勝負したい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 18:34:51 | Trackback(0) | Comments(0)
2012 阪神JF予想:
まずはジャパンカップダートの回顧から。

逆張りとか言って裏を突いたつもりが実はオモテでした(笑)

ってあまり笑えません。

最近のブログはG1シーズンに便乗して重賞予想しかしてませんが、その予想がこれっぽっちも当たらないのであれば存在価値が・・・。

かといってどんなに予想を頑張っても自分の能力以上のものは出せないわけで。

なのでとりあえずは今まで通りの予想アプローチでいきたいと思います。


阪神JF予想

今回はレース前日8日の阪神の結果から。

朝日杯チャレンジカップはテンが1000m58.6とそれなりに流れ、上がりのかかる競馬に。
人気だったディープ、タキオン産駒は惨敗。

そして同じ距離だった3Rの2歳未勝利戦も同じくテンが1000m58.6。

10R六甲アイランドSも上がりがかかり差しの決着。


これらはペースによるものであって馬場が関係しているわけではない。

なので阪神JFに繋がるかというと疑問ではあるが、ペースの傾向は上記の状況ではあるのでこの「ペース」を軸に予想する。

もちろん予想はハイペース。

前哨戦の新設重賞アルテミスSはスローの決め手勝負。

ここで好走したコレクターアイテム、アユサンは人気になりそうだが軽視する。

逆に狙いたいのがファンタジーS組。

1着だったサウンドリアーナはデイリー杯でコレクターアイテムに遅れをとったが上がり勝負でのもの。

前走も34.5でまとめてはいるが1400でのもので、上がりがかかれば適性が上がる。

血統的にもサンデーの血が流れていないことが何よりの証拠。

2着のローブティサージュも同じことが言える。



例年はファンタジーS組は苦戦を強いられているが今年は違う。

馬券はこの2頭の単勝。

このG1で常連のノーザン系クラブ馬だが今年は本命のサンデーレーシングが出走していない。

勝つなら今年だ。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 18:15:40 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad