■プロフィール

コウモトスギ

Author:コウモトスギ
面白い切り口で予想を行っていきたいと思いますのでよろしくです!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■Twitter

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2017 エルムS予想:先行力
ダート中距離重賞。

今年はテイエムジンソクが3連勝、内容もすべて快勝で初重賞へ挑む。

当日の札幌は雨予報、高速決着が予想される。
小回りで時計勝負なら行った行ったの可能性が高い。

となると断然人気のテイエムジンソクに逆らう余地はなさげ。
本命でよい。

相手も後ろより前重視。
対抗はクリノスターオー。
実績、適性、脚質ともに問題ない。
にも関わらず人気が落ちている。
加齢による能力低下は前走だけ走れれば大丈夫だろう。
狙い目だ。

単穴はモンドクラッセ。
先行力が魅力で時計勝負も函館1700で1417のレコードを持っている。

あとはピオネロとコスモカナディアンを抑える。

馬券は馬連流し。

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 15:20:46 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 レパードS予想:一発の魅力
3歳ダート重賞。

断然人気エピカリスの海外帰り初戦。
実力は抜けているがこの海外帰りがネック。
古馬でも負ける場面をちょくちょく見るので若駒だと余計心配。
オッズ的にも本命ではおいしくないので対抗とする。

本命はスターストラック。
一線級との対戦はまだないが前走休み明けで古馬1000万を勝利。
一発の魅力を持っている。

相手は順当に人気どころエピカリス、タガノディグオ、テンザワールド。

馬券は本命が複圏内に来た際にしっかり回収できる構成としたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 09:30:47 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 小倉記念予想:データ
夏のハンデ重賞小倉記念。

人気はストロングタイタン、タツゴウゲキ、サンマルティン。
3倍以上の単勝をつけ、人気薄を見てもフェイマスエンド以外は買えそうなオッズ。
どこからでも入れそう。

このレースは意外とデータ的に嵌る。

・勝つのはサンデー系
・前走G1組が走る
・斤量は軽いより重いほうがよい
・先行有利
・騎手は武豊と和田、調教師は池江が良い

以上。

本命はスピリッツミノル。
前走宝塚記念からのメンバー弱体化と斤量減が魅力。
対抗は池江厩舎で人気のストロングタイタン。
単穴でバンドワゴン。
あとは適性抜群のベルーフを抑える。

馬券は馬連ボックスで。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 08:58:39 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 クイーンS、アイビスSD回顧
遅くなりましたが先週の重賞クイーンS、アイビスSDの回顧を。

まずはクイーンS。

2人気アエロリットが逃げ切り快勝。
2着には6人気トーセンビクトリー、3着には8人気クインズミラーグロが入った。
G1馬アドマイヤリードは流れに乗れず6着に敗れた。

このレースはデータ的にアプローチしやすい。

狙いは3歳馬。
今年のアエロリットを始め
12年アイムユアーズ
11年アヴェンチュラ
10年アプリコットフィズ
が勝利を挙げている。
人気馬ならほぼほぼ好走している。

対して古馬の人気馬は1人気は勝ちきれず、2人気はピンパーで安定しない。

これはこのレースに対する勝負度合いが絡む。
3歳馬は目標が秋華賞。
ここの他にローズS、紫苑Sがある。
しかしクイーンSを使って更にトライアルを使うとさすがに疲労がたまる。
となるとここ一本に絞ってぶっつけ秋華賞が現実的。
その場合ここを半端に仕上げる理由がない。
ある程度仕上げて結果を求める。
特に関東馬は仮に夏休んでローズS→秋華賞では輸送が続き本番に影響が出る。
なのでここをしっかり使って秋華賞のローテーが良い。

対して古馬。
距離にもよるが目標はエリザベス女王杯かマイルチャンピオンSか。
すぐすぐの目標ではないのでトライアル的な仕上げはない。
3歳と同じくそれなりに仕上げても良さげだがそれが無さげ。
上記の通り安定感がないか勝ちきれない。
それを仕上げのせいだけにするかは強引な話ではあるが、適性及び展開等では片づけにくい。
能力等は問題ない馬が実際来ていないのだから。

よって人気馬の取捨は年齢である程度絞れる。

相手は枠。
内枠が好成績。
特に穴は1,2枠が良い。
これはコースロスがない小回り開幕週によるものだろう。
そして8枠も好調。
これは脚質も絡み追込みが嵌る。
展開が向いた、馬場が向いたとはではなさそうで理由を見出すのは難しいがとりあえず外枠の追込み馬が良い。

これらのデータに則れば今年は的中できた。

復習すると
・人気は3歳馬
・穴は内枠か大外の追込み馬

次にアイビスSD。

こちらは牝馬と外枠。
これは定番となっている。
今年は外枠15番ラインミーティアが8人気で1着。
2,3着が外枠寄りの牝馬。

これにプラスして覚えておきたいのが実績馬の不調。
今年は2人気アクティブミノル、3人気ネロが走らなかった。
過去だと
15年セイコーライコウ2人4着
14年フォーエバーマーク2人7着
13年パドトロア2人10着
11年ヘッドライナー2人11着
これらは重賞勝ちもあり1000直の実績もあるが負けている。
これもクイーンSと同じく仕上げの問題か、競走馬特有の慣れによるものか。
ちなみに実績馬で勝てたのはベルカントとハクサンムーンとカルストンライトオ。
G1でも勝負になるくらいの実績馬でなければ厳しい。

・牝馬
・外枠
・実績馬軽視

これを覚えておきたい。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

重賞回顧 | 18:55:17 | Trackback(0) | Comments(0)
2017 中京記念予想:近走好走馬
サマーマイル開幕。

といっても3戦しかないのだが。

マイルのハンデ戦に16頭、非常に予想が困難。
ハンデ差は上が58、下が53の5キロ差であまりない。
どの馬も大きく増減していないので斤量はあまり考慮しなくて良さげ。

本来、ハンデ戦なら前走成績がよければ増える可能性はあった。
好走した馬もいるが増えなかったということは
・甘めに見てもらった
・増やす必要がない
前者であれば狙い目、後者であれば狙えない。
今回は前者だということに賭けたい。

まぁそうでなくても「夏場は調子」と言われるように勢いが重要視されるのでハンデ云々関係なく好走馬は狙える。

ということで本命はブラックムーン
対抗はグァンチャーレ。
単穴グランシルク。
特にグァンチャーレは古川Jが乗りに来た。
最終週の函館を捨てて。
勝負になると踏んでだろう。

人気所なので絞って3頭のみ。
馬券はボックス。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

重賞予想 | 13:52:53 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad