■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2015 有馬記念展望2:アドマイヤドン産駒の特徴
有馬記念展望の2回目。

今回は穴人気が予想されるアドマイヤデウスと連勝中のアルバートの父アドマイヤドン産駒の特徴を調べた。

産駒の特徴の前に馬自体の成績を少し振り返る。

まずはアドマイヤデウス。
現4歳で皐月賞までは複率100%と安定感抜群。
春のクラシックはワンパンチ足りない内容も今冬の復帰戦を見事に勝利しG2を連勝。
しかし本番ではやっぱり足りず、骨折復帰2戦も二桁着順に沈んでいる。
データ面でみれば春のG2勝利組が有馬で穴を出すことから推せる。
枠も内目、騎手も岩田。
近走に目をつぶれば狙える存在だ。

次にアルバート。
500万から前走ステイヤーズSまで4連勝。
前走は2着0.8秒差をつける快勝。
この着差は97年メジロブライトの大差勝ちに次ぐもの。
13年デスペラード0.6秒差→有馬7着
04年ダイタクバートラム0.5秒差→有馬4着
なので着差だけみれば掲示板は可能。
こちらも好枠の6番、外騎手と条件は揃った。

ここから本題のアドマイヤドン産駒の特徴。
その前に同馬の種牡馬歴を簡単に。
初年度に80頭種付けし09年に産駒デビュー。
しかし花咲かず頭数は減少。
11年に韓国に輸出された。
産駒数は204頭、登録数は93と残念な数字。

そして特徴。
※データは同産駒全頭オッズ1~100倍の成績

・ダート馬が多い。
芝が約30%に対しダートは70%の出走数がある。
しかしクラス別では芝しか上級馬は出ていない。
(その上級馬も今回の2頭しかいないが)

・芝・ダート共に長距離が得意。
芝ダート共に1400以下はからっきし走らない。
1600以上なら複率30%複回100を超える。
ゆえに距離延長で好走率が高く、同距離、短縮は苦手。


以上。

調べたはいいが活躍馬は少なく今後のデビューもない。
あまり活用できるものでもないので上のもので妥協した。

唯一面白いのは距離適性。
短距離では全く買えず長距離でこそ。
アルバートも1600、1800を使っていたころはパッとしなかったが2000以上で開花した。
今回でいえばアドマイヤデウスは延長、アルバートは短縮。
2500の長距離なので距離自体は不利ではないが好転するのはアドマイヤのほうか。


結果、産駒データではアドマイヤデウス>アルバートとなった。
しかしサンプルが少なく信頼性に乏しい。
他の条件で買えるなら問題ない。


ちなみに現段階での私の評価は両馬とも3連系の紐では抑えるが積極的には買わない。
アドマイヤは近3走二桁着順、休み明けを挟んだとしても厳しい。
アルバートはデータ的に短縮は不利、ステイヤーズ組も好走例はなく相手も軽かった為着差も信頼できず。
2頭とも人気はなく抑えて問題ないレベルなので馬券でうまくフォローしたい。

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞展望 | 00:47:06 | Trackback(0) | Comments(0)
2015 有馬記念展望:ルージュバッグ=ミッキークイーンなら
有馬記念ウィーク。
出来る限り展望を行いたい。

今回はルージュバッグに焦点を当てる。

同馬は新馬から3連勝。
G3きさらぎ賞では休み明け牡馬混合でも関係なく快勝。
桜花賞では後方で揉まれ惨敗もオークスでは一転先行しミッキークイーンの2着と好走した。
休み明けのエリ女は後方一気で4着。
そこから若干間隔を開け有馬記念へ臨む。

桜花賞、オークスと共に1人気と春は能力を評価されていたが無冠に終わった。
エリ女では4着だったが能力の片鱗は見せた。
順調だったらと思わせる内容。

ここで多少強引だがオークスの内容からルージュバッグとミッキークイーンを同レベルの馬と仮定する。

ミッキークイーンはJCで8着に負けはしたが3人気の評価を得た。
レースは3戦目、秋華賞が勝負だったとすると出来は横ばいか下降している状態だった。

対してルージュバッグ。
有馬記念は叩き2走目、状態は上昇。
そして人気は単10倍以上はつくだろう。

ミッキー=ルージュの能力なら過程、人気共に今回のルージュバッグのほうが買いやすい。

JCにてミッキークイーン(3歳牝馬)を評価してない人なら今回も買う必要はない。
しかしJCで少しでもミッキーを買ったなら今回も買うべきだ。
なぜなら上でも書いたとおり今回のほうが明らかに買いやすいから。

私としては買い。
JCではミッキーを買ったし、中山適性は分からないが去年のジェンティルドンナのこともありさほど適性はいらない。

本命・対抗まではいかないが次点くらいの評価はしたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞展望 | 22:30:16 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad