■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

09 中山記念:予想
リピーターレースである中山記念。

今年も去年の1.3着馬が出てくる。

この2頭は安定しているが8歳馬。

先週と同様に世代交代、新しいリピーターを発掘したい。

後継者はトウショウシロッコ。

前2走非根幹距離のレースにて安定した走り。

キャラ的にも2000よりは1800だ。

時計も2走前だけ走れば通用する。

他はリピーター2頭と相性のいい東京新聞杯出走組みのキャプテンベガ。

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 21:41:31 | Trackback(0) | Comments(0)
09 アーリントンカップ:予想
競馬ブックの出走登録表の下にこのレースが行われる阪神芝1600の種牡馬成績が載っているのだがそこでひとつ気になったことがあった。

ランキング1位のアグネスタキオンの2着数が1着に比べて倍ほど多いのだ。
実際の成績は7.15.6.57(左から1.2.3.着外)

今回1番人気であろうホッコータキオンがアグネスタキオン産駒ということもあるので成績を分析してみた。
(データは携帯JRA-VANのデータ分析を使用)
※データ数に新馬及び未勝利は含まず

まずは他の競馬場でもこの傾向が起きているかを調べてみた。

阪神1600 2.8.4.36
京都1600 11.8.3.44
中山1600 6.9.7.33
東京1600 14.9.12.71
新潟1600 4.2.2.8

他の競馬場では阪神ほど偏ったデータは出ず。
ちなみに重たい芝に該当する阪神、中山は2着。軽い芝に該当する京都、東京、新潟は1着のほうが多い結果となった。

次に距離別での成績を調べた。

阪神1400 9.1.6.43
阪神1600 2.8.4.36
阪神1800 8.4.8.40

距離別では1,2着が逆転する結果となった。
阪神競馬場特有の傾向ではないらしい。

次に馬齢で分けてみた。

阪神1600 2.3歳限定戦 2.3.2.14
阪神1600 3.4歳以上戦 0.5.2.22

傾向がくっきり分かれた。
2.3歳戦では均等だが、3.4歳以上になると頭がない。
早熟血統なのか?というとそうとはいえないデータが次。

阪神1400 2.3歳限定戦 1.1.3.21
阪神1400 3.4歳以上戦 8.0.3.22

と1600とは真逆の結果が出た。

ちなみに

阪神1800 2.3歳限定戦 4.1.4.4
阪神1800 3.4歳以上戦 4.3.4.36

京都1600 2.3歳限定戦 4.7.0.10
京都1600 3.4歳以上戦 7.1.3.34

以上のことから結論。

「アグネスタキオン産駒は2.3歳戦では切れを要する長めの距離にて活躍するが、歳を重ねるにつれ切れが鈍り、持続力勝負に強くなる」

これは父のサンデーサイレンスにもあった傾向でアドマイヤマックスやオレハマッテルゼなどがそうであった。

もしアグネスタキオン産駒が高松宮記念に出てきたら注意しましょう!

っておもいっきり脱線しましたが、ホッコータキオンは安心して買いましょうということでした(笑)

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 00:47:31 | Trackback(0) | Comments(0)
09 クイーンカップ:予想
東京のマイル戦。

速い上がりをもっている馬が優位に立つだろう。

実際ここ5年、良馬場なら勝ち馬は上がり34秒台を使っている。

人気2頭、ミクロコスモス、ダノンベルベールは実績、上がりとも優秀でここでも上位だ。

他にいい上がり使っている馬は何頭かいるが狙いたいのはアラマサローズとカツヨトワイニング。

カツヨトワイニングは勝った2走は上がりのほうが速い競馬。

前走も枠、道中の不利がありながら4着と力を示した。

アラマサローズは前目の競馬をしていたが前走出遅れ後方も差し切る。

切れを生かしたほうが良さげで東京が合いそう。

そして2頭とも母父サンデーだ。

上位2頭を負かせないまでも3着なら十分ありえる。

他にはメイショウボナール、パールシャドウを抑えたい。

重賞予想 | 01:45:10 | Trackback(0) | Comments(0)
09 京都記念:予想
今の京都の芝は時計及び上がりが掛かる。

これに適性がないのはアドマイヤオーラ。

去年は例外の上がりの競馬。それ以外は距離実績がなく上がりも速いほうが良い。

去年より過程が悪く飛びつくのは危険だ。

狙いはアサクサキングス。

人気の中では1番下だと思われるが、G1以外ではほとんど好走している。

秋こそ微妙な穴人気で凡走だったが、こういうタイプは評価が下がった時が狙い目だ。

適性もここがベスト(でなければマイル戦)で1発狙いたい。

相手はやはり上がりが掛かる競馬が得意なカワカミプリンセス。

サクラメガワンダーは距離実績が宝塚の1戦だけだし、今年の古馬戦線は1番人気がよく飛ぶ。

もし1番人気なら軽視する手も。

穴はマンハッタンスカイ。血統、戦歴等、ここが嵌りそうだ。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 22:52:36 | Trackback(0) | Comments(0)
09 フェブラリーステークス:予想
ダートのG1は1番人気の好走率がめちゃくちゃ高い。

フェブラリーステークスもここ5年で4勝。

JCダートも複勝圏外は1度だけ。

地方のレースも同じく好走が多い。

今年はカネヒキリかヴァーミリアンどちらかだろうが、両方不安点はなく人気になったほうを信頼する。

他はサクセスブロッケン。

今まではハナに行き目標にされるレースが続いたが、前走は抑える競馬。

あいにくスローで伸び切れなかったが、これが東京マイルに変われば生きるはずだ。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 17:16:53 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad