■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

マイネルクラースに見るラフィアンの相馬眼
6月11日東京3R未勝利ダ2100で勝利したマイネルクラース。
出遅れて前半全く進まずも徐々に進軍し直線半ばでは突き放す快勝。
時計的には前半遅く出づらいにも関わらず未勝利では速い。
成長すればオープンまではいける素質の馬だ。

同馬のそれまでの戦績は芝の中距離を使われて掲示板に毎回乗る堅実だが勝ちきれない。
俗にいう「キレ負け」していた馬。
そういう馬はダートに変わって力を発揮するといわれており、今回それがピッタリ嵌った。
今回で9戦目での芝ダート替わりだった。
血統は父ステイゴールドはダートは得意ではないが母父がブライアンズタイムで走れる。
厩舎は高木厩舎で芝よりダートで勝ち星を稼いでいる。
活躍馬もサウンドトゥルー、ホワイトフーガなどだ。

本来ならもう少し早目にダートを試してもよかったと思える馬。
それが9戦も要し、更にダートへの出走経緯として芝を除外されたかららしい。

この馬の兄弟を調べるとすべてマイネルで3頭勝ち上がっている。
しかもすべて芝。
ダートを走った馬は皆無だった。
近親に目を移すと母マイネヌーヴェルは中山金杯2着など牝馬ながら混合戦でも結果を出していたがダートには出走していない。
中山GJを勝ったマイネルネオスもダートを走っていない。
弥生賞を勝ったマイネルチャールズもダートは走らなかった。
唯一走ったのはマネルアワグラスでシリウスS勝利やその後の重賞で好走した。

なぜここまで偏ったレース選択になったかと言えばほぼほぼ馬主の意向だろう。
血統ではない。
ましてや調教師でもない。
馬主のラフィアンだ。

ラフィアンと言えば岡田総帥。
相馬眼の持ち主としては日本の中でトップクラスと言われている。
その持ち主がなぜマイネプリデンター一族(マイネルクラースの祖母でマイネルチャールズなど上記馬の近親)のダート適性を疑ってきたのか。
それは分からない。

芝ですんなり勝ち上がり重賞も制したマイネルチャールズ。
長距離や障害でスタミナを活かんなく発揮したマイネルネオス。
牝馬ながら混合戦で活躍したマイネヌーヴェル。

これらが今回快勝したマイネルクラースのようにダート適性があったとすれば一線級で活躍できただろう。

もちろんダート適性があったかどうか定かではない。
だが、ダートを試さなかったのはチョンボと言わざる得ない。

日本トップクラスの相馬眼でも見極めることができなかったダート適性。
その相馬眼は近年不発で先日の「レイデオロ」や去年のコスモス、トラストと冴えない。

こういう事例は表に出てきたのは多分一角で他にも埋まっているのだろう。

すべてにおいて正解を導くのは難しい。

だが、今回のマイネプリデンター一族のダート適性に関してはなんとかなったはず。
これが現場(厩舎)の意向を無視して芝を使わせ続けていたのなら問題だ。

一般企業でいう「ワン○ン社長」ってのと一緒のことをやっていることになる。


っと、少し言い過ぎてきたのでここら辺で終わりとしたい。

んで、馬券に活かせる方法としては変わり身。
ダート替わり、芝替わり、距離変、などなど。
なかなかないだろうしすべてが嵌るわけではないが、注意してみていきたい。

スポンサーサイト

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

競馬 | 16:50:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コパノリズボン
先週のレパードSに出走し12着に負けたコパノリズボン(12人気)
同馬に騎乗した大野騎手に対して馬主ドクターコパ氏及び村山調教師が乗り方に関して激怒しているとのこと。
その内容はこちら
要約すれば溜めて乗れとの指示とは異なり先行し惨敗、それに関して弁明もせず反論した。

コパの言いたいことはわかる。
だが、これは流石に騎手のせいにしすぎかなと。

コパノリズボンは前走500万条件の1200mに出走。
押して先手を奪い押し切った。
そこから距離を600mも延長し未知の1800mへ出走。
この時点で行き脚がつくのは目に見えている。

これを抑えて後方からでは馬と喧嘩し無駄に消耗するだけ。
レースでは抑える仕草はなかったことは確かだが乗ってるものには抑えても厳しいというものが手に取れたのではないか。

それに毎度言っていることだが

「騎手の言う通りに馬が動いたら苦労はない」

かのスターホース、ゴールドシップも前に行ければとか捲れればとか簡単にいっていたが出来たら苦労はない。
そこが難しいわけで一気の距離延長やテン乗りのリスクを全部騎手に被せるのはいかがなものか。
せめて1400mをもう一度試すとかがあっても良いと思うが。


で、喧嘩した両方、特に大野騎手は今後コパ&村山厩舎に乗れなくなってしまったわけだが過去の騎乗歴は

大野&コパ[0-1-0-5]
大野&村山[0-0-0-6]
※2010年以降の成績

とほぼ騎乗していないので喧嘩しようがほぼ影響はない。
まぁ騎乗数が多ければ反発するようなことにはならなかっただろうが。

ちなみにコパ&村山は[21-20-9-79]とお客様でコパノリッキーやラブイズヴーシェなど一線級を預かっている。
村山調教師はコパに頭が上がらない状況。
もしかしたら調教師も騎手の言い分は汲んでやりたい気持ちはあるのかもしれない。



競馬を支えているのは馬主なわけでそのワンマンは今に始まったことではなく、それに騎手や調教師はいかに付き合っていけるかが競馬界で生きてく術となる。

こういう話は表沙汰になりづらい状況で今回は珍しかったが実は裏ではいろいろあると思われる。


今回標的になった大野騎手は結構好きな騎手なので擁護してみたのだった。

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

競馬 | 01:17:57 | Trackback(0) | Comments(0)
2016 春の福島in益若つばさ、写真
4月23日福島競馬場にモデルの益若つばささんが来場しました。

トークショーとプレゼンターとして。

目的は宣伝ではなさそうで、かといって本人は競馬好きではなさげ。

女性に人気があることからその層のファン獲得のため。

実際のところ女性がいつもより多くみられた気がします。

どんどんこういうイベントやってほしいですね。

そのときの写真を撮ってきたのでアップしたいと思います。

IMG_6384.jpg
「登場」

IMG_6387.jpg
「つばさ1」

IMG_6403.jpg
「後ろ姿、リボンが可愛げ」

IMG_6418.jpg
「つばさ2」

IMG_6442.jpg
「つばさ3」

IMG_6452.jpg
「予想するつばさ」

IMG_6457.jpg
「新聞とつばさ」

IMG_6548.jpg
「北村友一騎手と握手」

以上です。

可愛かったですね。
スタイルもよくて。
また見れたらいいなと思います。

なお、つばささんいわく男性のファッションは清潔感が一番とのこと。
そしてトークショーに群がったのはちょっとファッションに疎いカメコのおっさんたち。
目の前と状況と思想から突発的に出てきたのが「清潔感」だったのかと。

年を重ねるのは仕方ないので、せめて「清潔感」の意識だけは持ち続けたいと思ったトークショーでした。

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

競馬 | 09:18:38 | Trackback(0) | Comments(0)
2016 藤田菜七子騎手JRA初勝利写真
4月10日福島9Rにて藤田菜七子騎手が念願のJRA初勝利を挙げました。

その時の写真を撮ってきたのでアップしたいと思います。

なお、写真は表彰式がメインでレース写真はありません。
人がいっぱいで両方撮ることは無理で、更にダート戦だったこともありカメラの性能的にレースを格好良く撮れる自信がなかった為です。
その分表彰式はそれなりに撮れたのでお楽しみください。

1
「返し馬」 

2
「レース後」 

3
「厩務員とハイタッチ」

4
「あどけない」

5
「先輩からの祝福」

6
「清々しい」

7
「しっかり応答」

8
「一番の笑顔」

9
「菜七子とターフィー君」

10
「菜七子の頭にターフィー君」

11
「菜七子」


以上です。


今後の活躍を期待し、また競馬場へ足を運びたいと思います。

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

競馬 | 17:45:53 | Trackback(0) | Comments(0)
2016 アリッサムと武豊
現3歳未勝利にアリッサムという馬がいる。
成績は[0-3-2-3](3月14日現在)
この馬が12日中京3Rで6人気2着した。

通常は気にも止めないのだが、今回は引っかかった。

今回で8戦とキャリアはそれなりなのだが珍しいことに按上がこれまですべて武豊なのだ。
重賞勝ちの馬ならいざ知らず、未勝利馬に騎手のローテーションを合わすことはない。
更にこの馬は小倉デビューで阪神、京都、そして中京と西には偏っているがいろんな場所にいっている。
にも関わらず7戦連続継続で武豊。

これは調教師が武豊でないとダメだ、と見込んで馬のローテーションを組んでいるからと思われる。

今の時代ではなかなかないシチュエーションだ。

そしてレース。
1人気はカレンコマンドール。
ルメールに乗り替わっての1戦。
武のアリッサムは距離延長が嫌われてか6人気と低評価。
スタートはアリッサムがドンピシャで決め先団へ。
対してカレンは若干出負けで道中も引っ張り通し。
3~4角で先頭に立つも脚はなく脱落。
アリッサムは番手から先頭。
直線抜け出すもヤギリジャスパーの末脚に屈した。
それでも3着には3馬身もの差をつけた。

馬の特徴を把握してるか否かで完全に明暗が分かれたレースだった。


重賞ではデムーロ、ルメールに離されてしまっている武豊(日本人騎手)だが未勝利など平場ではそんなことはない。
デムーロのやる気度や上で語った馬の把握度合いで差はない。
逆に馬券としてはルメール、デムーロの名前だけで2割増しくらいで売れているのだろうから美味しい。

そして騎手と馬一体で成長していくという素敵なストーリー。

なんてちょっと「くさ良い」話をしたが要するに

「平場なら外国人騎手でなく日本人騎手のほうが美味しい」

ということ。


しっかり馬柱を見てこういう馬券を取り逃さないようにしたい。

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

競馬 | 19:11:30 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad