■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2018 古馬中長距離G2戦での昇級馬成績
今週から春のG1戦線が開幕する。

その一方、裏ではまだまだステップレースも行われる。

今週行われる日経賞も天皇賞春への重要なステップレース。
しかし、面子的にはドバイやG1に昇格した大阪杯へ有力馬が流れ手薄な状況。
人気は菊花賞馬キセキと香港ヴァース3着トーセンバジルの2強。
この2頭、実績的にはとびぬけていないので穴を狙うのもあり。
その際目に付くのが1600万を勝ち昇級してきた3頭。
ガンコ、チェスナットコート、ノーブルマーズ。
勢いで勝るか否か。

このパターンが過去でどのような成績を残してきたか調べてみた。

データは過去10年のG2古馬芝2000m以上の成績。
該当レースは今回の日経賞や先週の阪神大賞典、金鯱賞や札幌記念などなど。

まずは全体の単複回収値。
単回:73
複回:66
堅めの決着でG1勝ちの実績断然の馬が出走するレースが多いことから当然か。
一応全体の各率は下記の通り。
勝率[7.2%]連対率[14.5%]複勝率[21.8%]

では本題の前走1600万条件だった馬の成績。
勝率[3.8%]連対率[12.6%]複勝率[16.9%]単回[19]複回[46]
数字的にはひどい有様。
単回が19だとほぼ狙えない、複も同様。
まぁこれは1600万を使ってきた馬で勝ち馬ではないので。
次は前走1600勝利してきた馬。
勝率[4.7%]連対率[13.1%]複勝率[18.7%]単回[19]複回[42]
ほぼ変わらず。
やっぱり通用していない。
2着以下だと若干数字は良くなるがそれでも狙える数字ではない。

基本的に昇級馬は狙えない。
だが、特定のポイントだと買える条件がある。

まずは人気。
今走で1人気になった馬は
[3-4-0-3-90-101]
10回走って3勝2着4回と連対率70%、もちろん複回は100を超える。
前例は
2018日経新春杯パフォーマプロミス1着
2015ステイヤーズSアルバート1着
2015アルゼンチン共和国杯ゴールドアクター1着
など。
まぁ力が評価されていれば逆らう必要はないといったところ。
逆に人気がなければ走れていないので未対戦での未知の魅力には期待しないほうがよい。

あとは小ネタ的に買える(買えない)要素を。

年齢:4歳までなら買えるが5歳以上はほぼ消し
キャリア:浅いほどよく9戦までなら抑え必要
前走人気:4人気までならよいが5人気以下は買えない
前走着差:僅差勝ちはほぼ消しで、買うなら離して勝つか逆に負けている馬のほうが買いやすい
所属:美浦所属は複率10%しかなく買えない、栗東なら23%ある

以上。

簡単にまとめると

評価されている馬なら買えるが基本は手を出さない。
それでも買うなら若くキャリアが浅い上積みのある馬がよい。

今回の日経賞で当てはめるならチェスナットコートはかろうじて抑えてガンコ、ノーブルマーズは消し。
適性や相手関係を無視しての強引な結論にはなっているがデータとしてはこうなる。

「古馬中長距離G2戦で昇級馬は基本買えない」

これを覚えておきたい。

スポンサーサイト

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

データ | 12:28:21 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 デムーロの特徴
本日は来年のクラシックを賑わせるであろう2頭が出走する東スポ2歳が行われる。

7頭立てでワグネリアン、ルーカスが抜けている状況。
このレースは見て楽しむ。

それで今回はデムーロについてちょっと調べた。
先週のエリザベス女王杯を制しG1を5勝。
オークスからの連続複圏内を9に伸ばした。
G1では買わなければならない騎手。
しかし、G2、G3では意外と数字が伸びない。
単回は100を超えるも複回は100を切り、G3では66と買いづらい。
クラスがあがるほど買える状況となっている。
これはまぁ知られており金額によってモチベーションが上がるという現金な騎手となっている。

これに追加したいのが2歳戦の成績。
今年はデイリー杯、京王杯、ファンタジーSと2人気で全部飛ばしており勝てていない。
過去10年をみると
[5-1-4-19-247-105]
と単複ともに100は越えてくるがJRAになる前の成績の影響が大きい。
んでこの5勝の内、朝日杯勝ちが3勝を占める。
2歳戦でも全体と同じく大きいレースでの結果が良い。

全体だとG2でも走ってはくるが2歳戦だと今年も含めあまり冴えないがこれも賞金が絡む。
2歳戦だとG2でも賞金は3800万、古馬G3とほぼ同等となっている。

結局のところ

「賞金が高いレースで走りやすい※2歳戦は賞金が安いので注意する」

これで良さげだ。

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

データ | 15:11:54 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 戸崎騎手の重賞での買い方(メモ)
先週の毎日王冠。
本命をアストラエンブレム、対抗をリアルスティールにした。
結果アストラエンブレムは惨敗、リアルスティールが快勝した。

騎手はアストラが戸崎、リアルがデムーロ。
これだけ見ればデムーロ本命が筋。
しかしアストラはデムーロが乗って2着を続けていた馬。
戸崎に乗り替わって力を発揮できないかとの思いでの本命。
見事に粉砕された。

戸崎は現在リーディング1位。
しかし重賞では4-6-5-32-33-51と率、回収値ともに伸びない。
はっきり言えば消しておいしい騎手。
去年は13-12-4-35-97-100と夏の10連続連対やストレイトガールの7人1着があり力はある。
岩田のように復活劇もあり得るが今は静観が良さげ。

それでも馬が買いたい場合はこの条件だと買いやすい。

「前走中団より後ろで競馬をした馬」

この条件だと調子のいい時期も含めるが率、回収値共に悪くない。
逃げ、先行と比べると良い。

しかし後方の馬だけを狙うだけでは足りない。
今走のレース脚質は逃げ先行が断然よい。

なので

「前走後ろからで今回前にいける馬」

これがベスト。

パターンとしては
・先行馬がハイペースで前に行けないとき
・スタートつきづらい馬が外枠に行ったとき
などか。

これを毎日王冠で考えると、アストラエンブレムは既に先行脚質になっており戸崎に乗り替わる利点はなかった。
脚質転換で後方からの競馬を試みるもあえなく惨敗。
コース的にも先行して有利な感じはないので狙いがずれていた。
これが次走が福島記念とかであれば先行有利のコースで前走後ろからの脚質、普通に乗れば先行できるで条件に合致する。
(まぁ戸崎が乗らなくても福島記念なら馬の力でだれでも好勝負できそうだが)

結論として上の条件なら買えなくはないが様子見が妥当、騎手で買うならデムルメにする。
こうなるのではないか。

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

データ | 13:42:55 | Trackback(0) | Comments(0)
2016 上半期G1のまとめ
伏兵マリアライトが2強のドゥラメンテ、キタサンブラックを退け優勝。
予想はマリアライトを買えず外れた。

今回の宝塚で上半期のG1は終了。
このシーズンの結果をどう立ち回れば攻略できたか考える。

今春は人気馬の好走が多く
1人気[3-4-2-2]
2人気[2-5-2-2]
3人気[2-1-2-6]
特に1,2人気の複回が100を超えた。
それと同じく7,8人気が4勝と中穴が勝ち切るレースが多かった。

基本的には人気馬を切っては当たらなかった。
1,2人気両方絡んだレースが7/11と63%と驚異的。
他の4レースも内3つが1~3人気のうち2頭が絡む。
人気‐穴‐穴は安田記念のみ。
唯一少頭数でのレースだったところが面白い。
こんだけ人気が絡むと配当が安く厳しい感じはするがそうでもない。
3連複はそれなりについており流してもリターンはあった。
ということで第一のポイントは「人気馬の選択」

次のポイントは相手。
正直総流しでもリターンがあることはあるが絞れればなお良い。
馬の選択はレースによっていろいろあるのでそれぞれで。

ということで簡単だが買い方をまとめると

「人気‐人気‐穴(流し)」

3連複が本命馬券はもちろん抑えとしても十分機能したシーズンだった。

あとは中穴の単だが8人気で勝利した3回すべてが

「関東馬」

によるもの。
データとして関東馬が不利なレースはたくさんある。
しかしレベルが上がっておりデータのみで消してしまうと痛い目に合う。
ここらへんは下半期に覚えておきたいところだ。

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

データ | 22:02:42 | Trackback(0) | Comments(0)
2016 デムーロの特徴(乗り替り)
デムーロの重賞6連勝がかかっていたチューリップ賞。
しかし惜しくもハナ差の2着で連勝は途切れた。

それでも2着なので馬券を買う側としては信頼度は高い。
その中で気になることがあった。

それは「乗り替り」の成績の差。
先週までの重賞成績は以下の通り

継続[2-5-3-16-15-79]
乗替[14-3-3-20-372-134]

圧倒的に乗り替りが良い。
継続の2勝はいずれもドゥラメンテ。
結果論だが今日のチューリップ賞も継続で2着に負けた。
この継続時の1人気の成績も[2-1-1-5]と複率50%を切る。
もちろん穴もない。

去年はJRA1年目だったので多くの乗り替りがあり好成績を収めた。
今年もなんだかんだ乗り替りはあるので好走しているが慣れてこれば継続も多くなる。
成績は下降してくるはずだ。

まぁなにはともあれ

乗り替り=買い
継続=割り引き

は覚えておきたい。

ちなみに平場での乗り替り成績は

継続[19-17-11-43-21%-52%]
乗替[52-44-34-209-15%-38%]

と数は少ないが継続のほうが良い。
今日の平場4勝の内、新馬を除く3勝が継続騎乗だった。
(負けた3レース中2レースは乗り替りで1レースは継続)

これも覚えておきたい。

明日のリオンディーズは継続だが馬が怪物級の可能性がある。
上に散々書いといてなんだが、あまり意識せずに買いたい。

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

データ | 17:33:06 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad