■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2017 マイルチャンピオンシップ予想:上位決着
秋のマイル王決定戦。

人気は3強。
イスラボニータ、エアスピネル、レッドファルクス。
騎手はルメール、ムーア、Cデムーロとカタカナが並ぶ。

今回は印から。

◎イスラボニータ
○ペルシアンナイト
▲レッドファルクス
△エアスピネル

単勝10倍切る馬のみの堅い予想。

この予想になった理由。

まずは勢力図。
春と対して変わらないメンバーでそれらが秋のステップを順調にこなした。
サングレーザーが4連勝でのぞむが軽視した理由は次の展開で。

次に展開。
逃げ馬がしっかりいるので流れる。
スローでなければ紛れは少ない。
更に馬場は内が荒れ外差し。
有力馬の脚質にぴったりとなっている。
サングレーザーを外したのがこれでスワンSのような内差しにはならない。

あとは安定度。
イスラボニータは近6戦5連対、唯一負けた安田記念は差し有利の展開で前に行き、更に前が詰まるという力を出し切れなかったもの。
普通に走れば好走できる。
レッドファルクスも香港以外では安定して走っている。
エアスピネルも安定感高い。

ここまで揃っていれば堅く収まるはず。

これに食い込ませたのがペルシアンナイト。
この馬も安定感は高くG1皐月賞でも好走した。
負けたダービーも外で掛かりレイデオロに合わせてマクルという大ヘグリをやっての0.5秒差。
力は世代トップレベルにある。
前走は負けすぎ感はあるが不良馬場と荒れた内を通った分で理由はつけられる。
配当的にも妙味あり。

この上位4頭で決着するとみる。

馬券は4頭馬連ボックス。
印によって強弱をつけたい。

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:35:16 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 デムーロの特徴
本日は来年のクラシックを賑わせるであろう2頭が出走する東スポ2歳が行われる。

7頭立てでワグネリアン、ルーカスが抜けている状況。
このレースは見て楽しむ。

それで今回はデムーロについてちょっと調べた。
先週のエリザベス女王杯を制しG1を5勝。
オークスからの連続複圏内を9に伸ばした。
G1では買わなければならない騎手。
しかし、G2、G3では意外と数字が伸びない。
単回は100を超えるも複回は100を切り、G3では66と買いづらい。
クラスがあがるほど買える状況となっている。
これはまぁ知られており金額によってモチベーションが上がるという現金な騎手となっている。

これに追加したいのが2歳戦の成績。
今年はデイリー杯、京王杯、ファンタジーSと2人気で全部飛ばしており勝てていない。
過去10年をみると
[5-1-4-19-247-105]
と単複ともに100は越えてくるがJRAになる前の成績の影響が大きい。
んでこの5勝の内、朝日杯勝ちが3勝を占める。
2歳戦でも全体と同じく大きいレースでの結果が良い。

全体だとG2でも走ってはくるが2歳戦だと今年も含めあまり冴えないがこれも賞金が絡む。
2歳戦だとG2でも賞金は3800万、古馬G3とほぼ同等となっている。

結局のところ

「賞金が高いレースで走りやすい※2歳戦は賞金が安いので注意する」

これで良さげだ。

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

データ | 15:11:54 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 エリザベス女王杯予想:重は能力で走った
秋の№1牝馬決定戦。

今年は好メンバーが揃った。
一時は条件馬が多数いて人気になりしかも馬券に絡む年があったり。
面子は揃っても去年やクイーンスプマンテのように前残りの強烈な穴が飛び出したり。
それがなければ通常硬いレースなので人気馬中心で馬券を組み立てる。

人気はヴィブロス、ルージュバッグ、ディアドラ。
毎年3歳vs古馬の図式になるが今年は古馬優勢となっている。

だが私が評価したいのは3歳馬。

話はそれるが秋華賞は泥んこ馬場でのレースだった。
この道悪での穴が出る仕組みは以下の通り。
・人気馬が力を出せなかった
・穴馬が道悪適性で実力以上に走った
この二つが荒れる要素となっている。

今年の菊花賞や天皇賞がまさにそれ。
菊ではアルアイン、ミッキースワローが走れず2,3着にクリンチャー、ポポカテペドルが走った。
天秋では1,2着は順当も3着には多数伏兵がいた中レインボーラインが突っ込んだ。

では今年の秋華賞はというと馬場でやはり人気のアエロリット、ファンディーナが走れなかった。
しかし、他の人気馬は走り上位人気で決着、穴馬の台頭はなかった。

ここで、なぜ穴馬が走らなかったかを考える。

まず一つ目に
「穴馬に重馬場適性のある馬がいなかった」
これはちょっと考えづらい。
今年の秋華賞はメンバーもそれなりに揃っていたので穴馬も何かがかみ合えば上位は普通にあった。

そうなると、こうなる
「上位入着馬に重馬場適性があった」
確かに1,2人気は馬場で飛んで3,4,5人気で決まったので適性はあったのだろう。

だが私はこう考える。
「上位入着馬は馬場もこなせたが能力で走った」

こう思うのは好走した3頭が3頭「重馬場だがら」で上位に来れるほど重馬場適性は安売りしていない。
3頭の中には適性で走った馬がいるかもしれないが能力でこなした馬もいるはず。
その馬なら古馬にも通用する。

話はぶっ飛んだがまとめると

「今年の秋華賞上位馬は重適性ではなく能力で好走し、その力があれば古馬にも通用する」

ということで予想は3歳馬中心。
しかし残念ながら3歳の中で優劣はつけられなかった。
なので3頭とも中心視する。

古馬ではミッキークイーン。
宝塚からの直行は天秋ではよく好走するパターン。
秋のG1においてこのローテーションはマイナスではない。
能力は十分通用するので買える。

馬券は3歳3頭+ミッキークイーンの計4頭馬連ボックス。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 08:55:41 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 デイリー杯2歳S予想:タイム
2歳重賞。

毎週新馬戦が行われ重賞もある。
来年のクラシック候補が続々と名乗りを挙げている。

デイリー杯はマイル戦なのでとりあえずは暮れの朝日杯が目標になる。
距離適性さえあれば来年の春も楽しめるだろう。

今年は新潟2歳勝ち馬フロンティアが参戦。
賞金的には十分でここは叩き台か。
前走の‐10キロとドスローでの前残りは気がかり。

本命はメガリージョン。
新馬は2着に負けたが時計が1477を稍重で出した。
時計的には1800なら1番。
未勝利は危なげなく勝利。
能力と騎手で買いと判断した。

相手は人気ところフロンティア、ジャンダルム、カツジ。

馬券は馬連流し。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:56:15 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 武蔵野S予想:日本人騎手
チャンピオンSへのステップレース。

現在のダート中距離戦線は主役不在。
去年は破竹の勢いだったアウォーディーが主役だったが今年はいまいち流れに乗れない。
JBCクラシックを走ったサウンドトゥルーやケイティブレイブも嵌れば勝ち切れる状況で抜けた力はない。

そんな中、主役の座を狙うのが3歳馬サンライズノヴァ。
先週はエピカリスが走らなかったのでこの世代の有力馬はこの馬のみか。
他は古馬で復活を狙うモーニン、ベストウォーリア、ノンコノユメのG1ウイナー。
安定した末脚のカフジテイク。
メンバーはそれなりなので勝ち方次第では本番でも。

今回の予想は馬ではなく騎手にスポットを当てる。
毎回重賞では賞金をかっさらっていく外国人騎手(デムルメ含む)
今週はムーアとアッゼニが参戦。
更に外国人騎手の層が厚くなった。

しかしダート戦線に関してはこれが当てはまらない。
先週のみやこSのように日本人騎手だけで上位が決まるパターンも少なくない。
JRAの騎手となったルメールですら芝よりも率は落とす。

逆に日本人騎手リーディング最上位の戸崎は現在はっきり言えば消しておいしい騎手。
だがダート重賞なら外国人騎手を上回る成績を挙げている。

今回騎乗するのはサンライズノヴァ。
ユニコーンS圧勝で適性は間違いない。
能力はやってみなければ分からないがオッズは1人気ながら3倍半ばで買えるレベル。
この馬(騎手)を本命としたい。

相手も日本人騎手福永騎乗のカフジテイク。
穴でクインズサターン。

馬券はサンライズノヴァ‐カフジテイクの馬連本線。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:04:50 | Trackback(0) | Comments(1)
次のページ

FC2Ad