■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2018 フェブラリーS予想:長距離実績
今年最初のJRAG1。

今日は出先のため簡単に予想を公開します。

狙いはアウォーディー。
近走はばてず伸びずでパッとした成績が出ていない。
これがマイルの速い流れで台頭できないか。
以前のフェブラリーSならこのタイプがよく穴をあけていた。
頭はないにしても複穴で狙いたい。

もう1頭同じタイプでサウンドトゥルー。
こちらは主戦の大野を下ろしてミナリク。
これも同じく複穴で期待。

人気のテイエムジンソク、ゴールドドリーム、どちらかは好走するだろう。

馬券はワイドのアウォーディー、サウンドトゥルーから人気2頭へのフォーメーション。

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 08:01:22 | Trackback(0) | Comments(0)
2018 クイーンカップ予想:能力、操縦性高い
3歳牝馬重賞。

牝馬路線の有力どころは今のところラッキーライラック、アーモンドアイの2強か。
これにプリモシーン、リリーノーブルが続く。

これらを追従する馬が現れるか。

人気はマウレア、ツヅミモン、テトラドラクマ。

1人気マウレアは阪神JFで3着と力を示した。
東京実績もある。
鞍上戸崎も今の流れなら問題ない。
素直に本命とする。

対抗はオハナ。
ディープ×キンカメで金子さんの馬。
大味な競馬しかできない感じだがこの馬は器用。
スタートセンス良く好位からしっかりとした脚を使う。
410キロと小柄ながら初戦は重馬場をもろともせず差し切った。
休み明けの2戦目も中山の急坂は関係なかった。
能力も操縦性がありここでも崩れない。

単穴はレッドベルローズ。
こちらは逆に不器用も脚は素晴らしい。
嵌れば。

抑えでテトラドラクマ、ソシアルクラブ、ツヅミモン。

馬券はマウレア、オハナの2軸3複流し。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 15:11:29 | Trackback(0) | Comments(0)
2018 共同通信杯予想:人気馬の負け待ち
3歳重賞。

このレース、近年では連対馬が後のG1でしっかり活躍している。

今年はグレイルが主役。
前走下したタイムフライヤーがG1を制覇、この馬の評価もあがっている。
勝ち方によっては本番でも主役級を張れる。

しかしこのレースは1人気が意外と走らない。
過去10年で2勝のみ。
後のダービー馬ドゥラメンテやディープブリランテも負けている。
その理由として折り合い。
去年のムーヴザワールド、16年スマートオーディン、そして15年ドゥラメンテ。
すべて道中折り合いを欠いて伸びきれなかった。
グレイルは前走特に折り合いを欠くシーンはなかったがレースが上手く運べ過ぎた。
今回は休み明けの大外枠、人気ほどの信頼は置けない。
評価は単穴とする。

他の人気ステイフーリッシュは折り合いは大丈夫っぽいが脚質が差し。
後方一気はさすがに決まらないとみてこちらは抑え。

サトノソルタスはキャリア1戦の休み明け。
道悪での勝利で良馬場での折り合いは未知。
こちらも抑えとする。

本命はゴーフォザサミット。
折り合いは問題なく先手も取れる。
キレこそないが安定感は頼もしい。
これも休み明けでどうなるかだが人気を考慮し本命とする。

対抗はオウケンムーン。
前走は休み明け馬体増も問題なく勝利した。
あとは能力が足りるかどうか。

今回重視したのは関東馬、安定感。
最初に話した通り意外と人気で力を出し切れない馬が多い。
人気馬の負け待ちのパターンを取った。

馬券もそれを考慮し本命対抗の2軸人気馬への馬連フォーメーション。
これを買いたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:05:05 | Trackback(0) | Comments(0)
2018 京都記念予想:岩田の勝負度合い
古馬中距離重賞。

去年のダービー馬レイデオロがここから始動する。

人気はレイデオロ、エリ女勝ちモズカッチャン、皐月賞馬アルアインと4歳勢が上位を占める。

近年京都記念から始動する一流馬の成績が冴えない。
特に東京2400で成績を上げている馬。
17年2人3着マカヒキ
15年1人5着ハープスター、2人3着キズナ
14年1人6着ジェンティルドンナ
これらは東京2400以外でも強い競馬をしているので適性の問題ではなさそうだが。
とりあえず上記に該当するレイデオロは対抗に留める。

本命はクロコスミア。
去年の夏に本格化しG1で2着になるまで成長した。
前走は展開が向いての2着だったが今回も同じでスローの先行有利となりそう。
あとは騎手の勝負度合い。
乗り替りで和田→岩田となった。
その岩田、去年はスランプを脱し重賞7勝と活躍した。
最後の重賞勝利が府中牝馬Sのクロコスミア。
そこまでは調子は良かったが翌日の秋華賞ではファンディーナに騎乗し惨敗、蹴ったディアドラが勝利した。
エリ女ではそのディアドラが戻ってきたが惨敗し、蹴ったクロコスミアがあわやの2着。
流れがなく2頭とも手から離れていくパターンだったが和田の騎乗停止によりクロコスミアが戻ってきた。
このチャンスは是が非でもモノにしたいだろう。
これを買いたい。

対抗はレイデオロ。

単穴モズカッチャン。

以上、絞って買いたい。

馬券は馬連2点と3複1点。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:37:17 | Trackback(0) | Comments(0)
2018 東京新聞杯予想:先行
東京新聞杯、出走が迫っているので簡単に。

前目にいける有力馬が少なく、その中で唯一の好位組がダイワキャグニー。

この馬を軸に人気ところを中心に流す。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 15:33:07 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad