■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2016 東京優駿観戦記写真
ダービーから早3週間近く経つ。
遅れましたがその時に撮影してきた写真をどうぞ。
観戦記はこちら

11
「自衛隊による”お昼の演奏会”心に響く音色だった」

12
「ダービー騎乗ジョッキ紹介”エビちゃん”今年も勝てなかった」

13
「ダービー騎乗ジョッキ紹介”ユウガ”初のダービー勝利!」

14
「ダービー騎乗ジョッキ紹介”豊さん”貫禄がある」

15
「ダービー騎乗ジョッキ紹介”岩田と松山”スキンで威嚇する岩田、それをしらっとした目で見る松山」

IMG_6696.jpg
「ダービー騎乗ジョッキ紹介”集合写真”」

IMG_6727.jpg
「ダービー馬マカヒキ返し馬、落ち着いていた印象」

IMG_6827.jpg
「スタート」

IMG_6890.jpg
「直線の凌ぎ合い」

IMG_6927.jpg
「ウイニングラン後のガッツポーズ」

IMG_6949.jpg
「表彰式前、かっこえぇ」

IMG_7027.jpg
「表彰式写真」

IMG_7033.jpg
「プレゼンターとユウガ」

以上です。

人が多くて思ったように動けず大変だった。
それでも記録として残せる写真が撮れたのは満足。
とても良いダービーだった。

スポンサーサイト

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

観戦記 | 21:33:07 | Trackback(0) | Comments(0)
2016 東京優駿観戦記
5月29日に行われた東京優駿(日本ダービー)を観戦してきました。
その観戦記を。

東京へは前日入り。
前日は池袋や浅草を観光。
そしてダービーイベントを行っていた新宿高島屋で

「THE DERBY CASTLE ~ダービーの歴史と伝統が集う 競馬エンターテインメントの城~」

を楽しむ。
内容はいろんなアトラクションがありそれらを体験する。
4つあったが一番面白かったのが

「サラブレッド・ザ・ライド」

・西暦20XX年。空中都市世界に移設された東京競馬場をスタートし、空飛ぶ名馬に乗って未来都市を乱高下しながら駆けめぐる、飛行型4D競馬アトラクション。視覚と聴覚のみならず、揺れや風、水しぶきがあなたの五感を刺激する!絶叫必至の超新感覚競馬スペクタクルを体感しよう!
動画はこちら

迫力があって楽しめた。
唯一の難点は体験している本人以外には感覚が伝わりづらくシュールな絵柄になるというところ。
まぁそれは置いといても面白い企画でほかのレースでも同様なイベントがあれば体験したい。

そして当日。

東京競馬場へは9時半頃入場。
入るのに苦労はなかったが中は既に混雑が始まっていた。
座席は埋まり4角側の芝生も隙間がないくらいにシートが張られていた。

4レースまで適度に動きながらレース、馬券を楽しむ。
そしてお昼休みに自衛隊による「お昼の演奏会」と「ダービー騎乗ジョッキー紹介」を観覧。

お昼の演奏会では競馬でおなじみな曲
・グレイテストマーチ
・ザ・チャンピオン
・Theme of SUPER KEIBA
・走れマキバオー
の4つを演奏した。
どれも心に響き、昔を思い出す、とても感動できた。

次に「ダービー騎乗ジョッキー紹介」
ここの一番の見せ場は岩田康成。
レースではヘルメットをかぶっておりわからなかったがなんとスキンヘッドで登場。
腕を組み他を威嚇するようなそんな立ち回り。
しかし現状の彼は成績を残せておらず若干空回り気味。
それも含めてやっぱり岩田だった。

この二つのイベントは毎年行っているようで。
初参戦の私には凄い楽しめた。
馬券も大事だがこういうイベントを楽しめる余裕も持ちたい。

その後はダービーまでの予想をまとめ馬券購入。
第8レース終了の頃にスタンド席の一画に陣取りダービーまで待機。
だいたいこの頃から移動がしづらくなり9レース終了後には身動きがとりづらい状況。
そして15時時点の入場員数が発表「130,597人」
最終的には139,140人だった。
ちなみにここ5年で一番入ったのが14年ワンアンドオンリーの139,947人。
もちろんダービー時点ではわからないがメンバーレベルで人数どうこうはないのかも。
それでも去年よりはアップし盛り上がったことには変わりはない。

そしてレース。
有力馬は思ったより前、そして本命のリオンディーズは逆に後ろから。
中盤は松山アグネスフォルテが緩んだところをすかさず前にとりつき後半は緩みのない展開。
直線ではスタンド怒号。
生で見る限り着順はまったくわからない。
映像は川田マカヒキ、ルメールサトノを映し出す。
どうせなら川田いけ、との思い。
リプレイではマカヒキが少しだけ抜けている。
だが判定は長い。
結果はマカヒキ。
2頭の大接戦、素晴らしいレースだった。

ウイニングラン、表彰式、インタビューを一通り見終えダービーは終わった。

その後は疲れもあって目黒記念は見ずに帰路へついた。

「いいものを見て体験できた」

とりあえず人の多さにビックリし何をするにも苦労したが、それでも来てよかったと思えるダービーデーだった。


あと、例のごとく写真を撮ってきたので後日ブログにアップしたいと思いますので楽しみにしていてください。

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

観戦記 | 00:27:00 | Trackback(0) | Comments(2)
2013 10月19日東京競馬場観戦記
先週は予想をアップ出来ずに申し訳ありませんでした。

理由としましてはつぶやきにて報告しました通りで、19日土曜日東京競馬場へ行ってきました。


突発的に東京競馬場へ行くことになったのですが、その訳は

・土日の休みの予定が急遽白紙になった為
・一眼レフカメラを購入し、馬の写真が撮りたかった為

と、自分なりには張り切ったなと思う次第であります。


今回の記事の内容はとりあえず撮ってきた写真のアップと思ったことを書き綴ります。

予想等はほぼないので退屈かもしれませんがどうぞお付き合いください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



金曜の夜に夜行バスで仙台を発。

初の夜行バス、ほぼ寝れず。

電車通勤時も寝つきは悪かったが、夜行バスでも同じ。

環境に対応する能力は低い模様。

朝5時に東京駅に到着。

はて?朝から何をすればよいのか?

とりあえず東京駅のレンガ調の建物を撮影。

東京駅
(着いた時は暗く撮影時もまだ薄暗い)


それでもまだ6時。

考えた結果、ミーハー心丸出しでスカイツリーを見に行くことに。

スカイツリー
(錦糸町駅付近より撮影)


写真はまずうまく撮れない。

携帯で撮るならまだしも、一眼レフを買ったからには格好いい写真を撮りたいところだが。

これも競馬と同じく知識や技術をコツコツ磨いていくしかない。


スカイツリーには登らず下から眺めただけだったが、高さに関しては実感がわかず。

あがるのに4000円くらいかかるのかと思っていたら2000円であがれることを帰ってきてから知る。

次の機会は是が非ともあがりたいところだ。



ここからようやく競馬のお話。

錦糸町からまず新宿へ。

ここから京王線へ乗り換えたのだが、駅でぱったり競馬著名人と会う。

原良馬氏だ。

ウイニング競馬などに出演中だが、さすがにマイナーか誰も気に留める様子はなかった。

東府中の乗り換えでようやく気付く人たちが増えたが、それでも「あ、原さんだ」くらいの反応しかない。

東京では見慣れた風景なのだろうか。


2度目の東京競馬場。

入ってまず気付いたのが、年配の方が多い。

前回来た時は「ウオッカvsディープスカイ」の2009年の安田記念だったのだが、その時は若者もいて賑わっていた。

だが今回はメインがG3富士Sとはいえ年配が多すぎる。

割合でいえば福島の「若者:年配」とさほど変わらないのではないか。

入場して早々に競馬の未来を心配してしまった。


今回の目的は冒頭にもあるように「写真」

ちょうど2レースが始まるところだったのでスタンバイ。

が、市販セットのレンズではダートは遠くて厳しい。

2r
(2Rを圧勝したレイヨンヴェール)

カメラはEOS Kiss X7i、レンズは3.EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMを使っているのだが、まぁ届かない。

そして周りを見渡すとレンズがどんだけでかいんだ、という代物を扱っている。

調べるとうん十万、百万も超えようかとするものばかり。

レースを撮影するにはそれなりのものを揃えなければダメなようだ。

まぁ近いところならなんとかということでウイナーズサークルで勝ち馬とごっちゃん(後藤騎手)を撮影。

レイ
(強い勝ち方で時計も優秀、今後に期待が持てる)

ご
(復帰おめでとう!成績も好調のようだ)

3Rは芝で外側なのでもう少しまともに撮れるかと思い再チャレンジ。

ヒカル
(撮影は勝ち馬ヒカルブルービー)

それでも全体をおさえるのが精いっぱい。

しょうがないのでトリミング等加工して楽しみ、ドカンと一発馬券で当てたらレンズを買おう。

撮影はここまでとし、その後はいつものスタイルで競馬を楽しむ。

馬券の見せ場は東京8R。

2番ダイワプロシードの複勝で勝負。

単勝万馬券の大穴だったが直線粘りに粘って僅差の4着に悶絶。

1800で未勝利脱出しており前走1200で凡走だったが末脚はあった。

押せば前にいけるメンツ、そしてスロー、内枠と変わり身を期待しての勝負。

外れはしたが狙い目はよかった。

メインの富士Sは人気のないほうのノーザンファームということでリルダヴァルを狙ったがこれも僅差の4着。

そして2着にはもっと人気のないノーザンファームリアルインパクトが来るというダメっぷり。

それでもシャイニープリンスとダノンシャークのワイドをおさえてトントン。

シャイニープリンスは内枠、近走も大きく負けているわけではなかった。

あと、この時期によく言われる世代レベルで、今年の3歳は大将格のロゴタイプ、コディーノが振るわないので評価が低いかもしれないがあまり考えすぎなくてもよく、それで人気がないのなら逆に狙い目だと思う。


残りはおまけで携帯で撮った競馬場内の写真を。

1

2

3

4

どこかのショッピングモールか!というくらい綺麗で格好いい。


今度の撮影は「知識」「技術」そして「装備」これらをレベル上げして臨みたい。





※ 最後に天秋の展望だけ少し。

毎年言っているが社台が強い。

12年エイシンフラッシュ
11,10年ペルーサ
09年スクリーンヒーロー
07年アグネスアーク
06年スウィフトカレント

穴だけでほぼ毎年来ている。

今年はダークシャドウが面白いのではないか。

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

観戦記 | 13:55:33 | Trackback(0) | Comments(0)
2012 4月7日福島競馬復興祈念観戦記
7日に再開した福島競馬場まで行ってきました。

今回はその観戦記を書きたいと思います。



競馬場に着いたのは8時半前。

着くとすでに再開を待ちわびた競馬ファンで賑わってました。

DSC_0524_convert_20120411222331.jpg
(南側入り口開門前、並んでるの見るのは久しぶりだった)

そして南側1Fエントランスでは福島競馬復興セレモニーとしてくす玉が設置されてました。

DSC_0521_convert_20120411223010.jpg
(意外と人だかりは少なくてイベントにはあまり興味がわかない福島競馬ファン)

9時前くらいにセレモニーが開催されました。

DSC_0537_convert_20120411223817.jpg
(お馴染みの鈴木淑子さんが司会を務め、に二ノ宮調教師や木幡騎手、武士沢騎手、渡辺騎手などが出迎えてくれました)


セレモニーが終わる頃に開門、場内へ。

建物内は地震の被害の爪痕はまったく見られませんでした。

DSC_0539_convert_20120411224410.jpg
(地震で天井が落下したと伝えられていたがすっかり直っていた)

指定席を購入しに行ったのですが、みんな並んでいて買えませんでした。

なので3階の一般席に陣取る。

ここでまだ9時。

にも関わらず飲んでしまいました、ビールを!

DSC_0555_convert_20120411225426.jpg
(コップが近代競馬150年仕様になってました)

外は寒くて正直ビールという感じではなかったのですが競馬場に来たら飲まなくては。


ビールを飲んで体も温まり、さぁ予想というところで隣のおじさんが取材を受けていた。

順番に受けており次は俺か!?とドキドキしていたところスルーされ奥のおじさんへ。

あんちゃんのお一人様はご遠慮願います、でした。


気を取り直して予想し、その後は競馬場探索へ。

ほんとにすっかり直っていて変更されている部分も。

外馬場からパドックまで室内に入らず直接行けるようになっていた。

DSC_0566_convert_20120411232036.jpg
(階段部分が屋外になったので座り込みがなくなると思われ通りやすくなった)

写真はオータムストリートだが他にもスプリングストリートとかがあった。


探索から帰りまた予想しようかと思った時、ふと外を眺めると取材に来ていたスタッフと女性が歩いているのを発見。

その女性の方は3Fから見ても綺麗な方で「有名人か!?」と思い、ミーハー心丸出しで外へかけ出す。

取材はBS11の人たちで女性の方はその時は分からなかったが、あとで調べたらBSイレブン競馬中継に出演している岡村麻純さんということが分かった。

(ブログやスポニチでコラムを書いてらっしゃるので見てみてください)
岡村 麻純オフィシャルブログ「Que Sera Sera」powered by Ameba

麻純さんも同じくいろんな方に取材されていたので、取材してもらおうと近くでうろちょろ。

けどやっぱりスルーされここでも「お一人様ご遠慮願います」でした。


そうこうしているうちに1Rの発走を迎える。

すると拍手がなりこの瞬間を待ちわびていたファンがたくさんいたんだな、と胸が熱くなった。


馬券のほうは堅いレースが続くも当たらずうまくいかなかった。


そしてお昼にジョッキーによる福島復興祈念セレモニーがあるので5R発走前に芝コース前へ。

ここでも司会は鈴木淑子さんで騎手は福島に来ていた皆さんと先日引退なされた小林淳一教官が見えられた。

DSC_0574_convert_20120412000413.jpg
(こんだけの騎手が一斉に見られる機会はもうないと思う)

木幡騎手のあいさつに後藤騎手のパフォーマンス、これからいっそう福島競馬を盛り上げてもらえればと思います。


この後はイベント被災地支援グルメの福島円盤餃子を買いに内馬場へ。

しかし値段を見ると1100円!、そして個数が20個近く入ってる。

この量では一人で食べきれない…。

ここでも「お一人様ご遠慮願います」でした。

一人にこの日の福島の風はちと冷たかったぁ。


しょうがないので隣の店の焼きそばと、他に楽しみにしていたモツ煮とビールを購入。

DSC_0579_convert_20120412001745.jpg
(福島のモツ煮は絶品、ビール飲んで競馬やって美味しいもの食べて、祝福の時でした)


他のイベントは画用紙にメッセージ(頑張ろう福島!的なもの)を書き、写真を撮ってそれを集めてポスター等にする、というのをやっていたのでそれに参加。

メッセージは「まってました福島!!」と書いてきたので、もしそれを見つけたらこの記事を思い出してもらえれば幸いです。


レース観戦及び馬券は一応最終までやりましたがお酒が入っていたためかなかなか当たらず(←言い訳です(笑))酷い目に遭いました。



去年は震災で福島競馬が開催されず新潟や中山競馬場まで足を伸ばしましたが、やっぱり福島競馬場が一番落ち着く。

まだまだ被災地の復興の道は険しいですが、福島競馬の再開は復興への一歩となりえたと思います。

そして私は帰ってきた福島競馬を去年の分まで存分に楽しみたいと思います!

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

観戦記 | 01:08:26 | Trackback(0) | Comments(0)
中山競馬場観戦記 写真
7月10日に行った中山競馬場で写真を撮ったので少量ですがアップしたいと思います。


DSC_0014_convert_20110719220524.jpg
中山競馬場正門 指が被ってる(笑)

DSC_0016_convert_20110719220904.jpg
観戦室 モニターも付いていて快適でした

DSC_0020_convert_20110719220957.jpg
観戦室から外へ ここから望遠鏡で眺める様子が頭に浮かぶ

DSC_0021_convert_20110719221100.jpg
観戦室から馬場 正直遠くて肉眼ではレースの決着は分からない

DSC_0044_convert_20110719221321.jpg
お馬さん 競馬場裏手で飼われているお馬さん、名前はシロだったっけ?

DSC_0054_convert_20110719221359.jpg
七夕賞優勝馬イタリアンレッド 全くノーマークでした

DSC_0055_convert_20110719221552.jpg
騎手とのサプライズ写真 もう贅沢です、後藤騎手の笑顔はさすが

DSC_0058_convert_20110719221502.jpg
馬場内から撮ったスタンド やはり内は馬場が荒れ気味でした


またこういう機会があればいいと思います。

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

観戦記 | 21:55:39 | Trackback(0) | Comments(4)
次のページ

FC2Ad