■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2010 11月27・28日 重賞予想
・京阪杯

狙いはティファニーケイス、ストリートスタイル。

ティファニーケイスは連勝中にも関わらず人気がない。
前走負かしたレディルージュを物差しにすればここでも力は足りる。
同型のエーシンの出方次第だがうまくいけば単騎逃げも。

ストリートスタイルはアドマイヤベガ産駒なので一変が期待出来るる。
セントウルの内容から前が崩れれば。

2頭は脚質が逆なので2頭の単複を買いたい。

・ジャパンカップ

1番人気が安定して走るので馬券はブエナビスタから。

相手は切れ味勝負が得意か上がりがかかったほうが得意かで組分けをする。


切れ味勝負組はローズキングダム、ペルーサ、ジャガーメイル、エイシンフラッシュ。
これらは上がり勝負が得意だがブエナビスタを切れ味勝負で負かすのは無理と考え、ブエナビスタを1着、他を2、3着に置いた3連単を買いたい。

上がりがかかったほうがいいのはヴィクトワールピサ、ナカヤマフェスタ、オウケンブルースリ。
ブエナは上がり(時計)がかかった2戦は負けているので、この組なら逆転まである。

馬券はこの組の馬連ボックス、ブエナの2着付けの馬単で。

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 20:04:09 | Trackback(0)
2010 11月20、21日重賞予想
・福島記念

荒れる福島。
実績では天皇賞7着トウショウシロッコだが人気で走る馬ではないのでここは危ない。
ディアアレトゥーサは斤量が魅力で3歳牝馬はレベルが高いらしいが反動が気になるので抑え。
ミステリアスライトは忙しい小回りは合わない。

本命はナムラクレセント。
ハンデ頭も力は上。
レースの格が上がると走るタイプなのでオープン→G3の過程が良い。

相手はサニーサンデー、アルコセニョーラの福島実績馬。
穴は条件勝ち後頭打ちになった馬がここで激走するパターンが多いのでイケトップガン。

・東京スポーツ杯2歳ステークス

人気が割れてる様子。
予想にも決めてがなくとりあえず大荒れはないと思うので人気の関西馬を買っておけばレースを楽しめる。

・マイルチャンプオンシップ

人気所が信頼しずらいので狙いは穴。
距離延長組が2、3着まで届くのでエーシンフォワード。
去年冬~今年春までの実績があればここなら通用する。

後は前哨戦として結果を出している天皇賞組のオウケンサクラ。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 01:19:03 | Trackback(0)
2010 11月13、14日重賞予想
ご無沙汰でした。

ブログの内容を重賞予想から変更してデータ収集を公開してきたのですがなかなかデータが集まらず、ブログの更新がままならないのでこれからは重賞も予想し、データが集まり次第そちらも公開という形でいこうと思います。

・京王杯2歳ステークス

去年は朝日杯2着エイシンアポロンや阪神JF、秋華賞2着アニメイトバイオとその後活躍した。
以前は全く活躍馬が出ず東スポ杯と格付けを交換したほうがいい、との話が出たくらいだったが頭数さえ揃えばある程度格好はつくようだ。
今年は15頭、メンバー的に現時点では抜けた馬はいないがはたして?

狙いはエーシンブラン。
仕上がりが早く2歳戦向きとされているエイシン、エーシンだが同レースへの出走は07年以前は無いに等しい状況だった(詳しく調べてはいないが)
それが08.09年と出走してきた途端に1勝3着1回と結果を出してきた。
オーナーの方針が変わった為と推測される。
そして今年もエーシンブランが出走。
当然注意した方がいい。
それ以外に戦績でも差す競馬や前走は逃げの手を打つなど脚質に幅が出ており現状では完成度は高い。

穴はジンクアッシュ。
小倉2歳は道中不利、前走は内枠で出遅れ。
アグネスタキオン産駒なので道中揉まれずスムーズに運べれば巻き返しを期待できる。


・武蔵野ステークス

1番人気であろうケイアイガーベラが近走レース内容的には抜けているが問題は距離をこなせるかどうか。
それほど飛ばす馬もいないので問題ないと見る。
相手は中距離実績組。
出走馬の多くはベストが1400という馬が多く東京のマイルはタフなので厳しいのではないか。
それなら中距離路線のスタミナのある馬を狙う。
バトードール、バーディバーディの3歳馬に連闘のナニハトモアレが面白い。
そして馬券的にはノータッチだが横山典の復活とシルクフォーチュンの末脚が興味深い。


・エリザベス女王杯

3冠を達成したアパパネを筆頭とする3歳勢に近年レベルの高い牝馬において唯一谷間となっている5歳勢の争い。
ブエナビスタ、レッドディザイアを有する4歳勢の出走が少ないのも面白い図式になっている。

去年のような大荒れは稀だが狙うならブライティアパルス。
前走は大敗だが外枠で流れに乗れなかったで片付けられる。
逆にダメージが残らないと考えれば良い。
距離も2000以上で実績はないが牝馬限定戦なのでこだわる必要はない。
正直なところ厳しいとは思うがちょっとだけ買いたい。

本線の馬券はメイショウベルーガ。
シンプルに牡馬戦の勝利は評価できるし状態をアパパネと比較するとメイショウは上昇カーブに対しアパパネは良くて平行。
単勝系の馬券を買いたい。
相手は人気ところで問題ないだろう。



さらっと書くつもりが長文になってしまった。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 22:50:19 | Trackback(0)

FC2Ad