■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

09 有馬記念:一流ジョッキー
グランプリ有馬記念。
いろいろな媒体から溢れるほどの情報が飛び交っている。
更にレース的に荒れやすく、今年は難しいメンバー構成。
なにを信じてどう買うか非常に悩ましい。
本来なら手を出さないのが吉だが、やはり有馬記念、買わずにいられない。
なんとか攻略して良い年の瀬を、そして来年へと繋げたい。

中山2500ということでトリッキーなコース形態。
更に大レースとあって位置取り等シビアで例年馬券になる騎手は一流ジョッキーが大半で中堅ジョッキーは馬が抜けてない限り食い込みは難しくなっている。
去年に関しては、展開的に後ろが有利になり若手中堅が食い込んだが、通常は前が有利であるため例外とみなし一流ジョッキーを中心に馬券を組み立てる。

本命はデムーロ騎乗アンライバルド。
主戦の岩田が秋、絶不調でそれに釣られるようにこの馬もいいところがなかった。
しかし、力及び中山適性があるのは明白。
鞍上のデムーロは父ネオユニヴァースの主戦をつとめ、皐月賞等を制した。
更にダイワメジャーでも同じく皐月賞を制しており中山は得意。
あの時のようにスムーズに立ち回れれば好走できるはずだ。

対抗は蛯名騎乗マツリダゴッホ。
こちらも中山は庭。
内に入ったので去年のようなことはないだろう。

後は中山重賞を6つも勝ち他にもダービーを制する等大活躍だった、横山典ブエナビスタ。
有馬記念の好走率は他を寄せ付けない、武豊リーチザクラウン。
初のリーディングに輝やいた(まだ確定ではないが)内田博幸イコピコ。
ハーツクライでディープインパクトを退けたのが印象的、ルメール騎乗のフォゲッタブル。

これ等を中心に馬券を組み立てたい。

◎ アンライバルド

○ マツリダゴッホ

△ ブエナビスタ、リーチザクラウン、フォゲッタブル、イコピコ

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 09:13:31 | Trackback(0)
09 ラジオニッケイ杯2歳ステークス:多頭数なら前
クラシックへの登龍門。
今年はヴィクトワールピサという絶対人気になる馬が出走してくるも頭数は15頭と揃った。
2着狙いなのか、はたまたヴィクトワールピサを評価していないのか。
来年へつながるレースには間違いない。

例年差しが決まるレースではなく、更に今年は多頭数で馬群の捌く、又は外を回らなければならず不利は否めない。
狙うなら前。

ヴィクトワールピサは好位から進められるのでここでも崩れそうにないが、テンに速いレースで先行しているわけではないので中団になる可能性もある為、絶対視はしない。

本命はサクラエルドール。
前走はこのメンバーの中では速いほうで上がりも34.2を使っている。
阪神で勝っているのもプラスだ。

対抗はヴィクトワールピサ。
時計、対戦相手からここでも力上位は明白。
唯一、人気とテンの速さから対抗とした。

単穴はヒルノダムール。
前走多頭数を内から捌いて勝っており、今回も内枠。
重い馬場に変わっても新馬戦の内容から問題ない。

後はダノンシャンティ、メイショウホンマル、アドマイヤプリンス、コスモファントムまで。
基本堅いレースなので人気所で勝負したい。

◎ サクラエルドール

○ ヴィクトワールピサ

▲ ヒルノダムール

△ ダノンシャンティ、メイショウホンマル、アドマイヤプリンス、コスモファントム

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 20:15:51 | Trackback(0)
09 阪神カップ:ダンスインザダークでも
1400の非根幹距離で行われ、スプリンターやマイラーが混合してレースが行われる。

その両路線のレベルが低く混戦でオッズも割れに割れ、難しいレースとなった。

去年、一昨年とダンスインザダーク産駆が人気薄で好走。
今年も3頭出走しておりこれを狙う。

本命はザレマ。
ここ2走は着順こそ悪いが着差は少し。
キレを求められないこのコースはピッタリだ。
馬体重も前走は最高体重を記録しているようにまだ成長途中で衰えはない。

他の2頭は買い目にはいれるも抑え。

ストロングガルーダはもまれたり、スムーズに運べないとダメなタイプと思われる。
マルカフェニックスも距離延長にて結果を出しているだけに人気にもなっており抑え。

対抗はアーリーロブスト。
前走はさすがに忙しかったがこの距離でスムーズに運べれば再度好走もある。

後は中距離からの刺客フィールドベアー、朝に異常投票があったサンカルロを買いたい。

◎ ザレマ

○ アーリーロブスト

△ マルカフェニックス、ストロングガルーダ、フィールドベアー、サンカルロ

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 10:49:46 | Trackback(0)
09 愛知杯:逃げ馬はいないがHペース
去年は後に重賞を勝ったコスモプラチナ、テイエムプリキュアが逃げて差し決着の大荒れとなった。

今年は前走逃げた馬がおらず、逃げた経験のある馬でも飛ばして逃げる馬はいない。
スローペースになりそうな感じもするが少し深く考える。

ラフレッシュブルーは逃げた経験があり距離延長。
さらに連闘、内の偶数枠、軽ハンデと逃げると思われる条件が全部揃った。

そしてエリザベス女王杯はスローの前残りになったことからリトルアマポーラ等エリジョ組は早目に仕掛ける。

そうなれば息の入らない厳しい流れになるはずだ。

狙いはハイペースで走れる馬。

本命はマイネレーツェル。
叩き2走目で去年の3着の状態よりいいはず。
混戦のステイゴールドは絶好の狙い目だ。

対抗はアルコセニョーラ。
こちらもステイゴールドの追い込み馬。

後はエリジョで追い込んだメイショウベルーガ、ムードインディゴ、去年の勝ち馬セラフィックロンプ、小倉記念の好走がここにも適性を感じさせるクラウンプリンセスを買いたい。

◎ マイネレーツェル

○ アルコセニョーラ

△ メイショウベルーガ、ムードインディゴ、セラフィックロンプ、クラウンプリンセス

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 20:16:57 | Trackback(0)
09 朝日杯フューチュリティステークス:関東馬
大レースでは通常、関西馬が強い。
しかしマイル戦に限ればトントン近くまで差は詰まる。
さらに前に行われた阪神の方では関東馬がワンツー。
このことから狙いは関東馬。

本命はキングレオポルド。
阪神を勝ったアパパネの赤松賞の勝時計は1345でベゴニア賞は最終週で1341。
近年の牝馬の強さ、今回の牡馬レベルを考えればアパパネの時計を上回ったこの馬なら十分通用する。

対抗は阪神で2着のアニメイトバイオを破ったエイシンアポロン。
上がりが掛かると好走しているので今回のレースは向く。

単穴にニシノメイゲツ。
上に出たアニメイトバイオと時計で比べても遜色はない。
ホームに戻って巻き返しある。

後は将来有望だがここの適性が微妙と思われるローズキングダム、トーセンファントム。

◎ キングレオポルド

○ エイシンアポロン

▲ ニシノメイゲツ

△ ローズキングダム、トーセンファントム


テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 20:19:27 | Trackback(0)
次のページ

FC2Ad