■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

09 日本ダービー:シンプル予想
競馬の祭典日本ダービー。

競馬関係だけでなく一般の報道にも扱われる。

そして通常のレース以上の情報に溢れている。

その溢れる情報を予想に活かそうも結果まとまらず。

なのでシンプルな予想方で勝負する。

今回は箇条書きで

・一番人気は固い
これは語らずも基本的。
アンライバルドは軸。

・10番人気以下の好走は前残り
これは去年、一昨年と当てはまり、これが起きた原因として先行する有力馬が居なかったため。
今年はリーチザクラウンがいるので前残りは期待薄。
因みに後ろに関しては広い東京コースで有力馬が力を出せるため人気薄では末脚で劣ってしまうのだろう。
ということで今年は人気薄の出番はない。

・クラシック登竜門の弥生賞はいつの時代
以前は弥生賞を勝った馬はダービーでも好走すると言われていたが、近年連に絡んだのはディープのみ。後は10年前のナリタトップロード。弥生賞を走れる適性が変わってダービーには結びつかないようになった。
ロジユニヴァースは軽視、逆に負けたセイウンワンダーは買える。

・ステップ組は勝ち馬のみ
これも連に関しては全て該当。
単純にステップを勝てないようでは力が足りない。

以上のことから本命はアンライバルド。

対抗にはセイウンワンダー。
これは新潟で重馬場をこなせているのと、皐月賞のテン及び上がりの内容が勝ち馬と唯一差がない。

▲はトライアンフマーチ。この馬はシックスセンス、ドリームパスポートと被る。人気も同じくらいになり狙いやすい。

他は上で書いた予想に沿って

・アプレザンレーヴ
・リーチザクラウン
・ナカヤマフェスタ

で勝負したい。

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 20:22:48 | Trackback(0) | Comments(0)
09 目黒記念:差し重視
東京2500mは逃げ先行にやさしくない距離だ。
それを去年逃げ切ったホクトスルタンは強い。
しかし今年の過程は去年と比べて全く良いところがない。
これで人気がないならまだ買えるが人気になっては手を出しづらい。

そして逃げ馬は他にもミヤビランベリ、ワンダームシャがおり楽に逃げれるわけでもない。

さらにホクトスルタンが逃げた場合には差しが届く。

以上のことからこのレースは差しを重視して予想する。

人気のジャガーメイルは末脚が安定しており実力もある。
東京も連を外してなくハンデも重くない。
ここでは外せない。

穴はダイワワイルドボア、ダンスアジョイ。

ダイワワイルドボアは前走人気で負けはしたが4角外からこられ早仕掛けに。
それでも上位と差はそれほどなく、見せ場は作った。
馬場も稍重のセントライトを勝ってはいるが、それよりひどい稍重だったプリンシバルSでは惨敗。
血統的にもアグネスタキオンだけに良のほうが良いはずだ。
デビュー時から長いところを使われているだけにここは適距離。
好勝負を期待。

ダンスアジョイはバテない切れない末脚を武器にする。
今までの34戦中直線にて着順を下げたのは4回だけ。
そのうち3回は若い頃での結果。
そして東京では掲示板を外していないとういう安定ぶり。
展開が向くここなら馬券圏内にも飛び込めるはずだ。

他も差し馬はしっかり抑えたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 23:24:01 | Trackback(0) | Comments(0)
09 金鯱賞:好位抜け出し
宝塚記念のステップとして多くの実績馬が走ったレース。

しかし今年のメンバーを見ると半分近い8頭が前走重賞以外から。
重賞からでも掲示板に乗ったのが長期休み明けのアグネスアーク、インティライミ、そしてサクラメガワンダーのみ。
低調なメンバー構成になった。


今回は展開予想から。
逃げるのはヴィクトリー。
それを追いかける馬はいないと思われ、ペースはスロー。

舞台は小回り、フルゲートの18頭、そしてペースはスロー。
となれば後ろから来るには相当力が違わなければ難しい。
素直に前の馬を狙う。

シャドウゲイト。
前走は揉まれるも終いはマツリダゴッホに競り勝つ。
前々走こそ崩れたが鞍上の内田博騎手と主戦の田中勝騎手は正反対の騎乗スタイル。
内田博騎手が合わなかったのだろう。
それ以前も芝では大きく崩れていない。
唯一不安の時計だが馬場は渋りそうで大丈夫。
スムーズに先行できれば復活はある。

他は逃げるヴィクトリー、先行馬するニルヴァーナ、マンハッタンスカイ。
休み明けでも宝塚記念で先行粘ったインティライミ。
後ろからだがこのメンバーでは抜けているサクラメガワンダーを買いたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 20:25:48 | Trackback(0) | Comments(0)
09 東海ステークス:今回が消し時
一番人気のウォータクティクス。
ダートでは負け知らずの6連勝、能力がなければできない芸当だ。

その連勝を飾っていた舞台が主に京都1800。
そして今回は中京2300。
距離500m増、左回り、小回り、と条件が一変する。

やはりこういう場合は疑うべきだ。
これはオークスのブエナビスタにもいえる。

しかしブエナビスタとは違う点がある。
それは脚質。

ウォータクティクスの脚質は逃げであり、逃げ馬というのは揉まれると脆い。
勝つか飛ぶかどちらかと思われ、疑ったなら抑えるなどせず消すべきだ。

狙いはクリーン。
ここ3戦は着順こそ悪いものの短距離、スローでのもの。
距離実績、バテず伸びずの競馬振りから距離延長はいいと思われる。
初重賞で3着に好走、格上挑戦に強いタイプだと思われ、それ以来の重賞で鮮度もある。
枠も長距離だけに内の絶好枠に入りスムーズに回れれば大掛けがあってもいい。

有力馬が外に入ったので、他の狙い馬はクリーンと同じ内枠を中心に考えたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 01:26:18 | Trackback(0) | Comments(0)
09 オークス:牡馬はダービー、牝馬はオークス?
牧場では牡馬が生まれたら、将来のダービー馬だ、と言うらしい。
その言うとおり牡馬はまずダービーへの道を進むことになるだろう。

では牝馬の場合はどうか?
ダービーと同じ格付けのオークスへ向かうのだろうか?

それは違う。(と思う)
牝馬は桜花賞を目指すらしい。(どこかで聞いた)

今回の中心になるブエナビスタはその王道を進んできて結果を出した。

過去に王道を歩んできた馬たちはオークスで跳ね返された馬が多い。
やはり桜花賞に照準を合わせての800延長をこなすのは至難なのだろう。

近年で唯一結果を出したスティルインラブはライバルだったアドマイヤグルーヴがこけ掲示板は人気薄が独占。
他のメンバーとの能力差があったからだろう。

桜花賞では能力を見せつけたブエナビスタだが展開等死角がないわけではない。
その死角を突く刺客はいる。

その刺客はブロードストリート。
切れは一級品のモノを持っており、ローテーを危惧されているが近年は結果が出ている。
血統も母父がここ2年で勝ち馬を輩出しているグレイソブリン系だ。

他はダノンベルベール。
桜花賞は内で結果を出せなく度外視できる。
枠も内に入りうまく先行できれば巻き返せる。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 00:53:04 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad