■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2017 セントライト記念予想:穴
菊花賞トライアル。

今年はダービー馬レイデオロが別路線。
2冠のチャンスがあるのはアルアインのみ。
秋の初戦を好発できるか。

しかしこのレースノーザンファーム産の成績が良くない。
ここ10年では勝利なし、2着も2回(新潟開催除く)と走れていない。

今回人気のアルアイン、サトノクロニクル、ミッキースワローは全馬ノーザンファーム産。
軽視したいところだが、こういうデータを打ち破ってくるのがデムーロとルメールの両外国人騎手。
抑えは必要だ。

本命はローリングタワー。
前走それなりにメンバーが揃っていた500万を勝利。
その時の通過順位が8-8-10-1と4角のみでひとまくり、なかなか見られない。
同馬は血統もボチボチで中山に強いハービンジャー。
母系はフローラルグリーンで近親にナリタトップロード。
厩舎は伊藤伸一厩舎で11年にフェイトフルウォーでこのレースを制している。
馬主の本間氏はプラチナヴォイスとこの馬で2頭出しと色気有り。
人気はないが何かと狙いたい要素が多い。
一発を期待したい。

相手はアルアイン、サトノクロニクル、クリンチャーの人気にサーレンブラント、サンデームーティエの穴。

馬券は馬連、ワイド流し。

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:40:09 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 ローズS予想:オークス最上位&叩いてる馬
秋華賞トライアルローズS。

オークス馬ソウルスターリングは他路線、同3着アドマイヤミヤビは故障による引退。
オークスの1,2人気を欠いてのレースにはなるが面子は低レベルではない。
今年の牝馬レベルの層の厚さを示している。

人気はファンディーナ、モズカッチャン、リスグラシュー。

ここ3年はオークス馬が崩れず連対。
その前もデニムアンドルビーやジェンティルドンナ、ホエールキャプチャとオークス上位馬が勝利している。
春の力をそのまま信用してよさそう。
今年のオークス最上位はモズカッチャン、この馬を本命にする。

相手は穴が多く難しい。
その傾向としては休み明けより使っている馬が良さげ。
ミリッサ、メイスオブオナー、メイショウオワラ、カワキタエンカ。

馬券はモズカッチャンから馬連、ワイド流し。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 14:30:13 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 京成杯オータムハンデ予想:ベスト条件
中山マイルハンデ重賞。

ハンデ差は下が54、上が58とそれほど差はない。
実力伯仲といったところか。

今の中山競馬場は差しが届く。
昨日の紫苑Sも上位は追込み馬が占めた。

これはエアレーションの効果によるもの。
開催が進むにつれてその効果は薄くなっていく。
本来なら中山マイルは前有利なので今の時期限定で差しが届く仕様だ。

この条件がピッタリ嵌るのがグランシルク。
同馬は冬の中山だと差し届かず、他競馬場だとキレ負けする。
そんな状況で2,3着を繰り返していたが、今の中山なら届く。
ハンデも勝ちきっていなかった為56に抑えられている。
今回勝てなければどこで勝てるくらいの条件が揃った。
この馬を本命とする。

相手も差し馬中心。
先行勢にマルターズアポジー、ボンゼルヴィーソ、ブラックスピネルと有力馬が揃っているのでHペースになる為。
ガリバルディ、ウキヨノカゼ、アスカビレン、トーセンデューク。

馬券はグランシルクの単勝と馬単流し。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:58:18 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 セントウルS予想:スピード重視
サマースプリント最終戦。

現段階の順位はエポワスが14Pで暫定1位。
これをまくる可能性があるのはラインミーティア10P、フィドゥーシア5Pが有力。
勝てば12Pで負けても4着までならポイント差で優勝できるラインミーティアが有利か。

スプリンターズSへのステップレースにもなっているが今年はこの路線が薄い。
春の王者セイウンコウセイは函館SSで負けている。
レッドファルクスが最有力だが休み明けがどうか。
セントウルSを快勝できれば本番でも主役になれる。

人気はファインニードル、フィドゥーシア、メラグラーナ。

今回はスピード能力重視で予想する。

本命はフィドゥーシア。
ここ2走は1000mでスピードを活かんなく発揮。
1200でも好位から1075のタイムで押し切った。
能力、スピード共にここなら上位だ。
対抗はファインニードル。
2走前は1071でトップハンデをもろともせず快勝した。
ただ前走がテンで流れに乗れず。
この分で対抗とした。
単穴はラインミーティア。
1000mオンリーの実績だがここ数戦で2勝と調子が上がってきた。
フロックではない。
今なら1200もこなせる。
あとはメラグラーナ、ダンスディレクター、ミッキーラブソングを抑える。
ダンスディレクターは去年と同じ轍は踏まない。
ミッキーラブソングは前走久しぶりの1200でも着差は少なかった。

馬券は馬連と馬単で。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 12:06:14 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 紫苑S予想:後ろ
秋競馬の開幕。

先陣を切って行われるのは秋華賞トライアル紫苑S。

去年はビッシュが快勝し本番では1人気に押された。
結果は2着だったヴィブロスが勝利、5着パールコードが2着で紫苑Sのワンツー。
しかしこれには理由があり、ローズSを勝利したシンハライトが故障で引退した為だった。

今年は紫苑Sにはディアドラやルヴォワールなどノーザンの有力馬が出走している。
対してローズSは皐月賞1人気ファンディーナ、オークス2着モズカッチャン、同3着アドマイヤミヤビ、桜花賞馬レーヌミノルとそうそうたる面子が出走を予定している。
去年のような紫苑S組中心のレースにはならないだろう。

では予想。

中山の開幕週に行われ、芝の状態は良好。
展開は前が残ると思われがちだがこのレースは後ろが有利。
多頭数、小回り、力の優劣が小さい、理由はこんなところか。
差し馬を狙っていく。
本命はディアドラ。
ここ4戦で最速の上がり、G1の桜花賞やオークスも含まれる。
末脚ならここでは2枚ほど他とは違う。
対抗はナムラムラサキ。
単穴カリビアンゴールド。
連下ポールヴァンドール、ジッパーレーン。
休み明けより使って好走している馬を重視した。
ジッパーレーンは良血。
叩いて上昇と、紫苑Sで好成績の吉田豊に期待。

馬券は馬連流し。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:39:25 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad