■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2011有馬の感想、福島競馬場の今、中央とローカルの温度差の三本立て
今日の有馬記念、福島競馬場にて観戦してきました。

まず有馬記念の感想から。
ブエナビスタこそ残念な結果に終わったが、三冠馬オルフェーヴルが勝ち、4歳勢のダービー馬が復活、来年現役続行の馬が好走し、結果だけ見れば良かったかと思う。

しかしレース内容はさすがにスローすぎて面白みを欠けた。
予想した通りアーネストリーが前に出るも逃げたがらず外を回す。
もりかえしてきたヴィクトワールピサも行きたがらず抑えて結局アーネストリーが行く形に。
1コーナーでは歩いてるのか!?と思えるような速度で流れ実際ラップを確認すると14.4、14.3と新馬戦か!?と突っ込みたくなるような数字。
これで前が残れないのだからレースというのは分からない。

謎なのはなぜアーネストリーがそこまで逃げたくなかったのか。
スタミナに不安はあったもののこの展開であれば切れ負けするのは目に見えていた。
タップダンスシチーのように逃げてもし撃沈してもファンは納得した(関係者は分からないが)
そうなればレースが締まってもう少し面白いレースになったと思われるが。

スローが今の競馬と言われればそれまでだが、今回の有馬記念も売り上げ入場者ともに減とファン離れに歯止めがかからないだけに、もう少し面白いレースを見せてもらえればと思う。


あと、福島競馬場の今を。
1Fフロアまでしかあいてなく2Fより上、及び屋外は閉鎖されていた。
工事中となっていたのでまだ修理が終わってないらしい。
1Fでも天井にシートがかぶっている部分もあり4月までには間に合うのかと思ってしまう。

そして有馬は1Fフロアしか使えないことから人が混雑し座ることどころか壁に寄り掛かる場所すらなかった。
クリスマスということでカップルもポツポツ目に付いたが競馬をあまりやらない彼女であったらいるのですらキツイ場所であったのは間違いない。
その人達には福島競馬場が開催してきれいになった競馬場にまた連れてきてもらえればと思う。


最後に中央とローカルの温度差を語りたい。

G1は現地ならファンファーレとともに新聞で拍手をして盛り上がるのが当たり前の風景と思われる。
が、しかし福島では屋外のターフビジョンがなくモニターでの観戦だったからかなんなのか拍手をしている人は皆無。
ゴール前も特に声が上がらずほんとG1か?と思えるような感じだった。

レース終了後にブエナビスタの引退式がモニターで流された。
現地ではファンがスタンドを埋め尽くしフラッシュで煌びやかに輝いている。
しかし福島ではモニターを眺めている人はほんの十数人。
20人いなかったと思う。
確かに現地とモニターでは差がある。
しかし、ファン投票1位で愛されていたブエナビスタが引退するというのにこの寂しさ。
理由としては目の前で走りを見たことがないためにそれほど馬に愛着が沸かないのか。
上で書いた売り上げや入場者数も危ういがこの状況にも危機感と寂しさを覚えた。

以前東京競馬場に引退したオグリキャップやシンボリルドルフを呼びファンから好評を得ていたがこのサービスは福島などのローカルにこそ実行すべきではないか。
福島ではG1は行われないしG1馬すら見れないのだから。
なので例えば活躍している馬の父親を呼ぶ。
ブエナビスタの父スペシャルウィークやアーネストリーの父グラスワンダーなど。
これなら馬にも愛着が沸くし、血統にも更に興味が沸く。
B級の芸人を呼ぶよりよっぽどいいと思われるのだが。


今年は震災でいろいろ大変な年だったが競馬界では三冠馬やDWCを優勝など明るいニュースもあった。
来年は今年より面白い、盛り上がる競馬に期待したい。

スポンサーサイト

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

競馬 | 22:29:23 | Trackback(0) | Comments(0)
2011有馬記念予想:レースを作れない
オルフェーヴルかブエナビスタか両方か。

馬連が4倍つかないので同じ金額なら他に2頭まで流せるが。

しかし3連単も買いたい…。


と、独り言で始まった今回の記事。

みなさんも同じように悩んでいると思う。


いろいろな情報が飛び交っていて、このブログで新たなデータを公開できるようなネタはもうない。

唯一気になっているのがレースを作る馬がいないこと。

先行するアーネストリーが主導権を握るかといえばそれはなさそう。
成績をみてもわかるようにこの馬は1度も逃げたことがない。

あとは外国人騎手だがイメージとしては積極的な競馬をしている。
しかし、G1で逃げたことがあるのは外国馬を除くと10年のダービーのアリゼオのみ。
外国人騎手はレースは動かせるがレースは作れない。


予想は一応週中に公開したデータや展開を考慮して下のようになった。

◎ オルフェーヴル

○ ブエナビスタ

▲ ヒルノダムール

△ ヴィクトワールピサ、エイシンフラッシュ、トーセンジョーダン、アーネストリー


◎オルフェーヴルはブエナビスタと比べマイナス要素が少ないので上位とした。

そして▲ヒルノダムールは人気、小回り適性、レース過程、そして男藤田伸二にて抜擢。

馬券は◎、○の1,2着で▲△3着の3連単を抑え。
本線は▲の連対までの食い込みを期待。
あとは◎と○が連を外した際の▲から△への馬連も買っておきたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 10:16:43 | Trackback(0) | Comments(0)
2011有馬記念予想(2):疲労度合
よく有馬記念の予想で語られる

「秋4走目だから目に見えない疲れが気になる」
「前走好時計の反動が気になる」

確かに実際疲れはあるだろうし反動もあるだろう。

その疲労度合、馬券的妙味としてはどうなのだろうか?

有馬記念はその類のことで人気が特に左右されやすいレース。
それで人気を落とすようなら逆に買いの要素が出る。

なので今回は叩き?走目の成績と前走のペース別の成績を調べた。

まずは叩き?走目。
※データは過去10年、数字は1着-2着-3着-着外 勝率-連対率-複勝率-単勝回収率-複勝回収率

休み明け  0-0-0-3 0-0-0-0-0
叩き2走目  1-0-2-11 7-7-21-18-68
叩き3走目  4-4-3-35 9-17-24-54-59
叩き4走目  4-3-4-36 9-15-23-141-122
叩き5走目  1-1-1-8 9-18-27-64-373
叩き6走目  0-1-0-19 0-5-5-0-62

勝つには叩き3,4走目がいいところ。
回収率は4走目のほうがよいが単回は07年マツリダゴッホ、複回は08年アドマイヤモナーク、09年エアシェイディが引き上げている。
穴を狙うなら叩き4走目でも問題ない。
しかし人気になると別で
10年ペルーサ(3人気)
09年マツリダゴッホ(3人気)
08年マツリダゴッホ(2人気)
07年ポップロック(2人気)ウオッカ(3人気)
06年ドリームパスポート(2人気)
01年テイエムオペラオー(1人気)
と近年は人気馬が馬券圏外へ負けている。

対して叩き3走目は
07年メイショウサムソン(1人気)
05年ゼンノロブロイ(2人気)デルタブルース(3人気)
03年タップダンスシチー(2人気)
01年メイショウドトウ(2人気)
と飛んでる回数はさほど変わらないが近5年で比べれば07年のみ。

やはり4走目となると疲労度は高くなり凡走の危険性が上がるようだ。
今年でいえばトーセンジョーダンが札幌を使っての秋3走目なので微妙なところだ。

ちなみに叩き3走目の穴は08年エアシェイディ(10人気)のみなので穴は期待しづらい。

2走目は08年ダイワスカーレットが勝ち04年シルクフェイマス(9人気)02年コイントス(8人気)が3着に入っているがここ5年は不調なのでちょっと手を出しづらい。

5走目は01年アメリカンボス(12人気)10年トゥザグローリー(13人気)がいるので大穴ならここか。


叩き?走目の狙いとしてはオルフェーヴル、ブエナビスタは安定でトーセンジョーダンがちょっと怪しい。
穴なら4走目のローズキングダム、ジャガーメイルあたりか。


前走ペースによる成績は次の機会に。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 08:13:27 | Trackback(0) | Comments(0)
2011有馬記念予想(1):有力馬の血統によるコース適性
今週末に行われる有馬記念。
今年は女傑ブエナビスタVS三冠馬オルフェーヴル。
他にも天秋1着JC2着トーセンジョーダン、DWC1着去年有馬1着ヴィクトワールピサ、宝塚1着アーネストリーと勢揃い。

天秋、JCと古馬戦線2連敗中と振るわない成績だったので是非とも笑いたい。
なのでいろんなアプローチで的中を目指す。

人気はブエナビスタ、オルフェーヴル、トーセンジョーダンか。

これらの馬の中山適性について調べたい。

まず各馬の中山実績は

ブエナビスタ:勝鞍はないも有馬記念連続2着
オルフェーヴル:2着には負けているが本格派前
トーセンジョーダン:4戦3勝と好成績も相手が

とこれといって得意不得意が分からない。

なので血統(父親)から適性を調べてみた。

データは芝1600万条件以上の各競馬場の成績
数字は1着-2着-3着-着外 勝率-連対率-複勝率-単勝回収率-複勝回収率


まずはブエナビスタ(父スペシャルウィーク)

中山 3-10-7-115  2-10-15-9-62
東京 10-10-6-113 5-10-14-28-39
京都 9-12-9-115  6-15-21-41-68
阪神 14-13-9-139 8-15-21-123-90

中山と中山以外のコースでは差がでかい。
この数字だけ見れば間違いなく苦手と言える。
中山の3勝はマイル戦と2・3歳限定戦。
古馬のレースでは勝ちはなくやはり苦手だと思われる。


次にオルフェーヴル(父ステイゴールド)

中山 8-8-6-54  11-21-29-83-91
東京 11-2-8-94  10-11-18-99-72
京都 4-7-6-87  4-11-16-56-77
阪神 14-4-8-72  14-18-27-210-87

中山は出走回数は少ないも8勝となかなか。
複勝率も一番高く得意と言える。
8勝の中身はドリームジャーニーの有馬記念を含め、ナカヤマフェスタ、フェイトフルウォーと重賞活躍馬が揃う。


最後にトーセンジョーダン(父ジャングルポケット)

中山 7-3-5-45  12-17-25-93-63
東京 13-9-9-78 12-20-28-86-101
京都 9-8-5-72  10-18-23-118-93
阪神 6-5-6-70  7-13-20-117-59

中山ではそれなりの成績は残しており苦手ではないがやはり東京、京都のほうが数字が良い。
勝鞍はトーセンジョーダンとダイワファルコンで4勝しており全体としてはそれほどでもない。


以上から血統からのコース適性順位付けは

1、オルフェーヴル(ステイゴールド)
2、トーセンジョーダン(ジャングルポケット)
3、ブエナビスタ(スペシャルウィーク)

となる。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 23:49:55 | Trackback(0) | Comments(0)
2011 朝日杯FS予想:新種牡馬の成績と前走条件戦の扱い
2011年の新種牡馬といえばダイワメジャーとアドマイヤムーン。
2頭とも重賞ウイナーを輩出し、暮れのG1にも人気馬を出走させている。
朝日杯にもアドマイヤムーン産駒は6番スノードン、13番ハクサンムーン、15番レオアクティブ。
ダイワメジャー産駒は16番ダローネガが出走している。

では過去10年のG1(阪神JF、朝日杯FS)で新種牡馬はどのような成績だったのか。
20レース中勝ち馬は2頭。
06年阪神JFウオッカ(父タニノギムレット)
05年朝日杯FSフサイチリシャール(父クロフネ)
ウオッカはその後の成績を見れば勝って当たり前位の馬で、更に勝った年は阪神競馬場の改修直後のレースでイレギュラー的な部分もあった。
フサイチリシャールのほうはどうか。
フサイチ自身はその後成績が振るわずぽつぽつと好走する程度だった。
そしてその年の朝日杯FSの2着馬はスーパーホーネット。
スーパーホーネットは決して弱い馬ではないが、当レースで他の年とは違う部分がある。
それは過去10年でスーパーホーネットのみ前走500万から連対できたという点。
例年であれば500万から連対は厳しくほとんどがオープン重賞から。
要するに

「フサイチリシャールが勝てたのは前走500万出走馬が連対できるくいらいのレースレベルだった」

ということ。

新種牡馬が勝てるかどうかというのはその年の他馬のレベルが影響してくるといえそうだ。


今年はと言うと東スポ杯上位馬が未出走、他も前走500万組が多くレベルが高いとは言えないメンバー構成。
では今年は例外で新種牡馬の勝利及び前走500万組が好走できる。
と言いたいが、そうするとほとんどの馬に目を向けなければならず絞り切れない。

なので今年も例年通り新種牡馬の単及び前走500万条件組は外し馬券を組み立てる。
狙いは1番サドンストーム。
シンプルに1枠が有利。
能力はスピード寄りに偏ってる印象で延長はプラスでないかもしれないが中山マイルならこなせると思われる。
ここから重賞出走組に流したい。



一応条件戦組から狙い馬を選ぶなら10番ジョウノバッカス。
今のところ最低人気だが、前走もちのき賞は出走馬レベルが高かった。
もちろん芝をこなせるかどうかだが血統はタキオンなので問題なく、前走中盤が緩む展開を差し切っているのでキレはある(ダートでだが)
騎手が戸崎と不気味で森調教師もダート→芝変わりは得意としている(印象がある)
もちろん例年通りのレベルならまず通用しないが今年なら一発あってもおかしくはない。


テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 16:17:44 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad