■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

シンボリクリスエス ダート データ
ダートでは初年度にサクセスブロッケンを出し、ダートでも走れると認知されていると思われるシンボリクリスエス。
実際今年の成績は芝よりダートのほうが勝利数が多い。
その産駒のダートのデータを調べてみた。


大きな特徴として1番人気で2着に取りこぼすことが多いこと。
1番人気の勝率は28%と平均以下だが連対率は55%と平均以上。
数で表すと1着と2着がほぼ同数となる。
通常は1着の数は2着の1.5倍くらいになるのでやはり2着が多く取りこぼしていることが多い。
牝馬と未勝利戦では特に多いので注意が必要だ。
あとは人気薄はなかなか走らず率は悪いので展開が向く等がなければ軽視が良い。



次はクラス別に。

まずは新馬戦。
この条件は人気馬の成績が良く複勝なら1~3人気ベタ買いでプラスになる。
その中でも「2歳戦、中距離、関西馬」のいずれかなら数字はアップする。
そして特注の条件が「奇数番」
なぜか分からないがとにかくすごい数字で1~3人気の奇数番は複勝率80%をこえる。
逆に偶数番は33%しかない。

なので奇数番だけ狙えば問題ないかもしれない(理由が掴めないのでいつこの傾向が変わるか分からないが)

未勝利戦。
ここは先に書いたとおり1番人気の単は買いづらく2番人気も良くない。
人気どころの複に関しては安定感が高いので軸には最適だ。
他の特徴としては
・馬体重は大きいほうが率がよい
・先行馬は単なら中~外枠、複なら内~中枠と狙いが違ってくる
・1700mでの頭は厳しい

500万。
ここでは1番人気の数字は平均まで伸びる。
1勝出来るくらいの能力があればしっかりとした末脚を繰り出せるからだろう。
あとこの条件になると内枠の成績が悪くなる。
スッと動けるタイプでないだけに包まれると厳しい。
距離も短距離ではスピードが通用する馬が少なくなり、成績も悪くなる。
未勝利で逃げた馬が昇級で人気になっている場合は注意。
降級戦と休み明けの成績がよい。

1000万。
ここも同じく人気は安定して走る。
短距離はもうスピードが足りないのでほぼ出走がなくあっても通用しない場合が多い。
そして場所で面白い傾向が。
中山と阪神でまったく勝てないのだ。
イメージとしてパワー型と認知していたが力のいる馬場では成績が悪い。
活躍馬のサクセスブロッケンも力のいる地方ではなかなか勝てずも東京でG1を勝ったし、現在活躍しているランフォルセも成績は安定しているが唯一師走Sで謎の凡走をしている。
本質としてはパワー型ではなくスタミナや底力が高い産駒が多いのではないかと思われる。


以上まとめると

・スピードはないので短距離では軽視
・単は買いずらい
・本質はパワーではなくスタミナタイプ


人気の場合は上手く着付した3連単を狙えれば美味しい種牡馬になりそうだ。

スポンサーサイト

テーマ:競馬【各種分析】 - ジャンル:ギャンブル

データ | 20:40:21 | Trackback(0) | Comments(0)
キングカメハメハ ダート データ
ローズキングダムやアパパネ、ルーラーシップ、トュザグローリーなど現4歳馬を中心にクラシックで活躍する馬を輩出し、リーディングサイアーを独走中のキングカメハメハだが勝ち鞍の半分はダートで挙げたもの。
そのダートでどんな傾向が出ているのかを調べてみた。

全体的な成績としては

勝率10% 複勝率30% 単回85% 複回85%

とまずまずの結果を残しており狙いやすい種牡馬と言える。

まず特徴として人気馬は安定で走る。
単勝10倍以下の複回は約90%以上の成績を残しており取りあえず人気のキンカメは買って損はない。
その中でも得意なのが未勝利戦で1番人気の成績は
単勝50% 複勝率80% 単回112% 複回99%
と驚異的な数字を残す。
これは前回のブログで挙げたマンハッタンカフェの数字をゆうに上回る。
「キンカメ=未勝利=1番人気」には基本逆らってはいけない。
未勝利戦では他の人気も狙い目があり5番人気までは率が高く軸として狙え、6~10人気までは穴で1発を期待できる。
一応人気で狙い目が下がる条件は次。
・前に行く脚質での1枠の単
・1700mでの単
・関東圏のローカル競馬場
・短距離の差し馬
・キャリアを積んでいる馬の単(8戦以上)
・間隔を詰めている馬
これらは率を下げるので勝負はしずらいがそれでもそれなりの数字は残しているので抑えは必要。

500万条件は未勝利と比べると単回が落ちるものの複勝率や複回は遜色ない。
特に1番人気は条件によっては未勝利戦の数字を上回る。
その条件は外枠。
7,8枠に入った場合は勝率は60%を超え、単回も160%を超えるというすごい状態になっている。

展開やローテーションなど細かいことは予想せず、まず見つけたら勝負が吉。
外枠は5番人気までなら好成績を残しており人気に推される力がある馬なら十分勝負できる。
ちなみに500万の1200mでは逃げ馬の数がガクッと少なくなる。
これは産駒全体の特徴としてスピード能力が高くないことを示しており、気性的に短距離しか走れない馬は展開に恵まれないと勝ちきれないので注意。

1000万になると能力的に頭打ちになる馬が多くなり、1番人気に推されるくらい力がなければ勝ちきれない。
その勝てる1番人気でも率は悪く勝率25%複勝率56%単回49%複回69%と並以下に落ちる。
狙いとしては対抗に当たる2~4人気の複勝。
ここは複回が100%近くありここを軸にして人気薄に流す馬券が良さそうだ。



基本的な知識として、下級条件なら力があれば安定して走れるので狙えるが条件が上がると産駒全体的に砂が得意ではないため通用しずらくなる。
特にスピードは高くないため短距離や内枠で揉まれるような形になる場合は狙いを下げる、といった対応でいいと思われる。


P.S

今回は文章に色をつけてみました。
赤は重要項目青は注意項目。

ここを覚えてもらえれば他の項目は読まなくて大丈夫(笑)

てことはないですけど、色のついたところを重点的に覚えてもらえればと思います。


テーマ:競馬【各種分析】 - ジャンル:ギャンブル

データ | 22:06:30 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad