■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

09 宝塚記念:距離適性
例年は長距離馬に向くこのレース。

しかし今年はこれといった逃げ馬がいなくペースが遅くなる可能性が高い。

逃げ馬がいないのはもちろん騎手も承知。
後ろから行って
「展開が向きませんでした」
なんてことはないとは思うのだが。

ペースは実際レースが始まらないと分からないのでスローペースの場合の狙い馬、ハイペースでの狙い馬、の2パターンで狙いたい。

まずハイペースが合う馬。

・マイネルキッツ
・スマートギア
・アルナスライン
・ドリームジャーニー
・モンテクリスエス

次にスローペースが合う馬。

・インティライミ
・アドマイヤフジ
・サクラメガワンダー
・スクリーンヒーロー
・ディープスカイ
・カンパニー

前者は基本的に長距離適性のある馬。

スマートギアは2000以下に良績があるが追い込み一手なのでこちらに属した。

ドリームジャーニーが悩むところだがマイル適性のいる天秋で惨敗し天春で好走したことから長い方が向くと思われる。

後者は2000以下が合う馬を選んだ。

インティライミ、スクリーンヒーロー、ディープスカイは2400を勝っているが共に上がりの速い競馬で底力のいる展開になった場合不安なのでスローに属した。

馬券は

スロー:7、ハイ:3

位の割合で買いたい。

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 02:06:20 | Trackback(0) | Comments(0)
09 マーメイドステークス:荒れた原因
3年前からハンデ戦となり、それ以降荒れる重賞へと変化した。

過去は何故荒れたのか?

08年はシンプルに重馬場になったことによるものと思われる。

07年は荒れてない。
この年は馬場が良く好時計による決着で、転けた人気馬はこの時計に対応出来なかったのだろう。

06年は荒れたのだが、人気所は上位と差はなくしっかり走っており08年のような荒れ方ではない。

では、なぜ人気薄の激走があったかというと、ペースとハンデによるものと思われる。

ペースは速い方が実力差が出るのだが、06年はスローで後半の方が速い。
この為、実力差が出ずらくなりハンデの軽い馬の激走に繋がった。

今年はというと、雨に関しては大丈夫だと思われる。

ペースはコスモプラチナが逃げるのでスローはない。
更に前日のストークステークスで1600、1322という速い時計が記録された。

ということで、今年は去年まで荒れていた要素がない。

なので人気馬を中心に予想したい。

本命はリトルアマポーラ。
実力は上位で距離延長もプラス。
前に行ける脚質もいい。
ハンデは他の人気所も背負っているので考えない。

対抗はムードインディゴ。
秋華賞の時計が優秀でタイムが速くなっても対応出来る。
状態も叩き3走目。上向くはずだ。

ベッラレイアは脚質が後ろからで不安があり単穴の評価。

ザレマは距離が微妙。
スローならごまかせるもペース及びタイムが速くなったら厳しい。

他はレッドアゲート、クラウンプリンセス。

レッドアゲートは明け3走はスロー、馬場、大外と理由がつけられ今回は得意の2000、枠もよい。
そして、武豊で11番人気はなかなか見られない。

クラウンプリンセス休み明けを苦にしない。
重賞では通用しなかったように見えるが1600万を勝った時の騎手が豪腕ホワイト。
今回の騎手も追える吉田稔で相性がアップすると思われる。

唯一距離不安だがザレマと違いこちらは人気薄。
十分狙える人気だ。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 18:37:38 | Trackback(0) | Comments(0)
09 サラブレPOG
今週から夏競馬。

重賞も少なくなるので、重賞以外にも競馬関連の記事を書いていきたいと思います。

夏競馬と共に始まるのが新馬戦。
POGも開幕します。

いろいろな媒体でPOGが開催されますが、まず雑誌サラブレで選出した馬を公表したいと思います。

まずサラブレのルール。
・馬は5頭選ぶ。
・その中で同産駒を選んではいけない。
・選考の締め切りは今週末。

という内容になっている。
2番目の同産駒がダメというのが特徴的であるが、今の時代種牡馬は群雄割拠。昔のようにサンデー1強ではなくなったので楽になった感じだ。
そして5頭と少頭数、締め切りが今週末ということから、1頭でも欠けるとキツく、今の状況でも確実にデビュー出来ると解っている馬を狙うのが得策だ。

人気のある馬を選んでも不利にならないことから良血馬を狙う。

・アグネスタキオン×ロゼカラー(ローザミスティカ)

・キングカメハメハ×トュザヴィクトリー(トュザグローリー)

・クロフネ×フサイチエアデール(スクーデリアピサ)

・ダンスインザダーク×ポトリザリス(バルトーロ)

・ネオユニヴァース×ハッピーリクエスト(マカリオス)

この5頭を選んだ。

まず種牡馬の選出はサラブレの産駒一覧から重賞勝ちの兄弟及び母が多く種付けされている上位を選んだ。

他には厩舎を被らせないようにした。
同厩舎から活躍馬が何頭も出ないので。


サラブレは賞品が豪華なので是非ともこの馬たちには頑張ってほしい。

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

POG | 22:12:24 | Trackback(0) | Comments(0)
09 CBC賞:先行有利
1番人気が予想されたトレノジュビリーの回避によって更に混戦になり、オッズもバラけた。

このレースはスプリント戦なのだが珍しく逃げ馬が少ない。
前走で逃げたメイショウキトリのみだ。
もちろん単騎逃げがうてれば有利なのだが、前走1400スローでの逃げ切りが気にかかる。
逃げ宣言はしているも楽に先頭というのは難しいのではないか。
中舘、軽ハンデ、メイショウボーラーの下で人気にもなっており、狙って損だと思われる。

狙いはウエスタンダンサーにモルトグランデ。

ウエスタンダンサーはここで実績をあげているダートも走れる馬。
距離も1200に戻り見直したい。

モルトグランデは前走は時計が速かった。
叩いて時計もかかってきた今なら対応出来る。

他も先行出来る馬を狙いたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:24:00 | Trackback(0) | Comments(0)
09 エプソムカップ:条件良化
出走馬の前走を見ると

新潟大賞典 4頭
金鯱賞 3頭

が多く、その他はほぼバラバラである。

前者の方がシンゲンを筆頭に人気になると思われる。

しかしレースの格付けを見ると新潟大賞典はローカルのG3ハンデ重賞に対して金鯱賞はメイン場所のG2で宝塚記念の重要ステップである。
格ではもちろん金鯱賞の方が上であり、斤量も新潟組は全頭増に対して金鯱賞組は全頭減である。

馬単位で見ても人気のシンゲンは休み明けを苦にせず、叩いて凡走が目につく。
アーネストリーも距離に不安がある。

それに対してミストラルクルーズ。
距離は1800に良績があり叩き2走目の中1週もいい。
時計も先週を見ると速い決着はなさげで上がりも切れ味勝負にはならないだろう。
枠も大外だが荒れてきた馬場なら不利にはならない。
と、全ての条件にてアップしたこの馬。
狙わない手はない。

ヒカルオオゾラも相手弱体、斤量減、距離も去年2着のこの舞台。
アップした要素が多くこちらも狙いだ。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 19:29:47 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad