■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

近況と宝塚記念回顧
最近引越しをしていましてネットに繋げず更新が滞ってしまいました。

夏競馬に突入し、新馬戦もスタート。
例年なら夏の福島を楽しみにしているはずが・・・。
その分秋に楽しみにしていたのですがなんと秋も中止に。
ものすごく残念ですがしょうがありません。
なので7月10日に福島競馬場から中山競馬場へ日帰りツアーが組まれているので単騎乗り込む予定です。
もし行かれる方がいましたら良ければ声を掛けて頂ければ幸いです。

あとは宝塚記念の回顧を。
アーネストリーが好時計で優勝。
人気のブエナビスタはまた届かず2着。
3着はエイシンフラッシュが入った。

よく初G1は宝塚記念という馬が多いがそれはなぜか?
それは非根幹距離2200mで行われる為と思われる。

クラシック及び古馬G1のほとんどは根幹距離で行われる。
その為、適性の違いにより力はあるが勝ちきれなかった馬が活躍できる。

更に社台系の生産者はクラシックに重点を置いていると思われるので成績は伸びない。
2000mで行われる天皇賞秋と比べると差が分かる。

社台系の成績(過去11年)
宝塚記念 3勝2着4回
天皇賞秋 4勝2着7回
(さほど差はないが回収率が違う)

なので天皇賞秋は宝塚記念で負けた社台系の馬の巻き返しに期待し今回勝利したアーネストリーは評価を下げる手が有効と今の段階では考えている。

スポンサーサイト

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

競馬 | 18:56:15 | Trackback(0) | Comments(0)
ステイゴールド産駒 ダート戦 データ
ダービーでオルフェーブルが優勝し評価が鰻上り、注目度が高まっているステイゴールド産駒のダート戦について調べた。


まずは距離。
短距離はスピードがないのでほぼ買えないレベル。
しかし、芝からの転戦や距離短縮などの条件変更での出走なら狙える。
特に芝→ダートで人気に推されれば複勝67%と高い数字を残している。
ちなみにダート→ダートだと複勝33%と半分しかない。
ということで条件変更で好走→同条件で凡走というのが狙い目。

中距離はまずまず。
だが狙えるのは人気馬のみ。
しかも1番人気は成績が悪く複勝で33%しかない。
なので狙いは2~5人気の対抗単穴付近になる。
後は内枠、牝馬が走らない。
高条件で走っているシルクメビウス、アクセルファイヤーこそ内枠、牝馬で走っているが本当に力がなければまずいらない。
間隔は開いたほうが良く休み明けがいい。
前走負けた馬でも平気で巻き返してくるので人気が下がっているなら逆に美味しい(下がりすぎは軽視だが)
あと短距離と違って条件変更がプラスにならない。
芝→ダートはダート→ダートの半分の率(回収率も含め)しか残しておらず、距離変更も同距離に比べ落ちる。
そして面白いのが前走脚質。
通常ダートでは前にいかないと勝負にならないので前にいった馬が有利そして人気になるが同産駒は前走後ろの組のほうが好走率が高い(回収率も五分)
後ろの脚質で軽視されているなら狙って美味しい。

他のデータは
・夏が苦手
・関西圏での競馬が強く関東は弱い(新潟、福島ではここ5年で勝ち星なし)
・関西馬が強い
・4歳の成績が良い

これらのデータで買えるところはあったが「ステイゴールド産駒はダートは苦手」というのは間違いないので、買う場合は少額で消す際は思い切って消し他の馬で勝負、が良いと思われる。



おまけで芝のデータも少々。

・短距離は苦手
・人気馬の安定感は抜群
・重馬場が走れる
・枠は人気ならどこでも、人気薄なら内枠が良い
・人気を買うなら小頭数が良く、人気薄なら多頭数
・穴ならキャリアはあったほうが良い、間隔が開いたほうが良い
・距離変更の人気馬が走る。

※特注 ダート→芝 1~5人気 勝率21% 単回200円 複勝率64% 複回167円

テーマ:競馬【各種分析】 - ジャンル:ギャンブル

データ | 11:14:53 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad