■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2018 ユニコーンS予想:逃げ
3歳ダート重賞。

今年は今のところ大物感がある馬はいないがダートは晩成傾向が高い。
ここを勝って秋へ繋げたい馬が多い。

人気はルヴァンスレーヴ、グリム、グレートタイム。

今回は脚質。

人気のルヴァンスレーヴとグレートタイム、この2頭はスタートが遅い。
後ろからになるだろう。
グリムは好位にいけるも前走1600mはスローでの先行。
距離不安があることから強引には先行しない。
人気ところは前にはいない。

となれば狙いは前。

本命はハーベストムーン。
逃げに厳しいコースではあるが展開は明らかに向く。
力も上位で上がりも勝負も負けない。

相手は人気3頭に穴でプロスパラスデイズ。
前走休み明けを馬体増で圧勝。
上積みがあり適性も抜群。
上位にも食い込める力ある。

馬券は本命の単勝、馬連流し。

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:32:57 | Trackback(0) | Comments(0)
2018 函館スプリントS予想:若手重視
函館とサマースプリントシリーズの開幕を告げる一戦。

洋芝コースではあるが時計が速い。
去年は1068のレコード決着だったが今年も1070前後の決着が予想される。

人気はナックビーナス、ワンスインナムーン、ダイアナヘイロー。

このレースはとりあえず3歳を買っておけば儲かる、的な傾向があったが今年は不在。
そしてG1スプリンターが苦戦する傾向もある。
なのでレースのイメージ的にはこれからの馬が活躍する感じ。

これからの馬といっても年齢的には4歳馬ですら1頭しかおらず傾向には当てはめづらい。
それでも一応若い馬を重視し予想する。

1人気ナックビーナス。
安定度が高く崩れない。
脚質的にも狙いやすい。
唯一時計が1080前後しかもっていないのでそこを考慮し対抗とする。

本命は2人気ワンスインナムーン。
こちらは去年の活躍しG1で3着までいった。
ここ2走はノーカウントでよい。
時計的にナックビーナスより対応できそうな感じ。

単穴はジューヌエコール。
こちらは最近冴えないもコース時計共に適性は示している。
戻ってこれば。

抑えでセイウンコウセイ、キングハート。

ダイアナヘイローは55キロとテンが取れない可能性があり軽視。

全体的に堅めの決着を予想した。

馬券は本命から馬連馬単流し。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:41:15 | Trackback(0) | Comments(0)
祝!!観覧数20,000回達成
本日2018年6月10日に観覧数が20,000回を達成しました!

20,000回と言えば有名人であれば1日で稼げる回数。
一般人であってもそれなりで稼げる値ではある。
私が達成した日数等は下記の通り。

達成年月数:9年9か月
達成日数:4,095日
1日当たりの平均観覧数:5回

記事数:1050
1記事あたりの平均観覧数:19回

ほぼ10年かけての達成。
自分でいうのもなんですがこれほど零細ブログは他にないんではないかと。

ブログは人に読んでもらってなんぼのもの。
それがモチベーションとなり継続できる。
普通の人なら既に落ちているレベルの観覧数だとは思う。
それでも続けている理由は

「いつかは大成したい」

と思っている。
10年経って泣かず飛ばずでなにを言っていると言われたらぐうの音も出ないが一応それを見て頑張っている。

これからも同じように続けていきたい。

観覧してくださった皆様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

お知らせ | 14:29:55 | Trackback(0) | Comments(0)
2018 マーメイドS予想:成長
牝馬中距離ハンデ重賞。

例年通り大混戦。

1人気がレイホーロマンスの6倍前後。
10倍以下は5頭。
最低人気が500万しか勝っていないティーエスクライで65倍。
通常のハンデ戦なら100倍以上は確実な馬だがそれでもこの人気。
そしてこういう馬が飛んでくるのがマーメイドS。
予想が難解なレース。

このレースは狙いがある。
去年このレースに出走し凡走した馬の巻き返しがある。
16年1着リラヴァティ
15年1着シャトーヴランシュ
13年2着アグネスワルツ
など。
これらは前年惨敗し人気薄で巻き返している。

今年は
・キンショーユキヒメ(前年4着)
・トーセンビクトリー(前年9着)
が該当。
2頭とも買う。

他に狙いたいのがアンドリエッテ。
6歳になるが前走で最高馬体重を更新した。
デビュー時は432キロだった馬体が前走は472キロ。
40キロも増えている。
成績は上向いているわけではないが末脚は安定してきた。
力差はそれほどないだけに51キロで充実してきた今なら上位に食い込める。

他ではミリッサとミエノサクシードを抑える。

1人気レイホーロマンスは52キロが買われているが騎手が不安。
軽視したい。

馬券はアンドリエッテ、キンショーユキヒメ、トーセンビクトリーの馬連ワイドボックス。
あとはアンドリエッテから流す。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:05:39 | Trackback(0) | Comments(0)
2018 エプソムC予想:関西騎手
古馬中距離重賞。

ここを勝ってさあ秋へという感じの馬が出走してくる。
近年では15年エイシンヒカリ、13年ジャスタウェイ、11年ダークシャドウが後にG1で好走した。

今年はダイワキャグニー、サトノアーサーと活きのいい4歳馬に条件戦連勝のサーブルオール、グリュイエールが秋への飛躍を狙う。

このレース、理由は謎だが圧倒的に関西騎手が活躍する。
過去10年連対馬の内、関東騎手が4回、関西騎手は15回と圧倒する。(残りの1回は外騎手)
厩舎に関しては西も東もそれほど成績に差はないため馬の質ではない。

まぁ冒頭のとおり理由は分からないがとりあえず関西騎手を狙う。

本命はグリュイエール。
騎手はダービージョッキー福永祐一。
前走2年ぶりのレースで若干かかるも勝ち切った。
器用さがあり内枠は歓迎。
藤原調教師も東京では今年複率50%以上の成績を残しており期待できる。

対抗はエアアンセム。
騎手はG1ジョッキー藤岡佑介。
こちらも長期休養明けがあったため年齢ほど使われていない。
先週の超高速馬場だと厳しかったが渋るのは適性的に歓迎。

単穴はサーブルオール。
騎手はルメール。
適性的に東京は微妙かもしれないが騎手で抑える。

抑えでダイワキャグニー、サトノアーサー、ハクサンルドルフ。
ダイワとサトノは能力的に抑えは必要。
ハクサンは川田で抑え。

馬券は本命から馬連流しと本命対抗からの3複2軸流し。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 12:21:29 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad